田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

一枚の紙にまとめる力を身につける【俯瞰力をつける】

投稿日:

ビジネスをする上では俯瞰力を身に付ける必要があります。俯瞰力を身に付けるためには今回お伝えをする1枚の紙にまとめる力を身に付けることが重要だと思います。1枚の紙にまとめる力と言うのは、自分自身が今どういった場所にいるのか、または自分自身が今どのような状態なのかなど、1枚の上で全体が見渡せるようになると言うことです。

また1枚の紙の上で全体を見渡せるようになることができれば、俯瞰する力も身に付いていくので、今回お伝えする内容を実践していただければ、ビジネスで今どんなことを取り組めば良いのか、またビジネスで今どんな悩みがあり、どう解決していけばいいのかと言うことなどもわかるようになると思います。

僕自身ビジネスがうまくいかなかったときには俯瞰する力がありませんでした。また俯瞰するためには1枚の紙に書き出すと言うことを知って、とにかく紙に書き出していくことをやっていく中で、自分自身がどうやって今の問題を解決していけばいいのかなどもわかるようになりましたので、悩みがあったりビジネスがうまくいかないと言う人は今回の内容を実践していただけると成果の出るきっかけにつながると思いますので楽しみにしてください。

 

 

頭の中を紙に書き出す

 

人間と言うのは面白いもので、頭の中でいろいろなことを悩みモヤモヤするような状態を作ってしまいます。頭の中で考えても何も解決しないですし、頭の中で考えている限りは常に悩みが頭の中でぐるぐるしているため、ストレスを感じ、いろいろなものが手につかなかったり、何か行動をしようと思ってもその悩みが解消されない限りは行動できないといった状態になってしまいます。

だからこそやって欲しい事は頭の中にあることを紙に書き出すと言う作業をやっていただきたいです。今自分がどういった悩みを抱えているのかということを知るためにも紙に書き出すことが必要です。

僕は悩みや今問題があるとすれば、それを全部紙に書き出すようにしています。この書き出す作業と言うのは紙1枚でなくても何枚も使ってもいいので、とにかく頭の中にある悩みや問題、解決したいことなどを出しきると言うことが重要です。

引き出しを思い出していただきたいのですが、服を入れようと思っても引き出しの中に服がいっぱいであれば服は入りません。逆に服を入れようと思えば引き出しの中を全部出すと言うことをやらなければいけないと言うことです。引き出しの中が空っぽになれば、どんなものでも入っていきます。

逆にどこに置くのかも選べたりするのですが、これは今自分の頭の中がいっぱいの状態になっているので、そこに何かを新しく入れると言うこともできないですし、いっぱいの中で行動しようとしているので余裕もなくなってきます。

頭の中を整理するためにも、今自分が抱えている悩みや問題などを紙に書き出すと言うことをやれば、これまで以上にいろいろなアイデアも思い浮かんだり、解決方法を見つけることが容易になります。

 

 

紙一枚にまとめれば俯瞰できる

 

先ほどのように1枚の上ではなく何枚の紙に自分の今抱えているものを全て書ききると言うことで、今どういったことが自分の頭の中にあるかがわかるようになります。さらに書き出した悩みを1枚の紙にまとめていくことができれば、今自分がどのような悩みを抱えているのかが俯瞰できるようになります。

また抱えている悩みひとつひとつに対して紙を用意し、紙の真ん中に悩みを書き込むことによって、その悩みがどうやったら解決できるのかを常に考えていくことができます。意外かもしれませんが視覚的に悩みを書き出すことによって、この悩みをどうやって解決すればいいのかと言うことがわかるようになってきます。

例えば僕の場合だと、この悩みに対しては自分が持っているツールを使って解決ができると言うものであったり、この悩みはこの人に聞くことによって解消することができるだと言うような解決方法を見つけることができるようになります。

僕はこうやって頭の中にある悩みを書き出し、その悩みひとつひとつに対して1枚の紙を用意し、真ん中に悩みを描き、その悩みをどうやって解決するかと言うことを考えれば、悩みに対して手段と言うものはたくさんあると言うことを理解できます。

そうやって1つの悩みを解決していく流れを作ることができるので、常に頭の中は悩みがなく、新しいビジネスに対してどのようなことができるのかと言う発想になっていくことで、自分のビジネスがうまくいく流れを作ることができるようになってきました。

とにかく頭の中にあることを全部出し切ると言うことが重要になってきますし、その出し切った悩みに対して視覚的に理解することによって、次の対処方法と言うものがわかったり、どのような解決手段があるのかと言うこともわかると言うことです。

1枚の紙の真ん中に悩みを書くだけでその悩みがどのように解決していけば良いかと言うことが俯瞰できる力があるのが人の脳だと思います。人間の脳をうまく使いこなすことができれば、普段のビジネスの中でも悩むことが少なくなったり、生活の中でも悩むことが少なくなることがありますので、ぜひ紙に書き出して俯瞰できる力を手に入れてください。

