田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

書くことを仕事にする【これからの時代は発信力】

投稿日:

書くことを仕事にすることができる時代になっているからこそ、逆に書くことをしなければ仕事につながっていかないような状況にもなっています。

以前であれば書くことを避けてもよかったのですが、今の時代というのはSNSで情報を受け取ったり、検索から情報を探しているようになっているので、情報発信をしなくても良い時代から、情報発信をしなければいけない時代になっていると思います。

だからこそ書くことを仕事にすることが重要であり、書くことができなければ自分のビジネスをスケールしていることが難しかったり、自分を含めて、会社や商品の影響を持っていくことも難しくなってきます。

やらなければいけないこととして書くことを仕事にする覚悟を持って取り組んでいくことが重要になるといった考え方や方法についてお伝えしていこうと思いますので、まだ情報発信に力を入れていないという方は、最後までご覧いただけるとヒントもたくさんあると思います。

 

書くことが必要な理由

 

冒頭では触れたように、今は情報を多くの人が受け取るような時代になっています。以前はテレビや雑誌、新聞等によって情報を受け取っていた人たちも、今は自分たちから積極的に情報を受け取るようにしています。

情報を受け取るようにしていると言うのは、自分が自らSNSで検索をしたり、Googleなどの検索エンジンを使って情報を求めているということです。

他にも手軽にアプリなどから情報を受け取ることもできるようになっていたり、友人や起業仲間たちも情報を発信したり、コミュニケーションがとれるツールというものがある中では、必要以上に情報をとっているような時代になっているともいえます。

だからこそ自分自身が書くことをしなければいけないと思いますし、書くことをやらなければ、いつまでも自分と言う存在を認知してもらうことができ、また自分がどんなことをやっているのか分からないので、ビジネスチャンスも行っていくような状況につながっていくと思います。

これからの時代のことを考えれば、真剣に書くということを考えなければいけないと思いますし、書くことを仕事の1部として考えていかなければ、時代に取り残された状態となり、ビジネスチャンスを失うだけではなく、自分自身のビジネスが後退していくような状況にもつながっていくと言う事です。

今はそれぐらい書くことが重要になっていますし、書くことによってチャンスを広げている経営者の方や起業家が増えています。

実際僕も田舎に住んでいる中では、情報発信をする事を中心とし、毎日書くということを仕事にしています。書くことを仕事にしていることによって、田舎にいても仕事を得られるチャンスというものが増えています。

自分のビジネスがスケールしていく状態にはつながっています。書く事はやらなければいけないこととして認識することが大事だと思います。

 

手軽に始められるTwitter

 

今書くことが苦手だと思っている人やこれから情報発信をしていこうと考えている人は、まず手軽に始められるTwitterから始めてみるのもいいと思います。

Twitterと言うのは140文字で情報を伝えていくものであり、書く量をコンパクトに伝えていくことができるので、伝える力も伸ばしていくことができるツールになります。

Twitterを本格的に始めて、自分自身のビジネスを伸ばしていくことができるようになった人もたくさん見ています。

Twitterと言うのは手軽に情報発信ができるだけではなく、影響を持つことができるツールにもなるので、自分自身の考えていることを日々情報発信するためにも、自分がどんなことを考えているのかまとめて書いていく中で、人に伝えたいことをまとめて発信していけるような状況を生み出していくことをお勧めします。

Twitterと言うのはコミニケーションツールでもあり、Twitterを通じて情報を探している方も多いです。Twitterと言うのはコミニケーションツールではなく、今はニュース性の高いツールとなっているので、Twitterを通じて自分の求めている情報を探している方もいると言うことです。

そういった情報を探しているツールの中で、自分自身の情報発信をしていく上では、毎日Twitterを通じて書くことをし、その書いた情報を見て、フォロワーが増えたり、内容に興味を持ってくれる人がいて、そこから仕事につながっていくといったこともあるので、毎日Twitterを使って書くことを仕事にすることをおすすめします。

毎日書くことによって、書くと言う敷居が低くなってくることもあるので、また時間がないという言い訳をする人もいると思うのですが、仕事として捉えれば優先度が高くなると思うので、書くことをまず仕事にするように考えてみてください。

 

ブログを書くこと

 

