田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

伝わりやすい文章を書くコツ!4つのポイントとは?

投稿日:

伝わりやすい文章書くコツの4つのポイントについて今回お伝えしていこうと思います。伝わりやすい文章というのは分かりやすいと言うことです。

特にビジネスで伝えやすい文章と言うのは、お客様に伝わりお客様が行動しやすいと言うような成果につながる文章になります。伝わりやすい文章を書くためには、前提としてお客様のことを知ることが重要ですが、お客様のことを知ると言うことについてはまた別の機会でお伝えしていこうと思います。

今回はお客様のことを知った上でその前提で伝わりやすい文章書くコツについてお伝えしていこうと思いますので、4つのコツについて知っていただき、実践していただけるような形でお伝えしていこうと思いますので楽しみにしてください。

 

 

伝わりやすいということはわかりやすい

 

伝わりやすい文章と言うのは先ほどもお伝えした通り分かりやすいと言うことです。分かりやすいと言うのはコピーライターの世界で言うと、小学生や中学生でもわかるような文章で伝えていくことが重要だと言われます。

最も優秀なコピーライターは、5歳児でもわかるような文章を書くと言われていますが、誰が見てもわかりやすいと言う事は行動につながりやすいと言うことです。ビジネスで言うなら、お客様が商品やサービスを購入してくれる行動につながるということです。

逆にわかりにくいと言う事は商品やサービスの購入につながらないと言う結果になります。なのでブログやSNSで反応がないと言う結果になっている場合は、文章が伝わりにくいものになっている可能性があるため、わかりやすい文章を書き伝わりやすい文章に修正や改善をしていく必要があります。

文章と言うのは特に自己満足で終わることがあります。例えば文字数が多ければいいと言うものではありません。文字数が多くても伝わることが伝わっていなければ結局行動につながらないため、売り上げにはつながらないと言う結果になります。

その結果売り上げにつながらないため文章を書くことが苦痛になってくると言うようなネガティブな導線になってしまいます。伝わりやすいと言うのは分かりやすいと言う事ですが、わかりやすく文章書くためには自分自身が伝えたいことが明確である必要があるということです。

自分が伝えたいことが曖昧であれば具体的に伝えることができないためわかりにくい文章になってしまいがちです。そうなればリサーチと言うものは必要なものだと感じていただけると思いますが、このリサーチと言う部分にも多くの時間を使う人と使わない人がいるため、リサーチをしていないような文章は人に伝わりにくい文章になってしまい、ものすごくわかりにくい文章になってしまう可能性が高いです。

 

 

伝わらない文章とは?

 

伝わらない文章と言うのは、自己満足な文章だと言うことにも言い換えられますが、先ほどもお伝えしたように5歳児や小学生でもわかるような文章を書くことが重要です。

というのはもともと文章と言うのは読まれにくいと言う性質があるため、文章が読まれにくいと言う事は読むことが苦痛になっている場合やそもそもとして文章を読むことが苦手な方が多いと言うことです。特に最近ではYouTubeやInstagramといった画像や動画での表現が多いため、文章を読むことに慣れていない人が多いです。

もちろんターゲット層によって文章が読まれやすいそうであったり、文章が読まれにくいようなそうであったりと言うような状態にはなると思いますので、自分自身のターゲットがどういう性質を持っているのかと言う事はよく考えよくリサーチしなければいけないと言うことです。

相手のことを考えていない文章というのはやっぱり伝わりにくいです。伝わらないと言う事は先ほどもお伝えした通り行動されないと言うことなのでビジネスの売り上げにはつながっていきません。

それだけ文章と言うものが重要だと言うことだと思いますので、文章力を上げていくというのはとても重要なことだと認識していただきたいです。

伝わらない文章をずっと書いていても、ビジネスの結果にはつながっていかないため、ビジネスを継続して続ける事は難しいと思いますが、文章が伝わりやすくなっていくと、ブログであればコメントやメッセージをいただいたり、SNSでも同様にメッセージやリアクションと言うものが上がってきて、エンゲージメント数が上がり影響力を持ったSNSを運用することができるようになると思います。

なので伝わりやすい文章を書くと言う事は重要であり、伝わらない文章というのは自分本位で書いていて相手のことを考えていない文章だと言う事になります。だからこそコピーと言うのは24時間お客様の事だけを考えると言うことが重要だと言われる夢はそこにあると思っています。

 

 

伝わりやすい文章を書くコツ

 

