田舎で起業して14年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

仕事は自分でつくるもの。受け身ではなく攻めの姿勢を!

更新日:

これまでにも何度かお伝えをさせて頂いていますが、仕事って待っていても来ないので、受け身ではなく自分から仕事を取りにいかなければなりません。起業して思っていることは、守りも大切ですが、攻めもすごく重要なことだと思います。

仕事って恐ろしいほど来ないんですよね。自分で仕事を作っていかなければ、起業したばかりの頃は仕事がなくて困ることが多いです。最近は、ココナラやタイムチケット、SOHOサイト、外注サイトなど利用して仕事を受け取ることもできますが、それは基本下請けの存在でしかないので、いつもでも単価の低い仕事にしかなりません。僕も起業したばかりの頃は、外注サイトを利用をして仕事を受けていましたが、下請けではなく元請けになる必要があります。さらに元請けから仕事を作り発注する側になれば、さらに起業家としてうまくいくようになると思います。

 

仕事を待っていても来なかった日々

 

起業したばかりの頃ですが、仕事って待っていればくるんだと本気で思っていました(笑)ブログを書いても、メルマガを書いても、読んでくれるものだと思っていましたし、簡単に仕事を依頼してくると思っていたのですが、そんな自身はすぐに崩れ去って行きました。恐ろしいぐらい仕事がなくて、仕事をするよりも作業をすることが多かったです。作業といったらブログを書いたり、メルマガを書いたり、SNSを更新したりしましたが、仕事は来なかったです。

そもそもとして、どこの誰か湧かない人へ仕事の依頼なんて入るはずないし、仕事をお願いしてもちゃんと仕事をしてもらえるか不安ですよね。情報発信をただしているだけというのは、自分の存在を知ってもらえるかいにはなっていないということです。

仕事を依頼されない原因としては、どこの誰かわからない人ということなので、自分がどこに住んでいて、何をしているのかがわかるように、まずやったことは、

 

🔵本名で情報発信をする

🔵住所を出す

🔵顔写真を出す

 

この3つをまずは最初にやりました。それまでは匿名でやっていましたので、信用性もなかったと思います。覚悟を決めて出すことで、安心感を出していきました。。最初はものすごく怖かったですが(苦笑)

 

出し惜しみをしない

 

仕事を受ける上で大切なのは、出し惜しみをしないということです。出し惜しみをしてもなんか隠している感が出て、「せこい」感じがします。これは良い意味で自分を成長させるためにも出し惜しみせずに出し切っていく方がいいと思います。

その方が信用もされますし、もっとこの人とから聞きたいと思ってもらえます。全部出し切っても仕事をお願いしたいと思われなければ、もっと自分を成長させるべきですし、実践してノウハウをつくる必要があります。商品やサービスを研ぎ澄ます必要があります。無料で全部出し切って「聞きたい」「知りたい」「欲しい」と思ってもらえることが大事ですね。

出し惜しみをしないと決めてから、ブログでもメルマガでもリアルでも出し切るようにしてから、自分が成長でき始めましたし、必要としてくれる人が増えました。そのおかげで仕事も入るようになってきました。

 

仕事を受注するためには攻めるべし

 

仕事を取るために営業をすることは必要かどうかといえば、僕はそこまで必要はないと思っています。もちろん会社の規模や業種によっては必要かもしれませんが、基本は「欲しい」と思ってもらうことが一番大事です。

受注するために攻めることは必要ですが、攻めというのは「認知してもらう」ことの攻めです。自分がどういった仕事をしているのか、何をしているのか、どんな実績があるのか、ノウハウがあるのか、商品を持っているのか、サービスを持っているのかが重要になるということですね。

実際あなたが商品やサービスを購入するときには、何を基準にしているかですね。そして仕事を依頼する場合には、何を持って依頼をするのかだと思います。基本的には「信用力」があるかどうかだと思いますし、「信用があり、信頼できる人」へお願いをすると思います。

 

🔵信用とは、信じている存在

🔵信頼とは、信用し頼っている存在

 

信用から信頼へ。移行ができるような存在になっていく必要がありますね。とある企業の仕事を受けていますが、信用はしていますが信頼はしていません(苦笑)人を大事にしていないというのは、信頼できないということですよね。

受注するためには、仕事の実績も出していかないといけないし、自分のことを知ってもらわないといけないということですね。全てはそこからだと思います。

 

まとめ

 

仕事を受注するためには、攻めの姿勢が大事だということですね。信用され信頼される存在になっていき、仕事を安心して任せられる、お願いしたくなる存在になっていくことは大事だと思います。

成功している人たちは、影で相当努力をしています。見せていないだけです。多分ですが、誰よりも働いています。仕事が取れない、、、とかいっていないです。全て自分の責任と考えて、自分が誰よりも行動をしています。見えない部分ではありますが、ぜひ知ってほしい一面でもあります。

 

仕事を受注するためには全てを出し切る(情報すべて)

出し惜しみをせずに、自分を成長させていくこと

信用され信頼される存在になるためには行動あるのみ

 

以上の3つのポイントを意識してみてください。仕事の依頼がたくさん来るように願っています。最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2022 All Rights Reserved.