田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

Facebookマーケティング News

いまさらFacebookは効果があるのか?

更新日:

Facebookがオワコンになっているという話を聞くようになって数年経ちますが、そんな今でもFacebookを毎日活用しているのが現状だと思います。流行りすたりはもちろんあるので、流行っている時が注目度が高い分、最近ではインスタグラムやYouTubeといったSNSが注目度が高いのでFacebookについてはオワコンだということが言われている一つの理由だと思います。

いまさらFacebookって効果あるんですかということを言われることがあるのですが、Facebookしていないのですかと聞くと「見ているだけです」「メッセージのやりとりをするぐらいです」と話される方がほとんどでしたが、それ使ってますよね?と言いたいです(笑)

僕はFacebookにすごく恩恵もありますし、今でも活用をしています。毎日使っているので、使わない日がないほどです。個人アカウントでの情報発信は最近していませんが、それでも広告やメッセンジャーは毎日活用していますし、そこからビジネスへ繋がっています。

いまさらFacebookは効果があるのかという疑問について、今回お伝えをしていければと思っていますので、これからFacebookだろ!という思考になる話も盛り沢山していければと思います。

 

 

Facebookがオワコンになっている?

 

Facebookがオワコンになっているというのは、以前「facebookはオワコン?本当にそうでしょうか?」という記事でもお伝えをしていますが、オワコンになるどころか、ビジネス活用をする人は増えていると思います。特に広告を利用したビジネスを展開する人が増えてきているのは間違いないです。

オワコンというのは、誰がいっているかというとFacebookに挫折したり、間違った使い方をしている人がほとんどだと思います。実際、僕の周りでFacebookを使っていない人は少ないですし、なんだかんだ連絡の手段としてもFacebookのメッセンジャーを利用している人が多いです。

Facebookがオワコンになれば、ビジネスが終わりになっていくと思いますし、最近ではオンラインサロンであったり、ライブ配信なども積極的に活用される方が増えてきています。

例えば、友達現地のグループを作ってそこでやりとりをすることもあれば、ブログ変わりにして記事を投稿されていく方も多いです。そういった意味では、これまで以上にFacebookの活用の幅が広がり、より便利なものになっています。

僕も限定グループなどをつくって、その中で個人的なことも積極的に配信をしています。セミナーなどもグループ内のメンバーに対して行うようにしていたり、コミュニティの中でビジネスをしていくことが大事かなと思っています。

フォローにつかえるのもFacebookの良いところだと思いますので、Facebookがなければビジネスとして成り立たないジャンルやビジネスモデルを作っている方も多いのでは無いかなと思います。

 

 

Facebookは認知活動から集客に活用ができる

 

Facebookは、個人アカウントとFacebookページと2つの種類を利用することができます。特に個人アカウントについては、色々な制限がついています。投稿の形式もFacebookページに比べて種類がなかったり、ビジネス利用をしにくかったりします。

結構個人アカウントでビジネス利用をしている人がいますが、そのエネルギーをFacebookページに注ぐことで、さらにビジネスが伸びることも知って頂きたいですが、日本の場合は個人アカウントでビジネス利用をすることがメインになってるので、とても残念な感じがします。

ただ、そうはいっても友達に認知してもらうことができるので、よくある例が、新しいお店を出したり商品を出した時に、友達に認知してもらうことで、そこからシェアをしてくれることもあるので、周囲への認知活動には個人アカウントが便利だと思います。

集客という面では、個人アカウントは向いていないです。どちらかというとアンケートなどコミュニケーション手段として個人アカウントを利用することが、一番力を発揮できるのでは無いかなと感じています。

では集客がどのようにできるのかというと、Facebookページを利用することが集客をする時には役立つツールになります。個人アカウントのように汎用性がないものに力を入れるよりも、Facebookページに力を入れることが大事です。

短期的なビジネスは個人アカウント、長期的なビジネスはFacebookページを利用することで、ビジネスの土台づくりはできてくると思います。さらにこれからはコミュニティ化が必死になってくるので、Facebookグループの活用もプラスで重要になります。

Facebookページが、なぜ集客に役立つのかというと、次の広告利用について話をして行きますので楽しみにしてください。

 

 

Facebook広告が今熱い理由

 

Facebook広告をやるためには、Facebookページが必要になります。Facebookページにはフォロワーがつくので、個人アカウント以上にフォロワーを集めて、ファンへ自分のサービスや商品を認知させることができます。