伝わりやすい文章書くコツとしては、まずは誰に向けて書いているのかということを明確にすることが重要です。僕は文章を書くときには自分に向けて書くことが多かったです。自分が起業したときには自分と同じような悩みを持った人が多いと思ったことと、自分に言い聞かせるために書いていました。

自分に向けて書くことで自分と同じような思いや考えを持った人が商品やサービスを購入してくれるようになり、自分と同じように悩みを持っていることが理解できました。

ただ先ほどもお伝えしたように自分勝手に書くと言うことでは、読んでくれている人に伝わらないため、書くときには誰に向けて書くかと言う事はとても重要ですが、それと同時にもっと重要になってくるのが、読んでいる人の悩みを解決したり、改善できたり、解消できるような悩みにフォーカスした内容にしていかなければいけないと言うことです。

悩みに共感し、自分も同じような悩みを持っているということからさらなる共感を生み、この教官が信頼や信用へ変わっていくことにつながっていきます。だからこそ自分勝手に書くと言う事は共感を生まないと言うことにつながるため、いくら書いても読まれない文章になってしまいます。

伝わりやすい文章と言うのは相手のことを考え相手の悩みに共感しその改善策や解決策を伝えていくというのが基本的な伝わりやすい文章の構成になると思います。その中で誤字脱字というのはあまりないほうがいいですし、文章がめちゃめちゃ美味ければいいかというとそうではありません。

誤字脱字があってもそれ以上に相手に伝えたいと言うことが伝われば、うまい文章と言うのは相手に伝わった文章と言うことなので、相手にいかに伝わりやすいかということを考えてください。

何度も言うようですが伝わりやすい文章と言うのは相手のことを考え、相手の悩みに共感しその悩みがどうやったら改善解決できるのかと言う内容を伝えていくことが伝わりやすい文章になっていくと思います。

 

 

伝わるから行動ができる

 

ビジネスで重要なのは、お客様を動かす力があると言うことです。言い方を変えると影響力があったり信用力があったりと言うような言い方をする時もあります。ファンを作ると言うことやリピーターを増やすと言うことも、伝え方は違えどもビジネスの中で重要な力と言うのはお客様を動かすことができるかということが成果につながってくるということです。

伝わると言う事は文章力があると言うことにもつながりますし、コピーライティング力があると言うことにもなります。文章力がありコピーライティング力があると言うのはビジネスで成果を出せる最も必要なスキルだということです。

そのためには、基本的な部分としてお客様のことを常に考え、お客様がどんなことに悩み、お客様がどういった不安を抱えて日々過ごしているのかということを考えることが重要です。そのお客様が抱えているものを代弁してあげる力と言うのもコピーライティングのスキルではあります。

ただコピーライティングと言うとものすごいテクニック的な内容を知らなければコピーライティングのスキルなんて上がらないと思っている人も多いのですが、スキルよりも必要な事はお客様のことをどれだけ知っているかと言うことです。

そしてお客様がどのような言葉を使っていて、どのような言葉を使えば行動してくれるのかと言うことを誰よりも知っている人が、伝わりやすい文章を書ける人だと思います。

逆にお客様のことを知らないと言う人や知りたくないそんなの必要ないと思っている人は、いつまでたってもお客様のことが理解できず、お客様の悩みを知ることがないので、お客様の共感を生むような文章を書くことは難しいと思います。

 

 

まとめ

 

今伝わりやすい文章の書き方のコツについてお伝えしてきました。伝わりやすい文章と言うのは、誰に向けて書いているのかと言う事が基本部分になると思います。

そして誰に向けてと言うことが明確であれば、自分本位ではなくお客様がどんな悩みを抱えているのかということを理解し、お客様が使っている言葉や普段悩んでいる内容を改善や解消できるような情報として届けることが重要になると言うことです。

そのためには常にお客様のことを考え、リサーチをしていくことが日常で必要な仕事となってきます。

お客様のことを知れば知るほど、お客様の共感を生み、お客様から信頼されるビジネスマンや会社へと成長していくと思いますので、かなり泥臭い話になると思いますが、伝わりやすい文章と言うのは、誰よりも分かりやすいと言う事になり、選ばれる存在へとなっていくと思いますのでぜひ実践してください。

 

 

伝わりやすい文章と言うのは、誰よりもお客様のことを考え、お客様の悩みを解決したいと思っていることである。

お客様のことを24時間考え、お客様が使っている言葉を知ることによって、伝わりやすい文章が生み出されていく。

誰よりも書くことを好きになれば、伝わりやすい文章にすることも、わかりやすい文章にすることもできる。

 

 

以上の3つのポイントを含め今回お伝えしてきたことを意識していただき文章を書くときのヒントにしていただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.