田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

SNS時代のビジネスのあり方!ビジネスの必須アイテムへ

投稿日:

今回SNS時代のビジネスのあり方についてお伝えしていこうと思います。ビジネスをしていく上ではもはやSNSをやらなくてはいけないような流れとなっています。

SNSが必須のアイテム変わっていると言う流れの中で、SNSをやっていないと言うのはもはやビジネスをやっている人にとってみれば致命的なことになります。今はSNSを検索して、自分が欲しい情報と言うものを探すような時代です。

SNSで発信をしていなければ、検索に引っかかることもなく存在がないのと同じ状態になるため、ビジネスチャンスと言うものを失いかねないです。

だからこそSNS時代のビジネスのあり方について考える必要があると思いますので、今回そのビジネスのあり方についてお伝えしていこうと思いますので楽しみにしてください。

 

 

SNSをやっていないことが致命傷になる

 

先ほどもお伝えしたようにSNSをやっていないと言うことがビジネスでは致命傷になっていきます。ビジネスはまずは存在を知らない人たちへ認知してもらうことが必要になります。

認知してもらうためには、認知するための取り組みが必要になり、それが今までと言うのはテレビ、CMであったり、チラシやポスティングといったアナログ的な方法になっていたと思います。

また近年ではインターネットの広告を使った、GoogleやYahoo!といったリスティング広告を行い、認知活動を行うことが多かったと思います。今はSNS時代と言うことで、SNSを使い認知活動をやっていかなければいけないと言うことです。今多くの人がSNSを活用しています。

若い女性に人気のInstagramであったり、ビジネスツールでは今や名刺代わりとなっているFacebookであったり、自分の取り組みを発信するTwitterであったり、自分の考え方やノウハウを伝えていくブログであったり、様々なSNSを活用して自己表現をしたり、認知活動をするといった取り組みがあります。

SNSをやっていなければ認知しなかったと言う人も僕の周りでも多いですし、実際今僕がつながっている人の多くは、インターネットやSNSを通してつながった人がほとんどです。

もちろんインターネットだけではなくてリアルで会うことによってさらに付き合いが深くなると言うような流れにはなると思うのですが、発見する段階ではSNSを活用したり、インターネットを活用するということが今や主流になっていると思います。

認知し発見する流れがあるのがSNSと言うことで、SNSをやっていないと言う事はビジネスでは致命傷になるということがわかっていただけたと思います。

もちろんビジネスのジャンルによってはSNSを使わずにアナログ的な集客をやっていく方が認知活動としては良い場合がありますが、そうは言っても今後はSNSを活用すると言う流れは止められないと思います。

 

 

SNSはビジネスの鉄板!

 

SNSはビジネスの鉄板と言うことで考えなければ、今後認知活動を含めてビジネスで集客をしたり売り上げつなげていくと言うことが難しくなると思います。

気づいたときには時既に遅しという状態にならないためにも、今からSNSを活用して認知活動をしていき、自社のホームページへの誘導であったり、フォロワーを増やすなどの影響力を持っていく必要があると思います。

SNSと言うのは1日の流れがとても早いです。SNSに限らずインターネットの中でビジネスを行うと言うのは、1日1日がとても勝負になってくると言うことです。今日できなかったことが明日にどれぐらい響くかと言うと、1日の遅れではなく1週間や2週間の遅れとなることがほとんどです。

これを1日2日3日と言うような形でSNSの取り組みを伸ばせば延ばすほど、ビジネスチャンスと言うものがどんどん失われていると言うことにも気づいていただきたいです。

僕はインターネットの中でビジネスをしていくと言うことを考えたときに、ビジネスのスピードを速くしていくことが重要だと思っています。

速さでとんでもなく差ができるからこそ、今考えていることをすぐに取り組めるような体制を整えるべきだと思いますし、毎日情報発信をしていくと言うことをやらなければいけない時代だとも思います。

自分がやっていなくてもライバルであったり、協業しそうな会社と言うものは、毎日情報発信していると思いますので、その時点で大きな差がついていると言うことも理解しなければいけないことだと思います。

日々刻々とビジネスチャンスを失っていると言うことを感じられれば、今すぐにSNSをやらなければ致命傷になると言う事は、感じていただけると思います。

 

 

SNSを見て検索をしている

 

冒頭でもお伝えしたように今はSNSを見て検索をしている時代です。僕が起業した当時は、GoogleやYahoo!といった検索を使ってリサーチをしたり何かを調べると言うことが多かったです。今のSNS時代と言うのは、SNSを使って検索をしていることが多いですし、SNSの情報から検索をしていくと言う流れが生まれています。

