田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

考えることの重要性【日常から学ぶビジネス思考】

投稿日:

ビジネスでは常に考えることが重要になってきます。考えることができる人がビジネスを続けていていくと思いますし、考えなければビジネスと言うのはあっという間に時代とともに飲み込まれていくものだと思います。僕が特に重要にしている事は日常の中からビジネスを学ぶ思考を身に付けることです。

何か特別なことでビジネスを学ぶ道も必要ですが、そうではなく普段の中からビジネスを学ぶと言うことができることも知っていただきたいですし、その中で考える力をつけることも十分に可能だと言うことを今回お伝えしていこうと思っています。

考えることができればビジネスチャンスを誰よりも掴むことができると思いますし、考える癖がついていると言う人は、ビジネスにおいていろいろな場面で自分のビジネスへとつなげていくことができるビジネスマンになっていけると思います。

アイディアマンと言うような人たちがなぜアイディアがいろいろ思いつくかと言うと、常に考えることをやっていたりと考える材料を普段から意識していることからアイデアマンと言われることが多いと思いますので、その源泉となる考え方について今回お伝えしていこうと思いますので楽しみにしてください。

 

 

自分の行動を振り返る

 

僕が1番シンプルで考え方が身に付く方法は、自分の行動を振り返ると言うことだと思います。自分の行動を振り返ることがどのようなビジネス思考を高めることにつながるかと言うと、僕自身は自分の行動を1日1日振り返るようにしています。

これはなぜ振り返るかと言うと、自分が行ってきた行動と言うものは、その行動の中には感情であったり、自分が何か行動するきっかけがあったからです。例えば何か商品を買うと言うことに至った場合は、なぜその商品を買おうと思ったのかということを考えると様々な要因がわかってきます。

この自分が普段から消費しているものをなぜ買おうと思ったのかということを考えるきっかけになりますし、その考えたときに自分の行動を振り返ると言うことをやれば、自分が消費活動以外にもなぜその選択をしたのかと言うときの感情を知ることができるようになります。

自分が取ってきた行動を振り返ることによって、さらにその取って来た行動を分析していくことによって、ビジネスがどういう風に成り立っているのか、ビジネスのきっかけと言うものはこういった場所から生まれてくるのかと言うことがわかってきます。

わかってきたことを自社のビジネスに取り入れて、そのきっかけを作っていけば、今よりもビジネスがもっと成果を出せるものでつながったり、集客に悩んでいる場合は、自分自身が商品を買うまでの動機であったり、その場所へ行くことであったり、それぞれにヒントと言うものが隠されていると思いますので、ぜひ自分の行動を振り返ると言う癖をつけてその中から考える習慣を身に付けていただきたいです。

 

 

欲しいと思った時がチャンス!

 

るビジネスのヒントと言うのは日常に生まれてくるものだと思いますし、日常の中にヒントが隠されていると言う事は、先程の話からもわかっていただけると思いますが、僕はビジネスでは売り上げを上げていくと言うことや、集客をしていくことが何よりも課題になってくると思っています。

そのヒントになるのがまさに欲しいと思った時がチャンスだということです。自分がなぜその商品を欲しいと思ったのか、なぜそのサービスを利用しようと思ったのかと言うところにヒントがたくさんあるということです。またこのヒントを自分のビジネスの中に落とし込んでいくことによってビジネスチャンスを掴むことができようになります。

具体的に言うと僕は今年に入って一番良かった買い物と言うのは、Apple製品のイヤホンでした。このイヤホンをワイヤレス形に変えることによって、コードをつけなくても良いと言うストレスがなくなりました。

このコードをつけなくても良いと言うのは、意外にもストレスフリーになるということが感じられれたので、こういったちょっとしたことが自分の中でストレスになっていることも体感できましたし、イヤホンをつけるだけでスマホやパソコンと連動ができて人と会話をスムーズにすることができると言うのも、体感したからわかったことです。

もともとこのワイヤレス型のイヤホンを買おうと思ったきっかけは、口コミを見ていたこともあるのですが、やはり自分の生活環境の中でコードをスマホにつけると言うことや、パソコンへ接続するということが負担になっていたからです。

日々のストレスの中で、ちょっとしたことが快適になるだけで購入のきっかけになると言うことも理解できました。僕自身はストレスを感じる事は人より少ないと思うのですが、でも自分が気づいてないだけで、ストレスを感じていると言うことにも気づけたのは大きな気づきでした。

普段何気なくストレスを感じている者にチャンスがあると言うことを感じることができたので、こういったチャンスをいかに見つけていくかと言う事は、自分の生活の中にありふれているものなんだと気づけたのは大きなビジネスチャンスを掴むきっかけになると思っています。

 

 

感情が動いた時ほど考える

 

