田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

仕事のあり方を考える【仕事とは?】

更新日:

仕事というのはなにを持って仕事というのか?考えたことがありますか?僕は仕事ということを追求をしています。作業と仕事が違うということは理解しているのですが、仕事と作業の違いって考えたことはありますか?

作業というのは目の前にあるタスクをこなしていくことです。簡単にいうと言われたことをする、いつもやっているルーチンをこなすといったことです。逆に仕事というのは「利益を生むこと」です。利益を生むことをするから仕事になり、会社が儲かる、起業家として成長ができるというものです。

今回作業と仕事について、そして仕事のあり方についてお伝えをしていこうと思っています。

 

ポイント

作業は利益を生まない

 

作業をすることは、もはや当たり前といってもいいと思います。例えばビジネスであれば集客を常に行わなければいけません。集客活動を毎日行っていない場合は、毎日できることを考える必要が出てきます。

例えばブログを書くことは作業です。僕は毎日ブログを書いていますが、ブログを書いても利益を生みません。長期的に考えれば利益を生んでいくことができるものになりますが、今すぐに利益になるとかというとそうではありません。

作業は利益を生まないということを考えれば、作業はやって当たり前のことだし、作業をやって仕事をしたと感違うすると、将来リストラ候補の仲間入りをしてしまいますし、起業家であればクライアントに切られます。

作業をしているつもりになってもダメだということを理解する必要があります。理解できれば、毎日どんなことをしているのか、自分のやったことがどんな利益につながっているのかが見えてくると思います。

考えたことがない方は、ぜひ考えてみてください。ブログを書いたり、LINE@を発信したり、ミーティングをしたりすることは作業であり、仕事ではありません。作業とミーティングの量が多くなり過ぎて、忙しいけど売り上げが上がらないというパターンが多いような気がします。

何度もお伝えをしますが、作業は利益を生まないのでできるだけ時間をかけずに、コストをかけない方法を考えることをお勧めしますし、自分がやるべきことと任せられることを考えて、細分化して取り組んでいくことも重要です。

 

ポイント

仕事のあり方とは?

 

仕事というのは利益を生むものです。作業とは対照的でやればやるだけ利益になっていきます。ということは仕事というのは言い方を変えれば「利益をつくるための仕組み」として考えられるわけです。

会社で考えれば経営者というのは自分が行動することもありますが、自分が動かなくても会社に利益が得られる仕組みをつくっています。その仕組みを作るのが経営者であり、それ自身が仕事になります。

ただ、全てのことが仕事になるわけではありません。作業をしなくても良いということではなく、作業をすることでどういった仕事につながるのかを考えることが必要です。

僕がクライアントさんと関わる時には、何を大事にするかというと利益を出すことを一番に考えます。当たり前ですが、これが当たり前ではありません。

クライアントの悩みを聞き、その悩みを解決するために作業をするのか、仕事をするのかの違いです。作業をしてもクライアントさんの利益にはつながりません。仕事をすればクライアントさんの利益につながります。

ミーティングなどもどうやってクライアントの会社の利益を伸ばせるかということを考え提案をします。

言われたことをするのであれば「誰でもできること」になりますし、言われたことをさらにクライアントの利益になることを提案すれば「自分しかできないこと」になるわけです。

これはどんな業種でも同じことだと思います。作業は充実感だけがあるのですが、それは自分だけが味わえるものです。充実感ではなく達成感を共有ができることが一番良いと思います。

選ばれる存在になるためには、自分にしかできないことを作るしかありませんし、これからの時代は「選ばれる存在」になることが超重要だと思います。

仕事のあり方というのは、「利益になることを行う」ということを忘れないようにして作業を進めることだと思いますので、よくある例ですが「質問を質問で返す人がいる」というのもあります。

どんなことも自分の意見を伝えるべきです。会社組織でもよくあることなのですが、この問題についてどう思うか?ということについてもどう思うかということを聞いているわけではなく、「あなたの意見が聞きたい」という思いもあるということです。

「自分はこれまでの経験とリサーチからこの案件は、こうした方が良いと思います。なぜそう思うのかはこういう理由です」というように自分の意見を含めて伝えていくことビジネスではかなり重要ですし、それが仕事だと思います。

 

まとめ

 

今回作業と仕事の違いについて、そして仕事のあり方についてついてお伝えしました。これには理由があります。これからの時代は作業ができる人は淘汰されていきます。先日も書きまししたが「AI時代に仕事を奪われないためにどうするか?」を読んで頂ければわかるともいますが、AIによって作業を奪われていきます。

AIにはできない仕事をしていく必要がこれからの時代はあるということを理解して日々過ごすことが重要ですし、仕事をすることが大事な期間になっていきます。

 

作業は誰でもできるので、いつとたされるかわからない恐怖と不安を抱えることにつながる。

仕事をすることは利益を生むこと。利益を考えて作業ができる人とそうでない人の差が出てくる時代になった。

仕事をすることで、本当にビジネスが楽しいと思える。これからは自分の意見を伝えられる人が勝ち抜いていく時代になる。

 

 

以上の3つのポイントを意識して日々の作業を進めてみてください。それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.