田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

SNSで何を投稿すれば良いのか?【SNSの投稿から影響力を持つ】

更新日:

コンサルティングをする中で意外に多い相談が「SNSで何を投稿すれば良いのか?」という悩みを抱えている方が多いのですが、何を投稿すれば良いのかというのは、自分が何をやっているのかわからないということでもあります。

全くわからないというよりは、なんとなくビジネスをしているので、お客様に普段どういった価値を提供をしているのかが具体化されていない場合があります。SNSで何を投稿するのかということについては、お客様をイメージしていただいたり、これまでにビジネスをしていてお客様から相談を受けたことを投稿していくことで、より多くの方に共感をしてもらえることへ繋がっていくと思います。

例えば僕は毎日ブログを書いています。4000文字前後の記事を書いて投稿することが多いのですが、これから始める人が4000文字を書こうと思ったら、それは大変です。専属でやっているのであれば良いですが、本業に加えてから記事を投稿していくためには、時間を使う事になりますので、最近接領域という考え方もあるようですが、まずは500文字からというようにできるところから始めることが大事です。

いきなり僕と同じように書こうと思っても、僕は12年間ライティングをしてきているので、数千文字の記事を書くのはそれほど苦でもなく、時間も人よりも短いですが、それはそこれまでの経験値があるからですので、できなくて当たり前です。

要は「何を投稿すれば良いのか」という相談の中には、周りにいるようなすごい人たちの記事と同じような投稿をするためにはどうすれば良いのかという意味も含まれていることが多いので、今できることを投稿をしていく。ただ、要素としてはお客様にとって共感ができる内容を投稿していくことが、一番大事なポイントになるので、今回そういった話も含めお伝えをしていければと思います。

 

 

SNSを趣味で使うのではなくビジネスで使うために。

 

SNSは趣味で使うのではなくビジネスで使うことが大事です。もちろん趣味で使うことが悪いわけではありません。ビジネスをしている人がSNSを使う理由ってビジネス目的だと思います。

もっと具体的に言えば「集客や売上につなげること」だと思います。僕もSNSはビジネスで使うものと趣味で使うものは分けています。ビジネス目的で使っているSNSは、ビジネスっぽくない投稿ばかりです。

要はプライベート的なことだけをお伝えをしています。逆にビジネスで使うSNSは、ビジネス色が強いので、ビジネスのことばかりを載せています。みているユーザーにとっては、芸能人とかではない限りは、プライベートの情報をみたいと思いません。

芸能人やある程度影響力がある人がプライベートの情報を載せるから見られるだけで、どこの田舎にいる誰かわからない僕のプライベートって知っている人か友人などぐらいしか興味がないと思います(笑)

SNSは、目的が大事です。目的が大事だからこそ趣味で使っているのか、ビジネスで使っているのかを明確にして利用することが大切です。昨日書いた記事でも「SNS運用の目的を考える」という中でお伝えをしてきていますが、目的を見失うと時間だけが消費されていきますので気をつけてください。

 

 

SNSは認知活動の場

 

ビジネス目的でSNS運用の目的を考えるを活用する場合は、「認知活動」が最初の目的になります。どこの誰かわからない人が書いた投稿をみるというのは、よほど興味がなければ見ません。

ただ、今後はコンテンツ力が大事になってきますので、過去のものよりも未来のもの、現在進行形で取り組んでいる情報などが好まれます。SNS運用の目的を考えるの投稿をリアルタイムに投稿としていくことは超重要です。

テクニカルなことを言えば、今はやっていることをネタにして投稿していけば、バズったり拡散されてアクセスが伸びたり、フォロワーが増える可能性も高くなります。リアルにお客様と接していることや世の中で流行っていること、最近で言えばコロナ関連の話題をテーマに発信している人たちは、フォロワーもチャンネル登録者も、アクセスも伸びているようです。

SNS運用の目的を考えるの投稿一つで、どれだけの認知活動ができるのかは、こういったネタをもとに考えていくことも大切な事になります。過去のニュースを持ってきても誰も興味がありませんので、認知活動になりません。

今旬のテーマを持ってくることや、お客様がいつも悩んでいるようなテーマを持ってくることで、認知活動もできるということへなります。また、「乗っかる」という手法もあるのですが、乗っかるというのは人の投稿へ共感することで、より多くの人へ認知させられる方法があります。

これはSNS中ではよくある方法ですが、影響力上がる人の投稿をシェアしたり、リツイートして共感するようなことを書くことで、影響力を借りられる事になります。僕もビジネス系で有名な方の投稿をリツイートして、普段は1000前後のインプレッションが5万人以上のインプレッションになりました。