消費活動以外にも感情が動いたときにチャンスは訪れると思います。またこの感情が動いた時ほど考えると言うことをやっていただきたいです。不安や恐怖を感じた時、または人に対してイライラしたり怒りをぶつけるようなことがあったりすると思うのです。

こういった時に自分がなぜ感情が動いたのかと言うことを考える癖をつけると、自分自身のことを客観的に見ることができたり、客観的に物事を判断することができるようになります。この思考と言うものがビジネスでは大きなチャンスにつながります。

例えばすぐに人に対して怒りをぶつけると言う人は、多くの人にこの人は怒りをぶつける人だと言う形で距離を取られることが多いと思います。でも感情をぶつけずに客観的に判断ができて人に対して接することができる人と言うのは、人に悩むと言うことが少なくなると思います。

これは人間関係のストレスがなくなると言うことにつながってくると思うので、感情的に動くと言う事はやめたほうがいいと思います。また感情が動いたときに自分自身がなぜ感情が動いたのかと言うことを客観的に判断が出来るようになると、トラブルを避けることができるだけではなく、自分自身がなぜ感情が動いたのかと言うことを知ることができるため、それをビジネスへ生かすことができるようになってきます。

感情が動くと言うのは喜怒哀楽があるように、喜怒哀楽が起こったときに自分がなぜその感情が動いたのかと言うことを振り返るようにしてください。また振り返った中で分析をすることによってそれを自社ビジネスに生かすことができると思いますので、自社のビジネスに活かす方法の1つとして参考にしていただきたいです。

 

 

考える癖をつけること

 

こうやって日常の中から考える癖をつけることによって、ビジネスの思考を高める事はできてくると思います。本を読んだり、セミナーへ参加すると言うこともう一つのビジネス思考を高める方法だとは思うのですが、人間は習慣化されたものが今の自分を作っていると思います。

この習慣を作っていくと言う意味では、日常の中から考える癖をつけると言うことや、自分がやってきたことや行動したことなどを振り返り分析していくことによってビジネス思考を高めることの方が、より自分に合ったビジネス思考の高め方になると僕は思っています。

もともと僕はビジネスをしていたわけではなく、福祉の業界からビジネスの市場に入っていきました。業界が違えば考え方も違うと言うことで、福祉マインドからビジネスマインドへかえるためには、ビジネスのことを常に考えることをしなければいけないため、普段の日常の中からビジネスの事を当てはめて考える癖をつけていきました。

その結果今の自分になっていると思うので、自分のマインドを変えると言う意味でも日常の中から常にビジネスのことを意識して振り返り、分析していくようにしていくことが、一番簡単な方法なんだと思います。考える癖と言うのは1日や2日でできるものではありません。

考える力をつけるためには、何ヶ月も何年もやっていかなければいけないと言うことです。本を読んでも成果が出ないと言うのは、本を読むだけでは成果が出ないと言う事と一緒です。本を読んでそれを実際に行動し、さらに自分でその行動を分析していくことによって、本に書いてあることが理解できて、理解できたときに自分のビジネスで落とし込むことができると言うことです。

考える癖と言うのも毎日毎日考えていくことによって、それが癖になってきて当たり前になってくることによって、ビジネスに対して当たり前のようにアイディアが思いつくようになることが、これからの時代を生きる起業家にとってとても大切な考え方になると思います。

 

 

まとめ

 

考えることの重要性として、いかに日常の中でビジネス思考を高められるのか、その日常の中でビジネス思考を高めるためには毎日自分を振り返り、自分がやってきたことを分析していくことによって、ビジネスの重要な基盤となる考え方を身に付けられるのだと思います。

ビジネスの考え方が鍛えられれば、今やっているビジネスにも十分に活かしていくこともできると思いますし、これまで生かしきれてなかったことも生かせるようになってくると思います。それぐらい考えることの重要性と言うのは、僕は本当に大切なことなんだと思っています。

常に考えている人と、考えていない人とではビジネスの成果の差が出てくるのは当たり前だと思っていますし、それぐらいビジネスにのめり込んでいる状態だからこそ成果が出るのだと思います。ビジネスのことを好きになると言う当たり前のことなんですが、起業家にとってみればビジネスをどれぐらい好きになれるかが今後の活躍のポイントになってくると思います。

 

 

考える癖をつけるためには、1日や2日だけではなく長期的に考えると言うことを取り組み続けなければならない。

日常の中からビジネスのヒントを掴むことができるので、日常の中でどれぐらいビジネスのことを考えるかがポイントになる。

自分の感情を理解することがビジネスで最も重要なことである。その感情を理解しコントロールする力を身に付けることも一方では重要。

 

 

以上の3つのポイントを含め今回お伝えしてきた内容をこれからのビジネスに活かしていただけるヒントやきっかけになると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.