 

 

点で考えるよりも面で考える

 

人と言うのは点で考えてすべてのことを把握することがなかなかできません。点で考えるよりも面で考えることの方が人は得意だと言うことだと思います。

ビジネスの中では導線で考えることが重要だと言うこともお伝えしているのですが、全体を把握するためには導線も大事ですが、その導線を作っていくための地図と言うものを考えていかなければなりません。

その地図を作るためには面と言う考え方を持って取り組むことが必要だと思います。今の自分がやっていることがどのようなところにつながっていくのか、またはどのような結果につながっていくのかと言うことがわかっているのと、わかっていないのとでは大きな差が生まれてきます。

点で考えることができる人は、短期的なビジネスを生む事は得意かもしれませんが、長期的なビジネスの仕組みを作る事は苦手だと思います。

逆に面で考えられる人と言うのは、ビジネスを中長期で取り組むことが得意としていて、長くブランディングができる流れを作ることもできますし、ビジネスも継続的に取り組んでいくことができるので、よくある安定と言うようなビジネスモデルを作ることができると思います。

面で考えられるようなビジネスモデルを作ることができれば、今やっていることがどこにどうつながっていくかがわかるため、目の前のことに集中ができると思いますので、点で考えるようなことではなく面で考える思考習慣付けていただきたいです。

 

 

毎日一枚の紙にまとめる

 

こうやって毎日自分の頭の中にある悩みと言うものを1枚の紙にまとめていくことができれば、悩みと言うものがすぐに解消され、その解決手段と言うものも手に入れることができるので、日々悩みが消えていくような流れを作ることができます。

結局人間と言うのは悩みが頭の中に支配しているので、頭の中にあるモヤモヤがいつまでたっても解決できなければ、いつも集中ができないような状態であり、人間の脳を使いこなすことができず、ビジネスで成果が上がらないと言う状態へつながっていく恐れもありますので、日々の中で1枚の紙にまとめると言うことを習慣化していただきたいです。

習慣になるとそれ自体が当たり前になってくるので、最初の頃は紙1枚使って俯瞰できるような状態を作るようになるのですが、俯瞰できることが当たり前の状態になるので、今自分が抱えている悩みに対してどのような対処をしていけばいいのか、また解決手段はどのような方法があるのかをすぐに導き出すことができます。

僕はこのやり方をマインドマップと言うやり方で覚えました。マインドマップは自分の頭の中にあることをマップにしていくスキルになるのですが、逆に自分の頭の中にある悩みを書き出すことをブレインダンプと言うそうです。

ブレインダンプとマインドマップのスキルを手に入れることで、自分の悩みがすぐに解決できる力を手に入れることができ、またビジネスでも俯瞰できる力を身に付けることができるので、紙1枚に何万円も、何十万円もの価値を生むことができる力を身に付けることができると思います。

面倒かもしれませんが、毎日自分がどんなことがあったのかを1枚の紙にまとめていくことをやるだけで、俯瞰する力が手に入れることができ、自分の悩みが解決できる手段を手に入れることができると思うので、ぜひ毎日1枚の紙にまとめると言うことを習慣化していただきたいんです。

 

 

まとめ

 

ビジネスでも生活面でも悩みがなくなれば、今よりもストレスがなく充実した日々を送ることができると思いますか、そのためには俯瞰力を身に付ける必要があり、俯瞰力を身に付けるためには日々自分が悩んでいることを1枚の紙にまとめる力が必要になってきます。

力と言うと特別な何かをイメージするかもしれませんが、結局毎日習慣になっていることが重要だし、習慣の中から思考が生まれてくるので、自分の取り組みが将来大きな武器になっていくことも十分にあり得ますので、ぜひ紙1枚に書き出す力、紙1枚にまとめていく力と言うものを手に入れていっていただきたいです。

そのためには今自分の悩みを書き出すブレインダンプと言う方法を実践すること、自分の悩みや問題を俯瞰できるようにマインドマップの方法を取り入れ、全体を面でわかるような形で取り組むことが必要です。どちらも特別なものではなく、自分自身がやるかやらないかの世界になってくると思うのでより多く実践した人だけが、その力と言うものを身に付けられるのだと思います。

 

俯瞰力を手に入れるためには、自分の悩みや問題を紙に書き出し、紙1枚にまとめる力をつけることである。

俯瞰力を作ることで、普段の悩みや問題をすぐに解決できるような流れを作ることができる自分になれる。

毎日の中から習慣を作り出していくことで、習慣化させるような取り組みを今すぐにやるべきである。

 

以上の3つのポイントを含め今回お伝えしてきた内容を実践していただき、ビジネスや生活の中で悩んでいることが解消できるようなきっかけになると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.