田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

良い人を卒業して疲れない自分になるための方法

投稿日:

今回良い人を卒業して疲れない自分になるための方法についてお伝えしようと思います。何が良い人なのかと言う定義は置いておいて、人に疲れていたり、自分自身が言いたいことも言えなかったり、みんなに好かれようとして、嫌な事でも引き受けてしまうような人たちに対して、今回お伝えしたいことをポイントとしてまとめていこうと思っています。

僕自身良い人かどうかわからないですが、人に好かれるということがあります。それは自分自身に問題があると言うことを気づいてからは、自分自身のあり方について考えて、考え方を変えるようにしてきました。

いきなり変わることはできないですが、これまで自分がやらなかった選択をすることができるようになって今まで以上に人に疲れなくなったということもあります。人に疲れて、自分自身を出すことができない人、日々人間関係に悩んでいる方に対して読んでいただきたい記事になります。

 

 

人から嫌われたくないこと

 

僕も以前はやっていたことなのですが、人から嫌われたくないと言うことを考えて、何かを発言したり、行動するようにしていました。これは結局自分自身を疲れさせる要因になっていると僕は考えています。

また人から嫌われたくないという事は、自分自身を守りたいということにもつながるので、自分自身を発揮していくためにも、本当の自分を出していくためにも、人から嫌われたくないことを考えて行動する事は今すぐにやめたほうがいいと思います。

これは人間的に嫌われるということを勧めているわけではありません。人間的に嫌われると言う事は、ビジネスをやっている中でもとてもデメリットになることだと思います。

また自分自身が生きていく中で生きにくい状況にもつながっていくので、人間的に嫌われるということを勧めているわけでは無いことをまずお伝えしたいです。

人から嫌われたくないと思った時に、自分がみんなに合わせた発言をするのではなく、自分自身の考えを伝えていくといったことが大事だと思います。

例えばご飯を食べに行く時に、みんなで集まって何を食べるかと話をすれば、みんなに合わせるような発言をするのではなく、自分が今食べたいものを伝えたり、行きたいお店を伝えていくといったことも良いと思います。

これ自体がほんの少しの変化かもしれないですが、自分が発言したことが周りの人にも受け入れられると言うことを小さな成功体験を増やすことによって、人から嫌われるといったことを考えなくても、もっと自由に発言していいんだということがわかるようになるので、いきなり大きなことを変えるのではなく小さなところから自分を出していくようなことをやり、どんどん嫌われていくような流れを作っていくほうがいいと思います。

 

 

その場で返事をしない

 

ビジネスの中で僕がよくやっていたことなのですが、その場で返事をするということです。例えば自分自身がやりたくない仕事であったり、苦手な仕事でも、ビジネスチャンスと思って、その場で何でもやりますといったことを伝えるようにしていたのです。

結局こういった自分がやりたくないことを受けたときに、後々やらなければよかったということを自分自身が感じてしまうことが多いことを知ったので、その場で返事をしないようにするようにしています。

例えばこれもよくあったことなのですが、自分にとってブランディングできそうなことであれば、何でもその場で返事をするようにしていました。

例えば有名な人が集まる交流会に参加をするかどうかと言うことを問われれば、その場で行くと言ったことを返事していましたが、結局こういった場所に行っても何かにつながる事はなく、自分自身が楽しかったと言う経験でしかなかったので、ほんとにそれが自分のやりたいこととつながるのであればいいと思うのですが、そうでは無いことがほとんどだったので、結局こういった場に行かないという選択をするようになってきました。

これは人によって変わると思うのですが、目の前にある仕事を受けるという事は起業した当初は大切になることだと思います。

でもそれ自体が本当にやりたいことかどうかということを考えずに返事をしてしまうと後々になってトラブルになったり、自分自身が受けなければよかったという後悔につながっていきますので気をつけなければならないです。

知り合いからの仕事でも同じことが言えるのですが、知り合いからの仕事で引き受けたくない仕事であれば、遠慮せず断るといったことをやったほうがいいと思います。

その場の流れだけで返事をしないと言うことを自分に言い聞かせるだけで、疲れなくなってくると思います。

 

 

我慢をしないこと

 

自分の言いたいことであったり、やりたくないことを我慢しないと言うことが大切になると思います。

結局先ほどもお伝えしてきたのですが、やりたくない仕事を受けることによって、我慢をしなければならない状況につながってきます。

我慢してでもやるべき事はあるかもしれないですが、自分で選択ができるものであれば我慢しないといったことをおすすめします。

我慢すればするほど自分自身を辛くしてしまうことにつながってしまうので、我慢をしなければいけないといった状態を少しでもクリアにしていくことをお勧めします。

例えば、僕自身仕事をしている中では、常に見直すようにしています。何を見直すかと言うと今、している仕事の中で我慢している事はないかといったことを考えるようにしています。

