田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

起業してもうまくいかない3つの習慣

投稿日:

起業しても必ずうまくいくということではなく、多くの場合は苦しくて、大変な状況になることが多いです。自己啓発本でも起業することで良かった部分がフォーカスされがちですが、実際は良い面以上に大変なことの方が多いので、今回光のスポットではなく、影のスポットについてお伝えをしていければと思っています。

僕が起業してからもそうですが、クライアント様が起業してうまくいかない習慣として3つあると思っています。細かな点を入れれば3つ以上ありますが、大きなポイントとして3つの習慣についてお伝えをしていきますので、もしやっている習慣があれば気をつけてくださいね。

 

ポイント

作業ばかり仕事をしない

 

これは以前にもお伝えをしてきたのですが、ビジネスで大事なことは利益を生み続けることだと思います。事業を継続するためには利益が必要です。利益を生むためには仕事をしなければいけません。

仕事というのは利益を生むものであり、作業は利益を生まないという話も聞いたことがあります。確かに作業をしていても利益は出ないので、どうやったら利益が出るのかということを常に考える必要があります。

例えばよくあるのがミーティングです。ミーティングも1時間も2時間も行うよりも、30分で決まったことを行動して取り組むことが利益を生むことへ繋がりますが、ミーティングをしても利益を生むことはありません。

ミーティングというのは「なんとなく充実感」が出てきますので、やった感が出て満足してしまい、ミーティングで決まったことが即実行されないということはよくあるようです。なんのためのミーティングなのか、むしろミーティングが本当に必要なのかということを考えなくてはいけません。

ブログを書く、SNSを更新する、チラシをつくるということは、基本的には「作業」でしかありません。ブログを書いたり、SNSを更新したり、チラシをつくることで、どうやったら利益が出るのか、利益を生むためにはお客様になってもらわなければいけない、お客様になってもらうためには、どういった価値を提供すれば良いのかということを考え行動しなければいけません。

相手が求めていることのその先をいかなければ、起業家という信用度0の状態から抜け出すためには、「期待値を超えるための仕事をする」ことが重要だと思いますし、それが仕事へつながっていくのだと思います。

 

ポイント

レスポンスが悪い

 

起業家に多いのが、レスポンスが悪ということです。レスポンスというのは、メッセージやメール、電話などがありますし、仕事へのリアクションも同じことになります。「ビジネスパートナーの関係を強める方法」でもお伝えをしていたのですが、自分で判断せずに、どんどんコミュニケーションをとることが大事です。

不安になっている面がお客様の場合は多いので、細かく状況を伝えていくことが必要ですし、そのための仕組みづくりをすることも大事ですね。メッセージを送っても3日、4日返事がない方もいます。

すでに成果を上げられている方であれば問題ないかもしれませんが、起業家になればこれまで会社にいた看板は無くなりますので、信用度は一気に下がります。下がるというか信用度は0の状態だと思ってもらった方が良いと思いますので、信用を生み出していくためには、レスポンスの速さだと思います。

レスポンスが早すぎても仕事をしているのか不安になりますが、基本的にはメッセージが来れば3時間〜6時間以内に返事をするのが普通かなと思います。ただ、緊急の場合やすぐに連絡が欲しいという形であれば、早急に返事をした方が良いと思いますし、返事ができない場合は「今打ち合わせ中なので1時間後に返事をします」など、レスポンスを返すことで安心感を与えることはできますし、信用度はアップすると思います。

 

ポイント

他人との時間を優先する

 

僕は、起業してダメな習慣だなと反省をすることが「他人の時間を優先したこと」です。もちろんまったく悪いわけではありませんが、起業すると時間があるようですが、時間が結構なくなります。

僕の場合は、他人との時間を優先して、本来自分がやらなければいけないことが疎かになってしまい、深夜まで作業をすることがありました。最近では、自分がやるべき仕事を集中して取り組み、その上でミーティングや必要な時間を調整するようにしています。

 

起業してやらなければいけないことは、「自分のやるべきことに集中する時間」

です。やるべきことが明確になっていることやビジョン、理念がしっかりしているのであればぶれることなく、「なんのために起業したのか」が意識できているので、時間をコントロールすることもできるのですが、意識できなければどんどん他人との時間で埋まってしまい、自分のやるべきことができず、仕事が思った以上にうまくいかないという負のスパイラルに陥ってしまうことがあるので注意が必要です。

 

まとめ

 

起業してうまくいかない人の3つの習慣は、基礎の部分になりますが、3つの習慣を変えることで起業家としての本来進むべき道を歩んでいけると思います。起業家として信用を生み出すこともでき、好循環な習慣として、起業家として成長をしていくと思いますので、ぜひ3つの習慣を見直してみてください。

 

起業家に必要なのは、作業ではなく仕事をすること。常に仕事を意識した取り組みをすることが重要。

起業家の信用度は0だと思って、信用を積み上げていくための要素の一つでレスポンスが大事になる。

起業した理由を思い出し、やるべきことに集中することが大事。時間は有限。自分の時間を優先すること。

以上の3つのポイントを意識して、起業家としてうまくいくような習慣をつくっていくことをお勧めします。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.