田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

ステップメールの作り方【セールスを自動化する】

投稿日:

僕はコピーライティングの仕事をすることも多いのですが、コピーライティングを行う中では集客ようの記事を書くこともあれば、売上につながる記事を書くことも多いです。次に多いのが、見込み客や顧客とのコミュニケーションを図るためのメール作成も多いです。

見込み客に対してのステップメールの作成や顧客フォローに対応するステップメールというものがあります。どちらも自動化ができる仕組みになるので、ビジネスをしている方には必須だと思っています。この辺りを具体的に今回お伝えをしていければと思っていますので、楽しみにしてください。

 

ポイント

ステップメールは自動化できる

 

ステップメールというものは、見込み客に対して一度設置したメールを自動的に配信してくれるというものです。メールだけではなく、ステップメールを配信ができるサービスを利用することが大事なのですが、例えばあなたの会社や商品に興味を持ってくれる人がホームページへ訪問し、会社のメルマガへ登録をしてくれます。

または、商品やサービスの特性を知れるような資料請求をしてくれた見込み客へ自動的にアプローチをしてくれるのが、ステップメールの良いところです。ステップメールを配信することで、見込み客に自動的に配信をしてくれて、会社や商品について興味を持ってくれるツールになります。それも自動的にです。

ステップメールを知らないことでものすごく損をしています。実際100人の方が登録をしてくれて、個別にメールを送りするよりも、最初にステップメールを設定して自動的に配信して、会社や商品に興味を持ってくれれば、やるべきことに集中できますよね。

ステップメールは自動化できるものなので、必ず活用するようにしてください。活用する時には、見込み客へのアプローチだけではなく、顧客に対してのフォローもステップメールかすることをお勧めします。

商品を購入してから知りたい情報をお届けしたり、この商品にプラスしてこの商品を合わせるともっと便利に使えると言ったアプローチもできます。それも自動的にです。

 

ステップメールを活用することで、

 

・見込み客へ興味を持ってもらう仕掛けが自動化できる

・顧客フォローを自動化することができる

 

という2つのメリットがあります。やるべきことはアクセスを集めるということに集中できますね。

 

ポイント

ステップメールの流れと内容

 

ステップメールは自動化できるということでメリットを感じてもらえたと思いますが、ではどうやったら見込み客に興味を持ってもらえるのか、顧客に対してどんな情報をお届けすれば良いのかについて具体的にお伝えをしていきます。

 

🔵見込み客へ出す内容

見込み客に対してステップメールを配信していく場合には、一番大事な点は「信用」をつくるということです。信用を生み出すと言った方が良いかもしれませんが、なんらかの場所から登録をしてくれた方に対して、信用を生み出す内容を配信していかなければ、登録をしてもすぐに配信解除されたり、ブロックされて終わりになります。

そうならないためにも「信用」ということを念頭に置いとステップメールをつくるよにしてください。僕がステップメールをつくる時には、

 

ステップ1「ニュース性を伝える」

ステップ2「会社や商品の物語を伝える」

ステップ3「敵がいることを伝える」

ステップ4「背中を押す」

ステップ5「あなたにもできることを伝える」

ステップ6「商品やサービスなどの紹介をする」

ステップ7「さらにメリットを伝える」

 

上記の7つの構成でステップメールを作成して配信をしていきます。ニュース性というのは、オープニングのようなものです。これからワクワクすことが始まると言った内容をお届けしていきます。

次に会社や物語を伝えるというのは、どのようにしてこの商品が生まれたのか、会社が誕生したのかという背景について伝えていきます。そして敵がいることを伝えますが、例えば起業というテーマであれば、ここではなぜこれまでうまくいかなかったのかということについて伝えていきます。

そして次に背中を押すとあなたにもできるjことを伝えるいうことですが、あなたにもできますよという安心感を与えます。ダイエットであればこれまでダイエットに成功できなかったのはあなたが悪いわけではない、あなたにもできる方法があるという流れですね。

そこまできてから商品やサービスの紹介をすれば信用を生み出すことがある程度できていると思いますので、商品やサービスへの成約率が大きく変わってくると思います。

 

同じように顧客フォローに対しても、商品やサービス購入後に出す流れは、

 

ステップ1「商品やサービスを利用してみての感想を聞く」

ステップ2「何か不明点や改善点などないか聞く」

ステップ3「もっとこんなものがあれば良いという希望を聞く」

ステップ4「便利な活用事例を伝える」

ステップ5「他のお客様の声を出す」

ステップ6「既存の商品に加え、この商品を加えるとこんな活用方法がある」

 

と言ったようなメリットを伝えて行ったり、コミュニケーションをとっていく流れが良いと思います。

 

まとめ

 

ステップメールを活用することで自動化できることが増えます。昨日の記事でもありました「マーケティングオートメーション化を進める」ことと同じように、あなたが集中すべきところに力を入れてビジネスを効率よく進めていくためには、ステップメールの仕組みをビジネスへ取り入れるのもお勧めです。

 

ステップメールを活用して、見込み客や顧客フォローの自動化を図る。

ステップメールは、ただ単に配信すれば良いというものではなくステップを考えて、必要な情報やコンテンツを届けることが重要。

ステップメールを活用することで、自分が使うべき時間を有効活用ができ、自然位売り上げをつくることができる仕組みを手に入れることができる。

 

 

以上の3つのポイントを抑えてステップメールをビジネスの仕組みに取り入れてください。ちなみにステップメールの配信サービスは「オートビズ」「アスメル」などのメール配信サービスを利用することでステップメールの仕組みを活用ができますので、「ステップメール サービス」などで検索をしてみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.