これは時間をとってでもやるべきことだと思うのですが、中途半端に最後まで関わっていくよりも、本当に今自分がやらなければいけない事と合わせて、我慢をしてでもやらないといけないことかどうかと言うのは考えなくてはいけません。

もちろん自分が成長していくといったことが必要になってくるので、成長していく過程の中で我慢しなければならないことがあるかもしれません。

ストレスを与えることによって成長できるというのも人間だと思いますし、そのストレスの限度と言うものを自分の中で見極めていくことが大切になると思います。

話を戻して、我慢しなければならない仕事というものを出したときに、僕はあえてこの仕事を断っていくといったことをやるようにしています。

本来であれば最初に断るべき仕事かもしれないですが、それはある程度自分に負荷をかけてでも断れる環境を作っていくようにします。

というのは仕事をきっちり行い、その後の本来いただけなければいけない報酬などは受けないようにしています。

ただ必要な仕事はきっちりとこなして断るようにするといったことをやると、相手にとって見てもメリットもあり、今すぐに自分たちが何かしなければいけないといったことにもならないので、お互いにとってより良い形が取れるような流れを作っていくといったことを考えやるようにしています。

そもそもとして我慢をしないといった事は最初に考えるべきだと思うので、今まで自分が我慢してきたことを振り返ってきて、二度と同じようなことをしないように自分自身の教訓にしていくことをお勧めします。

 

 

嫌われるためにやる

 

良い人を卒業するためには、いかに嫌われるかということを考えて取り組んでいくことをおすすめします。

例えばマーケティングって言うと、いかに来て欲しくないお客様に来ないようにすればいいのかといったことを考えるのですが、これは「ターゲティングをする」といった伝え方をします。

要は自分が来て欲しいお客様が来ていないという事は、マーケティングができてないということであり、ターゲティングができていないということにつながるからです。

僕はどうやったらお客様に好かれるかと言うことよりも、今はどうやったらお客様に嫌われるかということを考えるようにしています。

要は人間として嫌われると言うことではなく、自分のビジネスでは、自分が来て欲しいお客様に対してアプローチしていくものであって、自分と合わないような人であったり、自分の考え方とは違う人に来て欲しいと思っていないからこそ、そういった人たちに対しては、直接来ないでほしいと言ったことを伝えるくらいの強い気持ちでマーケティングをするようにしています。

マーケティングは、いかに人からではなくお客様に嫌われるかと言うことを考えなくてはいけないと思っていますし、本当に来て欲しいお客様に来てもらったときに、自分ができるサービスというものを提供していくためにも、お客様に嫌われるといったことを考えて情報発信をしたり、自分自身の考えや行動を一貫性を持ってやっていく必要があると考えています。

以前はお誘い等あったときに断ることができなかったのですが、別に誘いを断っても嫌われるわけではないので、今までは言っていたお誘いと言うものにも行かないようになりました。

その分自分の時間が使えるようになったり、お客様と向き合う時間が取れるようになったのは、自分の中ではとても良かったことです。

変な人間関係に振り回されることもなくなったのは、自分自身がいかに嫌われるかということを考えながらやってきたからだと思います。

これもクライアントさんにはお伝えすることがあるのですが、ターゲティングをしていくときには、嫌われることのリストを作ってほしいといったことを伝えています。

いかに嫌われるのか、こんな人には来て欲しくないといったものを明確にすれば、自分がどんなことを考え取り組んでいけばいいのかといった選択が逆にできるようになってきますのでお勧めです。

 

 

まとめ

 

自分自身を良い人でまとめようと思えば思うほど、ビジネスがうまくいかなくなると思います。

また人生の中でも疲れることが増えてくると思うので、今の自分らしさというものを発揮するためには、我慢しないことが必要であったり、人から嫌われるといったことを考えてビジネスをすることであったり、発言をするといったことを考えても良いのではないかと僕は思います。

僕自身人に合わせた生き方で、生きづらい時間を過ごしていたのですが、自分の考え方ややっていることを嫌われてもいいので発信することにしたことによって、自分の本来の考えや思っていることを伝えることによって、自分に共感してくれる人が出てきたのも嬉しい発見でした。

こんな自分に対しても共感してくれると言ったことを知ることができれば、今よりもビジネスや人生が楽しくなってくると思いますので、ぜひやっていただきたいです。

 

良い人を卒業することによって、本来の自分らしさを発揮することができる人生やビジネスを展開できる。

良い人を演じるのは疲れるので、自分の本当の考えや思いを伝えていくことをSNSなどを通じてやっていくこともオススメ。

自分を守る人生ではなくもっと攻める人生を歩むことも大事。

 

 

以上の3つのポイントを含め今回お伝えしてきた内容をビジネスや人生のヒントにしていただけると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.