田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

起業家は健康そして自分を経営すること【インフルエンザにかかった時の対処法とリスク】

投稿日:

起業家は体が資本というぐらい健康を第一に考えなくてはいけないと言われています。健康体であるからこそ、ビジネスが継続してできるし、大事な商談などにも常にパフォーマンスを発揮できる状態こそが大事になります。

冬場になれば風邪、特にインフルエンザが流行し、インフルエンザにかかることで高熱が出て何もできなくなり、人と会うことも難しくなります。今回僕自身起業家であり、インフルエンザにかかった時に対処が遅れてしまって長引いた経験から気を付けること、日頃から健康維持のための方法についてお伝えをしていきます。

 

ポイント

インフルエンザにかかってしまった場合の対処法

 

あまり言いたくありませんがインフルエンザにかかり仕事への支障が出たことがあります。インフルエンザになる前の兆候として咳が出ていたので、風邪と思って対処していました。

熱はなかったので咳止めを飲んでいつものように過ごしていたのですが、出張から帰った時に急に悪寒と高熱が出てバファリンとパブロンを飲んで布団の中で過ごしました。この時に水は少し飲んでいたのですが、水分を補給せずにひたすら寝てました。

布団の中に入っていても熱が下がることなく、悪寒と関節が痛くなってきて、頭というよりも脳がなんとなくフワフワするような感覚で、とにかく寝ること以外できませんでした。

2日目の夜に熱がさらに上がったので、これはまずいと思って病院へ行き診断をしてもらうとインフルエンザでした。インフルエンザということで処置をしてもらい、薬を飲んで数日ゆっくりしていたのですが、体の痛みや特に頭が重い感じが抜けきれず、仕事へのパフォーマンスがかなり悪い状態になっていました。

この時に感じたのは、「熱」で体が悲鳴を上げ、脳にも悪影響を与えてしまったと後悔をしました。コピーライティングの仕事をしているとコピーを書くまでのルーチンや集中力なども含めて「いつもの5〜7倍は感覚が違う」という違和感にもどかしさも感じました。

今回の経験からインフルエンザではなくても病院へ行って診断を早くにしてもらい、対処した方が良かったと感じています。

今はネットで情報を探せばなんでも出てきますが、その情報を鵜呑みにするよりも「専門機関」へ相談(診断)へ行くことは本当に大事だと思います。僕も1日目に違和感を感じたのでその時に病院へ行って処置してもらえばここまで脳に違和感を感じることはなかったと思っています。

後悔する前の対処は、ビジネスでいうところの「事前対策」であり「予防」の部分になると思いますので、自分の体を経営して行くためには、自分の状態を客観的に判断するためにも専門機関へ行くことをお勧めします。

 

ポイント

健康一の維持のための方法

 

インフルエンザに罹る前には習慣が崩れていたことを思い出したのですが、普段は睡眠にしても食事にしてもかなり気を付けていて、運動も行っていましたが、インフルエンザにかかる前の1〜2週間は仕事がかなり多忙になってきて、食事と睡眠と運動がバランスがかなり悪いというか最悪レベルまで達していたと感じています。

 

健康のためにも、

 

・睡眠は6〜8時間

・食事は自宅で。または1日1食。発酵物を食べる。

・筋トレや散歩を意識的に行う

・呼吸法、瞑想を毎日行う

・水を1〜2リットル飲む

 

上記のことをこまめにしていましたが、これらのほとんどが崩れていました。疲れも出てきてウイルスに対抗する力もなく、インフルエンザにかかってしまったと思いますし、疲れ果てている中でさらに最悪の対処をしたので今回の結果につながったんだと反省もしました。

健康というのは、1日や2日で行えるものではありません。毎日習慣化して取り組むことが大事になりますし、食事なんかは意識しているかどうかというのも大事になってきます。

仕事が溜まってくるとついつい夜更かしをしてしまいますが、朝早くに起きてから仕事を行うことや睡眠をしっかり取った方がパフォーマンスは上がります。

ビジネスの健康状態も同じことが言えると思います。ビジネスの血液はお金と言われています。お金がなくなると血流が悪くなるのでビジネスの健康状態が悪くなっていきます。そうすると病気も出て来るので次々に問題が発生してきます。

人間もビジネスも仕組みは一緒ということですね。その1番のもとになる自分自身がいかに健康体であるかどうかが起業家としてはとても重要になって来ることは間違い無いので、健康を維持するためにも日々健康を意識して過ごすことをお勧めします。僕もいつもの習慣を復活させて健康維持をしていきたいと思っています。

 

まとめ

 

ビジネスで最高の成果を出し続けるためにも自分の健康を第一に考えて過ごすことが、結果的にビジネスの場で最高のパフォーマンスを発揮できる状態へとつながって行くと思います。インフルエンザは気を付けてもかかることもありますので、かかった時にはなんらかの違和感を体が教えてくれるので、その信号をキャッチしてすぐに病院や専門機関へ行くことで、早めの対処で健康を維持していきましょう。

 

体は資本という起業家の当たり前を軽く見ずに、体の違和感こそがビジネスの違和感を感じることにもつながるので、違和感をキャッチできる起業家になること。

病気の時には早めに対処をして、1秒でも早く完全回復をさせる。対処が遅くなればなるほど完全回復までに時間がかかる。これはビジネスでも同じこと。

自分の体もビジネスも健康を維持するための習慣が大事です。

 

以上の3つのポイントを意識して、インフルエンザの対策や健康維持の参考にしていただけると助かります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.