田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

集客のリスク分散を考える

投稿日:

今の時代は既存のビジネスをしていても20年、30年と続くことはありません。新規事業を立ち上げることがとても大切だとも言われています。集客をしていくときにリスク分散を考えて取り組んでいる方とリスク分散を考えずに取り組んでいる方とでは結果が大きく変わってきます。

リスク分散でいうと、以前はSEOだけで集客ができていた時代もありました。しかし現在はSEOだけの集客はとても難しくなってきています。その一つの理由として「検索結果は人によって違う」というのが本質です。テクニック的にお伝えするとGoogleの検索のアルゴリズムが変化をしているからだという話もありますが、本質は今はオンデマンドの時代なので、その人に合わせた最適化された情報が届くような時代になり、それがより顕著になってくるということです。

このような時代の中でリスク分散をした集客を考えていくことは、もはや必須のことだと思って取り組んでもらえばいいと思います。今うまく行っている事業がこの先もずっとうまくいくことはありません。もちろん既存事業をスケールアップさせたり、アップデートしていけば別だと思いますが、時代は集客のリスクをどうとれるかが大事になってきていると思います。

 

ポイント

集客のリスク分散は会社を成長させること

 

集客を行う上で今後はリスク分散をしていくことが重要だということをお伝えしました。その理由としては会社を成長させていくためです。これはとある番組で経済会社のかたが大手企業の社長へインタビューをした時に、未来について回答を聞いた時には、トヨタや大手金融業なども今のままでは廃業になってしまう、そのためにも新しいことに挑戦をしていくことが大事で、とても危機感を感じているというようなニュアンスのことを話をしていました。

これが今の時代の本質だと思います。数兆円を売り上げている会社や安泰と思われている会社でもこの先は不安だということだし、どうなるか分からないということです。僕のような一個人や小さな会社はもっと危機感を持たなければ、この先事業を展開していく時にとんでもない壁が何度もやってきて乗り越えることができなくなると思います。

そのためにも集客のリスク分散をしておく必要があります。集客をするということは、お客様を獲得していくことにつながります。お客様を獲得していくことということは、既存のビジネスや新規ビジネスなどを立ち上げて、悩んでいる奥役様へ価値を提供をしていく流れになります。

集客のリスク分散を考えて事業をすることは、会社が成長していくことと同じことなので、今からリスク分散をして会社を成長させるための集客の仕組みを作っていくのは大事だと思います。

既存顧客に対して新しい商品やサービスを提案ができないかというのもいいと思いますし、全く新しい分野へ挑戦をするのもいいと思います。とにかく新しい何をか始めることが今は求められていると思います。

 

ポイント

集客のリスク分散をするためには?

 

僕はコンサルティン業やプロモーションを生業として事業をしていますが、集客についてはリスク分散をかなりしています。今はブログやホームページを軸にして、検索からの集客、広告からの集客、SNSからの集客、オフラインからの集客、紹介の集客というように集客の窓口を多数作って集客をしています。

これは今は大変ですが、長期的に見るとかなり有効になると思っています。実際にあるSNSの広告を配信されなくなって、集客ができなくなったのですが、他の広告やSNS、検索から集客ができているので、仕事には困らなくなりました。

次々に新しい集客方法を作っては、一つ一つ時間をかけて取り組んでいます。自分でやることと任せられることを分けて考えてい流ので、昔以上に集客ができるようになりました。

逆に地元の話になるのですが、冬になると雪が大量に降ってスキー客や温泉客などが増えるというようなよくある観光地になります。しかし2020年には雪は降らずに地元もそうですし、他の雪が降る県でも雪が降らずにお客様がこないというような事態になっているようです。

毎年雪が降るという「当たり前が当たり前ではなくなる」ことが、今の時代では起こってきます。そうなったら仕方がないというのはプロの考え方ではありません。そうなってもいいように集客のリスク分散を数のはことが大事です。

だからこそ僕は集客のリスク分散を行い、そして色々な窓口から集客ができるような仕組みを今からつくっておく必要があると思っています。今できなければ、遅くなればなるほど集客をする仕組みづくりが大変になるだけです。

有難いことに地元は不景気ですが、クライアント様の会社は昨年と同じように集客ができているようです。毎日ホームページやSNSを更新して、地元の観光のプラットフォーム化しているので「集客ができる仕組み」を数年前から作ってきたのも大きな要因かもしれません。

コンテンツ力があればファンになってくれる(=信用力が増す)と思いますので、情報発信をすることは大事ですが、リスク分散を考えた集客の情報発信をすることをお勧めします。

 

まとめ

 

集客するためには時代も考え、これからの時代を考えることでどんな集客をして、リスクを考えていかなければいけないのかはなんとなく感じていただけると思います。これまでと同じようなことが通じる時代ではありません。だから今うまくいっているのであれば、アップデートやスケールアップすることを考え、そしてより会社や個人が成長できるようなビジネスの仕組みを作っていくことが大事になると思います。

 

これからの時代は、これまでと同じことを考え取り組んでも同じ結果にはならないどころか下降していくので、新しいことを取り組むことが大事です。

集客のリスク分散は、この時代は必須である。自然現象でさえコントロールができな時代に、集客のコントロールができるわけがない。だからこそ新しいことを取り組む。

集客のリスク分散は会社や個人を成長させうのはことにつながるから本気でビジネスのことを考え取り組むことが大事。

 

以上の3つのポイントを意識して組んでみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.