田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

ターゲットを見極めることが重要【情報発信の基礎】

投稿日:

ビジネスを取り組んでいく中では、自分の商品やサービスを誰が購入してくれるのか、誰がお客様になってくれるのかということをまず考えなくてはいけません。マーケティング的にお伝えすれば、ターゲットの求めることが重要になるということを伝えをしているのですが、今は情報化社会の中では、情報発信を行うことが多くなってきます。

ホームページであったり、ブログであったり、SNSなどを通じて情報発信をすることが増えていると思うのですが、情報発信を進めていく中では、誰に対して情報発信しているのかということを考えなくては、情報発信をしても受け取る人には伝わらないような状況になっていきます。

だからこそターゲットを見極めることが重要であり、そのターゲットに対して自分たちの商品を販売していくためにどのような情報配信がいいのかも考えていくことが大切になるということです。

今回ターゲットを見極めることの重要性についてお伝えしていこうと思いますので、情報発信をしているけど集客ができていないと言う方は、最後までご覧いただけると沢山のヒントがあると思いますので、楽しみにご覧ください。

 

ターゲットを決めることが重要

 

ビジネスを取り組んでいくときには、まず大事になる事はどのようなターゲットに対して自分たちのビジネスを行っていくのかということが重要になります。

よくあるのが誰でもいいから自分の商品を買ってくれたり、サービスを利用してくれたら良いというような考え方であったり、自分の主観で商品やサービスを作っていくようなことを考えれば、その商品やサービスが、本当にお客様が欲しいと思っているのかどうかと言う事は、間違いなく失敗する可能性が出てくる考え方になります。

ターゲットを決めるということを考えると自分の商品やサービスが、どのような人に届いて、どのような形でお客様の幸せや人生の豊かさが変わっていくのかを考えなくてはいけないです。

ターゲットを決めないという事は、自分の商品やサービスの価値というものが伝わらず、それをお客様が見たときにも何も感じないような状態となるため、ビジネスをやっていてもうまくいかないような状況になります。

またターゲットを決めるという事は、その自分の売っている商品やサービスの価値というものを考えなくてはいけないです。

価値と言うものがなければお客様はお金を対価として払ってはいただけないですし、自分本位な価値を作っても、お客様がそれを価値と思わなければ当然商品やサービスを入れていかないということです。

ターゲットを決めるだけで、自分の商品やサービスの価値を高めることもできますし、今後どのような情報発信をしていけばいいのかということもわかるようになります。

 

誰に向けて発信をしているのか?

 

コンサルティングをしている中では、商品やサービスが売れない理由としては、結局その商品やサービスの情報というものを誰に届けているのかということが曖昧になっていることが多いです。

自分がいいと思うものを紹介していく事は大事だと思うのですが、その自分がいいと思っていることがお客様も良いと感じるわけではないということです。

自分の価値観がお客様の価値観と合うかどうかというのは、ビジネスでは全く別物だと考えたほうがいいと思います。

自分が思っている価値をお客様が求めている価値と合わせて考えていかなければいけないので、結局その価値というものが、どのような価値があるのかを考えていかないといけないと思います。

この価値というものを誰が求めているのかということが、結局誰に向けて発信をしているのかにつながってくるということです。

僕自身も毎日情報発信をしているのですが、この情報発信をしている中では、基本的にどんな人に向けて発信をしているのかを考えています。

もちろん毎日考えているわけではなく、自分のビジネスをやっていく中で、自分がお客様になって欲しい人に向けて発信をしていますし、そのお客様が日々どんな悩みを抱えているのか、どういった情報を探しているのかということを合わせて考え情報発信をするようにしています。

自分の思い込みで情報発信をしても何も意味がないと思いますし、自己満足のビジネスをやっても売り上げを伸ばしていくことも、ビジネスを好きにさせていくことも難しいということです。

お客様の悩みに合わせて、お客様の悩みが自分の商品やサービスを提供することによって、どのように解決をしていくのか、また解消していくのかを考えて情報発信をしていくことが大事になります。

 

ペルソナを作ること

 

僕がよくお伝えする事は、どのようなターゲットに対して情報発信をしていくのか、商品やサービスを作って価値を提供していくのかを考えたときには、ペルソナを作ることを大切にするようにしています。

