田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

2度と関わりたくない残念な男性と女性の特徴

投稿日:

今回は起業家にとって残念な話になるかもしれません。どんな内容かと言うと二度と関わりたくない男性と女性の起業家の特徴についてお伝えしていこうと思っています。

二度と関わりたくないと言うのは起業家としての信用がないだけではなくて人として関わりたくないと言う部分もあるので、かなり注意しなければいけない特徴になると思います。

男性と女性とはこれまで多くの起業家と関わってきた中で僕が実際に経験したことも含めてお伝えしていこうと思いますので、これから起業する人既に起業している人も含めて、残念な男性と女性にならないような起業家としての立ち振る舞いや信頼を勝ち取れるようなポイントとして気をつけていただければと思っています。

 

 

2度と関わりたくない残念な男性の特徴

 

二度と関わりたくない男性の特徴としては、二度と関わりたくないと言う経験を何度かしたことがあります。

起業家としてまだまだ未熟だった自分が経験をしてきた実際の内容となりますので、今回お伝えする内容を注意していただけると今後の起業家としての生き方であったり、残念な男性として見られないようになったり、関わりたくないなと思われないような形を取れると思いますので、じっくり読んでいただけるとうれしいです。

僕が実際に二度と関わりたくない男性としては、いくつかのパタンがあるのですがまず第一に嘘をつく人です。嘘と言うのは、人を傷つけるような嘘をついてはいけないと言うことです。

僕が実際に経験した事は、コンサルティングやプロモーションを行う中で、実際にはそのビジネスモデルは存在しないのに存在しているかのような形をとって人を騙すと言う人がいました。

僕も当時はまだまだ未熟な起業家でしたので、見ることができなかったのは僕自身反省すべき点でしたが、そのありもしないビジネスモデルのプロモーションに関わり色々な人に関わっていただき、また多くの人にそのビジネスモデルを販売したことがあります。

早く言えば詐欺的なビジネスモデルに加担したと言う話になるのですが、それが表立ってからはその販売者とはもう関わる事は無いですし二度と関わりたくはないです。

迷惑をかけたお客様には返金と言う形で誠意を持って対応させていただきました。自分が間違ったことをすればそれを謝ると言うのは当たり前のことだと思いますが、人を騙すと言うことを前提でビジネスをやっている人がいると言うことも勉強にはなりましたが、二度と関わりたくない男性起業家です。

ただそういったビジネスモデルがあると言うことやそういった人がいると言う事は勉強になりましたし、そういった人がどのようなビジネスモデルをやっているのかと言う事は迷惑をかけたお客様には返金と言う形で誠意を持って対応させていただきました。

自分が間違ったことをすればそれを謝ると言うのは当たり前のことだと思いますが、人を騙すと言うことを前提でビジネスをやっている人がいると言うことも勉強にはなりましたが、二度と関わりたくない男性起業家です。

そういったビジネスモデルがあると言うことやそういった人がいると言う事は勉強になりましたし、そういった人がどのようなビジネスモデルをやっているのかと言う事は、今のビジネスにもつながっていますので、人を見抜く力がついたと思えば少しは成長できたのかもしれないと感じています。

また、自分の都合の良いように解釈する人も残念な男性の特徴だと思います。先程の嘘にも似ているのですが、世の中には恩を仇で返すと言う方も中にはいます。

自分はしてあげたと言うことを感じているのですが相手にとっては感謝はその時で終わり、やってあげたことに対しては何も感じないし、むしろ自分の都合が悪くなると自分の正当性を出し相手のことを非難しだすと言うことがあります。

残念な男性の特徴としては、自分のことをを自分で責任が取れないような男性としては起業家としても向いていないと思いますし、お客様がそこに携わることによってお客様にも迷惑がかかることなので絶対に起業家としてビジネスをして欲しくないと感じています。

このような二度と関わりたくないような男性の起業家の特徴として押さえておくと、僕と同じような失敗をしたり反省をしなくても済むのでぜひ覚えておいてほしいです。

 

 

2度と関わりたくない残念な女性の特徴

 

次にお伝えするのは二度と関わりたく無い残念な女性の特徴です。僕が起業して女性の起業家と多く関わる機会がありました。女性の起業家の特徴としては、多くの人が感情で物事を捉え行動してしまうと言うことです。

もちろん中には感情をコントロールでき、ビジネスとしてのスタンスを保って関われる人もいるのですが、個人的には女性は感情によって左右される印象があります。

僕が関わる中で二度と関わりたくないと思った女性の起業家の特徴としては、自分が言ったことを忘れて人のせいにすると言う女性がいました。

僕は打ち合わせのときには毎回メモをするようにしているのですが、メモには毎回どういう風なビジネスをやっていきたいのか、どういった自分になりたいのかということも含めて話をすることが多いのですが、毎回言うことに対して軸がないと言うことが多いです。

軸がないと言うのは自分はこういうビジネスをやってきたいと言うものがないと言う風にも捉えられるのですが、僕はクライアントのやりたいことを実現するサポートをやっていくため、全力でそのやりたいことが実現出来るように毎回話をしているのです。

それが毎回違うと取り組み内容も毎回違ってくるため、やっていることがどんどんわからなくなってくると言うことを感じる場合があります。

ただ軸と言うものを作っていくためには、理念であったり思いであったりを土台として考えサポートをしていくのですが、本人が言ってることややっていることがわからなくなるため、あの時はこういったけどと言うことを忘れて今の感情を伝えてくるということがあります。

また、こういう風な理念や思いが定まらない人に限って、環境と言うものに左右されます。環境と言うのは人の意見によって自分の意見を変えたり想いを書いたりすると言うことです。こういった事例もありました。