逆にSNSをしていなければSNSで検索している人には認知してもらえないと言うことになるため、SNSをやっていないと言うだけで、1日の中でどれだけ損をしているかと言うことにも気づいていただきたいです。

僕は多くの人にSNSをトータルでやった方が良いと言うふうにお伝えしています。自分自身トータルメディアと言うことを謳って、その中でビジネスをしているのですが、多くのメディアを使うことによって認知が広がり、そこから集客や売り上げにつながることが増えています。

トータルメディアでビジネスを行わなければ、いろいろなところから認知をしてもらう事は難しかったと思いますし、ど田舎でビジネスをやると言うこともできなかったと思います。街と違って田舎と言うのは人がいないというのが問題として出てきます。

街にお店を作ればそれだけで人が来るというのがあるのですが、田舎にお店を作っても来る人数と言うのは本当に限られるので、きちんとマーケティングを行っていかなければビジネスがすぐに終わる状態になってしまいます。

だからこそ、インターネットを使うと言うことが重要になり、さらにSNS時代で言うならSNSを使うことがもっと重要だと言うことです。クライアントでもSNSを使ってもらうことによって認知が広がり、問い合わせや相談が増えたり、店舗への来店数も増えています。

結局SNSをやっているのかやっていないのかの違いにもなってきますし、どんな情報でもいいので発信していないよりは発信している方がマシだと言うことも知っておかなければいけません。

どんなお店なのか、どんな商品があるのか、どんなサービスがあるのかと言うことをSNSで発信していないとSNS検索で引っかかることもなく、SNSで情報を探しているユーザーにとってみれば存在がないと言う状態になり、集客をすることも難しいですし、売り上げつながっていくと言うこともないと思いますので、SNSと言うものをやってSNSの検索に仕掛けると言うマーケティングもやっていかなければならないと言うことです。

 

 

SNSは信用を積み上げる

 

SNSは認知するだけではなく、SNSを使って信用を積み上げると言うこともできます。今ビジネスの世界では信用経済と言う言葉が使われています。信用を生み出していくためにはSNSを使わなければ、信用を上げていく取り組みと言うものがやりづらいというのが今の時代だと思います。

なので先ほどもお伝えしたように、SNSをやっていないと言う事は検索に引っかからないだけではなく、信用と言うものを生み出していくことができないので、ビジネスを長期的にやっていくためには、かなりの致命傷となるのはわかっていただけると思います。

SNSと言うのはどういった信用を積み上げることができるのかと言うと、SNSと言うのは距離感がとても近くなります。例えばクライアントの中でも、オフィシャルのSNSからお客さんが来たときにツイートした内容をオフィシャルのSNSで感謝の言葉とともにリツイートした場合にとても喜んでいただきました。

SNSと言うのは距離感が近くなると言うことをお伝えしましたが、SNSの本来の役割と言うのはコミニケーションツールだということです。SNSのフォロワーが多いと言うことも重要だと思いますが、それ以上にSNSのフォロワーとの距離感が重要になったり、コミニケーションがどれぐらい取れているのかと言うことの方が重要視されている時代になっています。

SNSで信用を積み上げることができないと言うのは、要はSNSでコミニケーションを取れていないことになり、さらに言うならフォロワーさんとの距離感が遠いと言う形になってしまうため、フォロワーさんとの距離感を縮めるための政策であったり、コミニケーションが取れるような仕組みと言うものを考えてSNSの運用していくことが重要になると思います。

自分がされて嬉しいことをまさにビジネスでできるかどうかと言うことがSNSでも重要になってくるので、どうやったら人の信用を積み上げていくことができるのかを考え取り組むことが重要なのだと思います。

 

 

まとめ

 

SNS時代のビジネスのあり方についてお伝えしてきましたが、SNSはもはや必須のツールだと言うことを感じていただけたと思います。SNSをやっていないと言う事は、もはや存在がないと言うことになり、SNSをやっていく上ではSNSを見ているユーザーとの距離感を考え、信用を積み上げていくための取り組みと言うものをやっていかなければならないと言うことです。

信用を積み上げることによって自社や商品のファンになってくれることにつながり、そこからビジネスがスケールアップしていくような流れを作ることが出来るのもSNS時代のビジネスのあり方なのだと思います。

 

SNS時代だからこそSNSを活用し認知活動を積極的に行うことが必要である。

SNSは人が使っていると言うことを根本として覚えておく必要があり、SNSを通してコミュニケーションをとっていき心を積み上げることが重要。

SNS時代のビジネスのあり方は、SNSと言うものを通して人との関係を築いていくことがどのビジネスでも必要になってきていると言うことである。

 

 

以上の3つのポイントを通して、SNS時代のビジネスのあり方について、少しでもヒントになれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.