田舎で起業して14年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

会社にweb担当者がいない時にすべき対策

投稿日:

 

 

企業においてwebを効率的に運用する事がもはや特別な事ではない時代になりました。

 

ホームページなどの自社サイトがあれば集客できた時代は終わり、自社サイトやSNSを「運用」しなくてはいけない時代になりました。

 

ラウドサーカス株式会社が2022年1月に行った「WebマーケティングとCMSに関するアンケート」を行いました。

 

対象者は全国の20~60代男女で課長以上の職位かつマーケティング職種で507名の回答数があったそうです。

 

その中で注目されたのがweb担当者の有無です。

 

「Webサイトやコンテンツ運用の専任担当がいますか。」という問いに対して

 

Webマーケティングの成果を実感できている企業では「専任がいる」という回答は63.3%(136人)となり

 

「兼務の担当者がいる」という回答も含めると9割以上の企業でWeb担当者がいるという結果になりました。

 

「特定の担当者がいない」という回答はわずか5.6%(12人)でした。

 

あなたの会社はいかがでしょうか?

 

もし、担当者がいない場合にどうすればいいか?を今回はまとめました。

 

 

web担当者を育成する

 

一番の王道は自社でweb担当者を育成する事です。

 

その前提として自社にweb担当者を教えられる人材が既にいる事が前提になります。

 

もしもそのような人材が社内に不在の場合は、web担当者自らが学ぶ事になります。

 

 

ただ「web」と一言でまとめていますがその守備範囲は広いです。

 

・web制作

・web戦略

・webコンテンツ

・webマーケティング

・web広告

      etc・・・

 

自社のweb担当者にどこまでさせるのか?まずは経営者として把握する事も必要になります。

 

自社のweb担当者の守備範囲をあらかじめ設定したうえで学んでもらうようにしないと結果としてweb担当者としてのスキルも経験も身につかないという散々な結果になるので注意が必要です。

 

学び先も、専門学校的なところや、web担当者育成支援サービスを提供している会社、商工会、行政の支援など色々あります。

 

しかし、先程お伝えしたように「web」と言っても範囲が広いので自社の求めている範囲をカバーできるところから教えてもらう事が必要です。

 

また、よくある事ですがweb担当者をコストなどの関係から一人しか置かない場合はその人が辞めると全てweb周りがストップしてしまう事があります。

 

必ず初期の段階でバックアップできる人材も同時に育てましょう。

 

 

web担当者を新規採用する

 

web担当者がいない場合でさらに、自社での育成に時間がかかるなどの問題があると新規採用も考える必要があります。

 

新規採用の場合はどのような人材を採用すればいいでしょうか?

 

まずは、現在自社に求められているweb活用と将来的に計画しているweb活用の両方を受け持てる人材である事が理想的です。

 

しかし、現実的にはそのような人材を見つけるのはかなり難しいですし、採用コストが高い事が予想されます。

 

新卒採用で優先すべき条件は「企画力」「コンテンツ作成能力」が大切です。

 

 

技術的な事は後付で教育する事で補完できますが「企画力」「コンテンツ作成能力」は一朝一夕で得られるものではないからです。

 

web担当者としての技術的なスキルや経験をチェックする事も大切ですが選考の際は「企画力」「コンテンツ作成能力」をしっかりとチェックしましょう。

 

業種によっては優れたデザイン能力が必要とされる事もあります。これも考え方によってはコンテンツ作成能力ですので、過去の仕事や実績が自社に合うコンテンツなのか?チェックしましょう。

 

「何でもできますよ」という人材は一見ありがたいですが、現在のwebはコンテンツがとても重要ですので新規採用の際はしっかりと選考基準にすると失敗しない採用になります。

 

 

専門家に入ってもらう

 

自社にweb担当者がいない、育てるにも時間がない!という場合には専門家に入ってもらう事も選択肢のひとつです。

 

具体的には専門家に一定期間にサポートしてもらうという事です。サポートの中には自社の担当者育成の仕事も含まれます。

 

一定期間、サポートしてもらうので、総合的な経験とスキルをもっている人に依頼する事がオススメです。

 

専門家に入ってもらう場合の注意点として自社が求めているweb活用の目的と範囲をしっかり経営者で決めておく事です。

 

外注的に最初は業務を見本的にやってもらい、それと同時に自社社員を教育してもらう形になります。

 

ですから、専門家依頼の際にしつかりした計画とプログラムがあるか?しっかりと確認しましょう。

 

その際に大事なのは見積もりも大事ですが、すでに他社でもしっかりとした結果を出している方か?しっかりと確認して下さい。

 

また、社員への教育もするので人間的な部分もしっかりと見ないと経営者と反りがあっても社員と合わないと意味がないので注意しましょう。

 

 

外注化する

 

最近ではweb業務を外注化する企業も増えてきました。

 

メリットとしては担当者育成と比べて圧倒的にスピードが早いという事です。専門家集団なので柔軟に対応してもらえるあたりは強力なメリットになります。

 

専門会社も数多くあり、選択肢が多い事もメリットです。自社に合う専門会社と出会えれば良いビジネスパートナーになるはずです。

 

 

しかし、メリットばかりではありません。web業務を外注化はコストが非常に高い事が多いです。

 

そのために外注する範囲を決めておかないとコストばかりかかりかねません。

 

また、同時にweb担当者を育成しないとずっと外注に頼るという状況も経営的にはあまり良い事ではありません。

 

外注化はとても便利で効果も実感できるため頼りがちになりますが、中長期的な視点で活用しないと結局、社内にリソースとして何も残らないという事もあるので注意しましょう。

 

外注化する際のポイントとして、自社の望んでいる事や状態をしっかりと具体的に理解してもらえるか?という事があります。

 

クリエイティブな面は言語化しにくい部分があるのでお互いのズレが無いようにしないと高いコストだけがかかるという事態にもなりかねません。

 

ズレが修正できればいいですが、出来ないな場合はまた他の外注に依頼となりゼロから構築するのでさらに時間とコストがかかってしまいます。

 

外注化でお悩みの際は是非、当社にご相談下さい。

 

 

まとめ

 

今、web担当者がいてもテクノロジーの進歩が早いので実は着いていけていない事もあるかもしれません。

 

ましてやweb担当者がいない・・となれば早めにテコ入れが必要です。

 

焦って間違った選択にならないように今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

世界のDXの推進という動きからもweb担当者の重要性はこれからさらに上がります。

 

自社の将来を左右する大切な人材である事を再確認しましょう。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2022 All Rights Reserved.