自分の感情を優先して、自分の感情を相手にぶつけないと気がすまないと言う起業家がいました。この自分の感情と言うのは自分の感情を優先してしまうことによって人がそれに対してどう思うかと言う事まで考えられてない人です。

そうすることによって人がどんどん離れていくと言うことを経験しているのですが、僕はそのことに対して本人にも直接お伝えすることがあったのですが、本人は自分が変わりたくないと言うこともあるのか、自分を正当化してしまいクライアントとしては去っていく形になりました。

ここまでの話の中で二度と関わりたくない女性の特徴としては、感情と言うものを自分の気が済むような形でぶつけてしまうような人とは二度と関わりたくがないです。

自分は言ってスッキリするかもしれないですが、言われた方はその時の感情を受け取ることになり、その人の見る目が感情でぶつけてくる人だと言うようなイメージがつくため同じように今後もコミニケーションが取れるかと言うと多分多くの人は取れないと思います。

感情と言うものをコントロールすることがいかに重要かと言うことを感じていただきたいです。感情のコントロールについては、「怒りをコントロールする方法!怒りは一瞬で抑えられる」でも書いていますので、あわせて読んでみてください。

 

 

関わりたくない残念な人にならない

 

二度と関わりたくないと思われるような起業家にならないためにも、男性も女性も重要な事は2つあります。その2つと言うのは、嘘をつかないと言うこと、感情に支配されずに感情で物事を判断しないと言うことです。

これは起業家としても重要な役割を担うと思います。1年や2年で辞めていくような起業のスタイルであれば問題ないと思いますが、起業すると長く続けていくことが重要になります。

長く続けていくと言う事はそれだけ多くの人と関わっていくと言うことにもつながると思いますが、都会のようなたくさん人が入るまでは、人と出会うことも少ないかもしれません。

僕のような地方に住んで企業をしている場合には、噂もすぐに広まるし、どういった起業家なのかと言うことも伝わっていくため、起業家として信用ができるのかどうかと言う意味合いでも、先程の2つのポイントと言うのは、とても重要になると思います。

二度と関わりたくないと言うふうに思われる事は、一緒に二度とビジネスをしたくないと言うことです。僕も今回お伝えした事例以外にも多くの人と関わりその中ではたくさん傷つくこともありました。

信じて一緒にやってきたパートナーに裏切られ、いつも自分が守ってきたことも一瞬で裏切られることによって人を信用できないような時期もありました。結局人と言うのは自分を中心に考えてしまうと思います。

これは仕方がないことでもあると僕は考えていますが、それでも人として信用してもらうためには自分がどういった考えでどのような行動していくのかと言う事は、起業家にとってもすごく重要なことになります。

その重要なことを嘘をついたり感情で人に対して接することによって、簡単に言うと信用と言うものがどんどんどんどんなくなっていく形になります。

 

関わりたい!会いたい人へなる

 

二度と関わりたくない男性と女性の特徴についてお伝えしてきましたが、逆に起業家にとって、関わりたい、会いたい人になることが重要です。

今回お伝えした関わりたくない男性の特徴または女性の特徴として、やってはいけないことの逆をすることによって関わりたい、会いたい人になっていきます。

僕はこれまでの経験によって、自分がされて嫌なことを人にしないような形で進めてきました。失敗と言うのは誰にでもあることだと思います。ただその失敗を経験にしていくためには、次に活かしていくことが重要になります。

僕が経験してきたことを自分に生かすために考え、行動してきた結果、関わりたいと言うふうに言ってもらえたり、会いたいと言うようなメッセージをもらえるようになってきました。

田舎にいるどこにでもいるような起業家ですが、関わりたいと言ってもらえたり会いたいと言ってもらえることがとても嬉しい限りです。

自分が経験してきたことが自分に生かすことができるようになったのも、これまで残念な男性や残念な女性と関わってきたおかげで、自分のやってはいけない部分であったり、大事にしないといけない部分がわかったと言う事は、自分がそのようになってはいけないよと言うようなことを教えてくれる出来事だったのだと今は考えています。

二度と関わりたくないと言うような思いを持つことによって、自分が二度と関わりたくと思われないような起業家として進んでいくことができるようになったのは、すごく重要な出来事だったと思います。

 

 

まとめ

 

二度と関わりたくない男性と女性の特徴についてお伝えしてきました。特に起業家として男性も女性も信用できる人物になっていくためには、人としてもそうですが起業家としても嘘をつかない事は重要になりますし、感情によって人を罵倒したり、威嚇したりすることももってのほかです。

自分がされて嫌なことを人にしないと言うのは基本的な部分になりますが、それ以上に人として信用できる人になることも重要ですし、人から頼られる存在になることも大事なことだと思います。

結局は二度と関わりたくない男性と女性と言うのは、人生においてもとても損することが多いので、今の自分がどのような起業スタイルなのか、または考えや行動をしているのかということを振り返ることも重要なポイントかもしれません。

 

 

二度と関わりたくない男性の特徴は、嘘をついてありもしないことを言って、自分を大きく見せようとするプライドを捨てること。

二度と関わりたくない女性の特徴は、感情で人に接すること。感情をコントロールできなければ人として信用されない。

関わりたくないと思われるような出来事を経験として捉え、どうやったら自分が関わりたいと思われるのか、会いたいと思われるのかと言うことを考えビジネスをすることが重要。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回の色と関わりたくない男性の特徴と女性の特徴として自分がどうかと言うことを振り返っていただき何かの気づきになると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2022 All Rights Reserved.