アクセスアップやフォロワーへつながる投稿になったので、認知活動を行う上ではSNSの投稿をどう考えていくのかが重要になってくると思いますの、自分で投稿をするだけではなく、影響力がある人の投稿へ共感することも考えてみてください。

 

 

SNSでの投稿は共感させることが大事

 

先ほども影響力がある人の投稿へ共感することをお伝えしたのですが、今の時代は「共感」というキーワードが重要になっています。共感される投稿をすることで、拡散されたり、バズっていく流れを作ることができます。

では共感ってなんでしょうか?SNSを投稿していくことでとても重要になります。ブログなどと違ってSNSはコミュニケーション方の媒体となります。コミュニケーショなりきというのは、エンゲージメントという数値で示されることが多いのですが、エンゲージメントが高いSNSの投稿ほど、よりたくさんの人に共感してもらっていると思ってください。

エンゲージメントというのは、総リアクションのことで、いいね、コメント、シェア、リツイート、メッセージなどのリアクションの総合の数値になります。Facebookやインスタグラム、YouTubeなどもこういったエンゲージメントで評価されています。

よりたくさんの人に共感してもらっている投稿を分析していくことも大事です。分析することで、どの投稿のエンゲージメントが高いのかがわかってきますので、SNSで何を投稿して良いのかわからないというのは、基本部分はお客様に役立つ情報を発信しつつ、その中で分析をして「求められている投稿」を見つけていくことが大事です。

一番やってはいけないのが、自分の勝手な判断でSNSの投稿をしていくことや思い込みで投稿をしていくことです。伸びるSNSは、分析やリサーチをして戦略立てて取り組んでいるSNSが伸びているのは間違いありません。

共感は生まれるものでもありますが、共感はつくるものでもあります。このつくるものという考え方は、ビジネス的というよりもお客様の悩みを普段から考えている人が、共感できる言葉を伝えることができると思いますので、つくられる過程は「お客様のことにフォーカスをしている」なんだと思います。

 

 

SNSの投稿からどう繋がりたいのか?

 

SNSの投稿は、ただ発信すれば良いということではありません。重要なのは、この投稿がどこへ繋がっていくのかということです。また違う言い方をすれば、どんな人にきて欲しいのかということが投稿する時に大事なポイントになります。

誰でもいいから来て欲しいというのはビジネスではなく、ちょっと考え方を直した方が良いかもしれませんが、SNSの投稿をすることで、どういった影響力が持てるのかは、投稿次第になります。

コピーライティングの中では、ターゲティングをするためには「誰に向けて書くのか」を具体的にします。ペルソナを作って行う場合もありますが、僕がよくやることは、起業した時の自分に向けて書いたり、起業3年目の時の自分に向けて書いたりします。

起業1年、3年目、5年目とかの状況がどうやったらわかるかというと、起業してからも手帳を活用していることで、手帳を見ればどんなことをしていたのかわかることと、日記も数年分書いているので、日記でどんなことを考えしていたのかを掘り起こして、SNSの投稿のネタにしたりします。

SNSの投稿をしていく中で、最初はわからないなりに投稿をしていくことで良いと思いますが、その中で書いている内容とリアクションの反応が違うと思ったら、投稿内容を変えてみることも大事です。

投稿内容を変えることでリアクションが取れるようになり、自分がきて欲しいお客様の反応であれば言うことなしですね。

SNSの投稿をしてリアクションが出てくると面白くなります。面白くなるとどんどんやりたいことが増えるので、面白くなるまでには投稿をして2、3ヶ月は最低でもかかると思いますので、ビジネスとして楽しみながら投稿をしていくことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

SNSで何を投稿すれば良いのかわからないという悩みに対して思うことは、「普段お客様から相談を受けていることや接客をしていること」をネタにすれば良いと思います。他にも「ニュース的な新しい商品が出るとか、商品の効果、これまでのお客様の体験談、どんな悩みがあったのか」など、なんでもネタになるというのもあります。

思いついたネタをとにかく毎日書いて習慣化することで、投稿をすることが当たり前になるようにすれば、SNSで何を投稿すれば良いのかわからないという悩みは解消されると思います。

 

SNSで何を投稿すれば良いのかわからないという相談の本質は、書きたくない理由を脳が探していることだと思いますので、これまでのネタを投稿することを習慣化することから始めてみる。

SNSで投稿するときには、自分から書くことと影響力がある人の投稿へ共感をすることをやれば、自分の投稿に影響力を派生させることができる。

SNSは楽しくやり続けることが大事。目的と結果を分析して進めていきながら、エンゲージメントの高いSNSへしていくことが大事。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えをしてきた内容を改めて考えて頂き、SNSの投稿についてヒントになればとても嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.