田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

観光ビジネスで重要なこと【岡山県を日本一の観光場所にするためには?】

投稿日:

今新型コロナによって経済が下降しています。下降しているからと言ってなにもしないわけにはいかないですよね。実際、観光でもインバウンドを中心に行っていたお店や場所などにかなり影響が出ています。しかしその一方で国内のお客様を囲い込んでいて景気が上がっているところもあります。

今回僕が観光ビジネスをしている中で重要だと思うことや岡山県を日本一の観光場所にするためにどうすればいいのか?どんな考え方や取り組みをすればいいのかを考えてみました。

 

ポイント

観光ビジネスで重要なこと

 

以前「インスタ映えから学ぶ地方ビジネスのあり方」について書きましたが、観光でも同じことが言えると思います。観光というのはこれまでの感覚だと「体験する」「食べる」「遊ぶ」という価値を提供をするためのプロモーションが多かったと思います。

「岡山県には美味しいものがありますよ」「岡山へ観光にくるとこんな素敵な場所がありますよ」「岡山へくるとこんな面白い体験ができますよ」というようなプロモーションが圧倒的に多かったです。

実際旅行会社やツアーなどでもこう言った企画が中心になっていると思います。岡山にまだ来たことがない人は有名な場所や食べ物を思い出の一つとして経験したいので、これはこれでやっていかなければいけないことだと思いますが、では2回目に岡山へくるのかというとそうではないと思います。

実際インバウンドを外せば観光に来ている人は減ってきているのが現状ですから、ファンをつくるための取り組みが圧倒的に不足していると思います。ビジネスでいうなら尖ったものがないということですね。

ビジネスで重要なのは、「ファンをつくること」です。会社で売り上げをUPさせていくのであれば、新規の人だけでもいいと思いますが、ヒット商品を作ることよりもロングセラーを観光ビジネスでは大事にした方が良いと個人的に思っています。

もちろんヒットすることも必要なのですが、それは単発的なものと捉え、ロングセラーの考え方が重要で、要は何度も何度も足を運んでもらえるためのものをつくることが重要だということです。

実際、クライアントさんは色々な災害があっても、今回のコロナのような状況があっても売り上げを伸ばし続けていますし、ファンが毎月増えているのが現状です。

このことから観光ビジネスは、新規の人へリーチするだけではなく、一生涯続くファンを獲得していくことを考えて取り組むことが重要になってくると思っています。

 

ポイント

「なぜ?」を大事にする

 

観光ビジネスで大事になるポイントが「なぜ」です。なぜ岡山県に来なければいけないのか、なぜ岡山なのかということです。

 

岡山観光=価値

 

この価値ということを考えなければいけませんし、観光というのは価値を提供するものですから、場所だけではダメだし、物だけでもダメです。人という価値も入りますし、場所や物という全ての体験を通した経験から次へ来たいと思ってもらえるようにしなければいけません。

単に何かをやりますよという価値では、人が次に来る理由がありません。他にも良い場所なんてたくさんあります。これは昔からある言葉で、オリンピックでも話題になった「おもてなし」が必要なんだと思います。

おもてなしというとお店単位でやろうとしますが、それでは無理です。地域全体、県全体で取り組む必要があるし、そもそも岡山県って広いわけですが、1泊ではなく2泊3泊としてもらえるようなことを考えても良いわけです。

入口と出口を考えて、その中でお店や場所ごとにやるべきことをやっていれば岡山という価値が生まれて、次も期待、もっというなら住みたいと思ってもらえる場所になると思います。

 

ポイント

そんなことはわかっている!

 

僕がこれまでお伝えしたことなんて何度も議論してきたし、何度も取り組みとしてやってきたと思います。でも実現ができていなかったり、ことをなしていない現状で今があると思うので、それだったら何をやればいいのか考えてみました。

僕が岡山県を日本一の観光地にするのであれば、誰もやったことがないことをやり続けます。やり続けるというのは、岡山県全体を巻き込んでやります。

 

・岡山県のインフルエンサー全員を集めて、岡山県のPR企画で24時間テレビのような圧倒的な企画力で岡山を全力でPRする。

 

・岡山県の観光スポットを1日で回るゲームをする。SNSやテレビなどを巻き込み、圧倒的な視聴者と口コミが起こる仕掛けを作り、1日で1億PVが集まる企画にする。

 

・岡山県にYouTuber、インスタグラマーのランキング10位までの人を集め、日本初のメディアジャックプロモーションを行う。

 

など、実現できるのかどうかわからないような面白い企画を1000個ぐらい出していって「そんなのできるわけがない」という非常識なことをやりまくります。

日本一になるのですからみんなと同じようなことをやっては無理だし、どうせだったら飛び抜けた面白いうことをやって、こんなことが実現できるのが岡山なんだぜっていうことを知らしめてやります(笑)

 

まとめ

 

観光ビジネスというのは、これまで何年も何十年も続いてきているビジネスですから今完成しているビジネスモデルはやり続けるとしても、同じことしていても他の県と差なんてありませんから、岡山に来る理由なんてそうそう見つからないと思います。

ビジネスでは人と違う違うことをやり、人からバカとかアホとか、できるわけがないということを言われ続けてきている人が革命や発明をして偉人として今でも歴史的に残っているわけですから、いかに違うことで価値を作り人を楽しませるか、幸せにするか、豊かにするか、ワクワクさせるかなどを考えられるかだと思います。

常識の枠から出なければいつまでたっても観光ビジネスが盛り上がることはないと思います。今あることを続け、さらに進化をさせていくためにどうするかを考え取り組んでいくことが求められていると思いますので、当たり前のことをやるのではなく当たり前ではないことをやり続けてみるのも面白いと思いますよ。

 

観光ビジネスは全国どこも頑張っているからこそ、ここに来る、ここにきたいという価値を提供しなければいけない。
観光ビジネスは、お店や場所などだけが頑張っても意味がない。県全体で、県民みんなが取り組むからこそ価値が提供できる。
思いっきり飛び抜けた企画ことそが圧倒的な成果を出す。人と同じことではなく違うことをやり続けていくことで、後に評価され日本一になれる。

 

以上の3つのポイントを考え、全体的に観光ビジネスを考えていけば、これまで見えなかった光、道が見えてくると思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.