ペルソナというのは具体的にどのようなお客様に対して情報発信をしていくのか、商品やサービスを提供していくのかを考える元になります。

ペルソナを作っている人と、ペルソナを作っていない人とでは、情報発信をしていく上でもとても差が出てきます。どんな差が出てくるかと言えば、ペルソナを作るという事はお客様のことを理解するということになります。

お客様のことを理解しようと思ったら、お客様がどんな生活スタイルを送っているのか、どんな悩みを書いているのか、今どんな悩みを解消したいと思っているのかを誰よりも知っているような状態になりますし、お客様のことを24時間考えることによって、自分の商品やサービスをもっとアップデートすることもできたり、お客様に何を伝えればいいのかも具体的にわかっているような状態になります。

逆にお客様のことを知らないというのは、ペルソナを作ることができないので、お客様のことを知らない状態で情報発信をしても何も伝わらないです。また商品やサービスを販売していても売れないような状況につながっていきます。

最初に具体的にペルソナを作っていくことによって、これから自分自身がビジネスをやっていく中では、そのペルソナに沿って情報発信をしたり、商品やサービスを打っていく中でも、常にアップデートをしていくことが出来るような状態となりますので、ペルソナを作ることを必ずお勧めしています。

もちろんペルソナを作らなくてもビジネスがうまくいく場合と言うのもあると思うのですが、基本的にペルソナを作らなければ情報発信をしていても、商品やサービスの価値を考えても、まとまらないような状況になってくると思います。

 

一貫性を持つことが大事

 

ペルソナを作ることから考えて、ターゲットを明確にすることができれば、自分のビジネスをやっていく中でも一貫性を持って取り組むことができます。

一貫性を持って取り組むことができれば、自分の情報と言うものがうまく伝わっていきますし、その情報を見たときにお客様が反応してくれるような状態となってきます。

今、自分自身のビジネスがうまくいっていないと言う場合は、多くの場合一貫性を持った情報発信ができていないこともありますし、一貫性を持った情報発信ができていないと言う事は、自分自身のターゲットが決まっていないと言うことにもなります。

もちろんいきなりターゲットが決まると言う事はないと思うので、ペルソナを作っていただくかでは、テストマーケティングを行っていく中で、自分の商品やサービスを購入してくれる人をより具体化していくような流れを考えなくてはいけないです。

最初に決めたからといってその通りにやらなくても、臨機応変に、柔軟に対応していくことが重要であり、自分が決めたペルソナというものを変化させていくことも大切だと思います。

この変化をさせていくと言う事は先ほどお伝えしたテストマーケティングをやる中でわかることがあると思うので、この分かったことを肉付けしていくことによって、より具体的なペルソナになっていくということです。

自分が最初思い描いていたターゲットとは違って、より具体的なペルソナとなり、自分のビジネスを進めていく上でもとても大事な要素となってくると思います。

いろいろなところで情報発信をしている方のコンテンツを見るのですが、結局この人は何がやりたいのかということがわからないですし、そういった人ほど一貫性がないので、何をやっているのかを、何をやろうとしているかもわからないので、安心感も生まれなかったり、その上で信用もできないような状況を自らが作っていることになっていることにも気づいていないことがほとんどです。

一貫性を持つと言うことがとても重要なのは、自分がなぜビジネスをやろうと思っているのか、そしてお客様をどのように幸せに、豊かにしていこうと思っているのかが大切になるということです。

 

まとめ

 

ターゲットを見極めることが必要というのは、自分自身のビジネスをやっていく中で、どういった人がお客様になるのか、またお客様にしていきたいのかということを考えなくてはいけないです。

この誰に対して何を提供していくのかと言うことを決めなければ、ビジネスがうまくいかないどころか、自分自身の時間やコストを使ってしまって取り返しのつかない状態にもなりかねません。

テクニック的なことを学んでいくことも大事ですが、自分自身がなぜビジネスをやろうと思っているのか、なぜ情報発信をしようと思っているのかを改めて考えるようなきっかけにすると嬉しいです。

 

ターゲットを見極めることで自分のビジネスがうまくいく。

ターゲットを決めなければ、自分の価値と言うものを伝えていくことができないので、ビジネスがうまくいかない。

自分の思いと言うものを大事にし、そしてお客様のことを大事にしてビジネスを進めていくことが重要。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えしてきた内容を今取り組んでいるビジネスに当てはめて考えていただき、うまくいっていない部分があるのであれば、ぜひ見直して取り組んでいただけると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.