ただ、Facebookページで一番やらなければいけないことが、Facebook広告です。Facebookが今熱い理由としては「広告を利用すること」だと思います。この広告が利用できるメリットはとんでもなくビジネスが発展していくものですから、やらなければいけないものだと認識しています。

最近の事例でいくと、Facebook広告を利用してメルマガの登録者を増やす取り組みをしていますが、実際どれぐらいのコストで登録者が増えているのかというと、登録者一人当たり600円前後で獲得ができています。

通常1000円から2000円とコストがかかると言われている中では、結構破格的な形で登録者が増えている形になっています。これは、Facebook広告だからだと思っています。

なぜ、低コストで登録者が増えているのかというと、ランディングページなどの成約率も関係してきますが、ここではそれい自体はおいといて、広告だけの話をすると、Facebook広告はAIが導入されていて、「最適化」を図ってくれます。

この最適化をしてくれることは、自分の欲しい見込み客へ最適なリーチをしてくれるのが、今のFacebook広告です。この最適化をしてくれる元になるのは、データです。データがどれだけ集まるか、集められるかというのもポイントになりますが、今Facebook広告を出して、成果が出ないというのは最適化をしないよう状況であったり、オーディエンスの設定が間違っている場合があります。「時代はデータマーケティングの時代【広告のデータマーケティングは凄い】」にデータマーケティングについて書いていますし、Facebookの正しい考え方については「Facebookマーケティングの正しい考え方と方法」でも書いていますので、合わせて読んでみてください。

 

 

Facebookをやらなければいけない訳

 

僕は、Facebookこそ今やるべきだと思います。Facebook広告を利用することがいちばんの目的ではありますが、集客は誰もが悩むことですが、その集客の悩みを改善するきっかけになるのもFacebook広告です。

田舎にあるサロンや店舗さんでも、Facebook広告を利用して集客ができています。チラシやポスティングよりも費用対効果が良いので、その効果を体感すればFacebook広告を利用しない手はないともいます。

さらにFacebookは繋がりを持てるのもメリットとしてあります。久しぶりの人とでもFacebookを通してコミュニケーションが図れるので、距離感が近い状態を保つことができます。

1年に1回ぐらいしか会わない人でも、Facebookを通してコミュニケーションが生まれているので、久しぶりな感じがしないので、話も進んでいくのは、本当に不思議な現象として考えていました。

普段しているリアクション「いいね、コメント、シェア、メッセージ」が、人と人とのコミュニケーション手段になり、繋がりを持たせてくれていることを考えれば、ビジネス活用としてはやらないほかないと思います。

気をつけなければいけないのが、距離感が大事になるので、自慢話やネガティブ投稿はFacebookユーザーには嫌われる傾向があります。そんなことにいいねなんか押したくないし、押しても距離感という意味では離れていくのが本質だと思います。

金持ち投稿をすれば、それだけお金に群がってくる人は増えてくるかもしれませんが、良質な人間関係を築こうと思ったら、適切なコミュニケーションの場として考えるのが一番だと思います。

 

 

まとめ

 

いまさらFacebookが効果があるのか説については、個人的な意見を言えば効果はあると思いますし、周りにいる人やクライアントはFacebookをふんだんに利用をしています。そして、その恩恵をいただいていると思いますので、活用してほしいSNSの一つがFacebookです。

どんな媒体でも効果があるかどうかって人によって変わると思います。短期的に、短絡的に使うのであれば、どんな媒体でも効果は出ないと思います。たまたま効果が出ることはあるかもしれませんが、それが続くことはないです。

さらにいうならFacebookだけではなく、ビジネスはやり続けることが大事です。ビジネスをやり続けられれば、それだけビジネスの信用も生み出すことができますし、ビジネスの効果も変わってきます。

僕はFacebookを使い続けて9年目になりますが、9年間続けられているのは効果があるからです。ビジネスで使わないことがないからです。なんでも続けることって大事だと改めて感じています。

 

いまさらFacebookの効果って思うよりも、効果を出すために使い続けることが大事。

Facebookの重要なことは、広告を出せることであり、最適化をしてくれる広告で成果を出すことができ、集客に悩まなくても済むのがFacebookである。

Facebookは、コミュニケーションをとれるプラットフォームであり、自分やビジネスを成長させてくれるもの。

 

 

以上の3つのポイントを意識して頂き、Facebook活用をして頂きたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.