次に書くことを仕事にするまでは、僕自身は1番やってほしいことでもあるのがブログを書くと言うことです。ブログを書くことを仕事にしていただきたいというのが1番伝えたいことです。

というのは僕自身もブログを書くことによって、仕事の案件というものを獲得できている状態になっているのもあるのですが、ブログを書き続けることによって信用を生み出していくこともできますし、実際自分が考えていることや取り組んでいることを整理していくこともできます。

普段自分がどんなことを考えて、どんなことをやっているのかを書くことにはよって、自分の考えや取り組みを認知してもらえるきっかけにもつながりますし、自分の考え方に共感をしてくれる人が増えてくるのもありがたい効果です。

ブログを書くということが、書いているからこそわかるのですが、自分の仕事を進めていく上では、とても重要なツールになっていますし、毎日ブログを書くことによって、新しい人たちに認知してもらうことができるのはもちろんのこと、今いるお客さんであったり、お客さんになろうとしている人たちにも影響を与えていくことができるというのは痛感しています。

実際自分自身が何か商品やサービスを購入しようと思ったときには、ブログをやっている人から何か購入をしようと思います。

それはなぜ購入しようと思うのかというとその人の考え方や取り組みに共感をすることができて、自分自身が納得して購入することができるからです。

 

書くことが仕事になる!

 

今の時代というのは情報過多の時代だからこそ、情報を受け取る人たちに対して、自分たちが情報を発信し、受け取る人に対してメリットがあることを伝えていかなければいけません。

何よりも自分自身が書くことを仕事にしていくことが重要であり、書くことが仕事になる時代でもあると言うことです。

僕は起業して14年目になるのですが、14年前と言うのはまだまだ情報発信をしている人も少なく、書くということを仕事にしている人たちも少なかったです。

ただ今の時代になって思う事は、昔から情報発信をすることであったり、書くことを仕事にしてきている人たちは、今とても影響を受けていて、それがこれまで以上にビジネスとしてスケールしているような状況になっています。

先行者利益と言うのはもちろんあると思うのですが、自分自身が書くことを始めることによって、まだ誰も書くことを仕事にしていない時からやり続けているという事は、誰もができることではなく、やり続けているからこその成果だと思います。

書くことが苦手な人もいると思うのですが、僕も最初の頃は書くことがとても苦手でした。また自分が書いたことが人に共感を得てもらえるのかどうかというよりも、書いたことによってどのような批判を受けるのかと言う恐怖の方が大きかったです。

ただ今情報を発信し続ける中では、自分が書いた事によって、そこからつながりを持つこともできるようになりましたし、多少なりとも自分の書いたことに共感をしてくれて、そこから多くの人と関われるようになってきたのも事実としてあります。

書くことが仕事になる時代だからこそ、自分の考えや取り組みを書くことを積極的にしていくべきだと思いますし、書くことを仕事の1部として取り入れていち早く行動した人が恩恵を受けると思います。

 

まとめ

 

書くことが仕事になる時代ということをお伝えしてきたのですが、ほんとに今書くことができる人とできない人の差が生まれてきています。

情報発信をできる人は積極的に情報発信を行い、自分の書いた情報を見てくれてそこからビジネスが伸びていっていますし、逆に書くことができないという人は、集客や売り上げにつなげていくことが難しい状態となって、ビジネスが後退していくような状況にもなっています。

だからこそ伝えたい事は書くと言うことがいかに重要であるかと言うことです。書くことを仕事にしていただきたいですし、書くことによって仕事がうまくいく可能性もあると知っていただきたいです。

書く事自体は今SNSであったり、ブログなどを通じて取り組んでいくことができますし、そこにコストと言うのはかかりません。かかるのは自分自身がどれぐらい時間を使えるかという事だけです。

覚悟を持って取り組むことができるのであれば、情報発信に力を入れていただき、書くということを仕事にするように考えてみてください。

 

書くことが仕事になる時代だからこそ、書くことを積極的にやるべきである。

自分の考えや取り組みを書くことによって認知させることができるとは、思っている以上にメリットがあることである。

人に伝えていくことがインターネットを通じて、たくさんの人に同時に伝えていくことができる事は、とてつもないメリットになり、自分の分身を作ることができる方法でもある。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えしてきた内容を今後のビジネスのヒントにしていただき、書くと言うことを考え行動していただけるきっかけにつながると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.