田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

プレゼンテーションのコツ

投稿日:

ビジネスではプレゼンテーションのコツが分かっていると、自分のビジネスを伝えるときにはすごく役立ちます。プレゼンテーションのことを「プレゼン」と言ったりすることもありますが、1年の中で何度もプレゼンテーションを行う場面というのが出てくるので、そのコツを知っているかどうかで売り上げも大きく変わってきます。

プレゼンテーションとは、Wikipediaでは「プレゼンテーション とは、情報伝達手段の一種。聴衆に情報を提示して、理解を得るようにするための手段である。」と書かれてあります。理解を得るための手段ですから、理解を得やすくする、特にビジネスの場合では相手へメリットを提示しなければなりません。ビジネスの場面で通用するプレゼンテーションのコツについてお伝えしていきます。

 

ポイント

プレゼンテーションをどう構成するのか?

 

プレゼンテーションを行うときには、構成を考えてから資料を作成します。構成というのは、どんなことを話し、どんなメリットを感じてもらい、自社の商品やサービスを利用してもらうかということになりますが、構成次第ではプレゼンテーションも成功に終わるのか、失敗に終わるのか、どちらかに分かれます。

プレゼンテーションをする前の「ストーリー」を作って構成をしていくことが多いのですが、僕が構成するときには「相手の立場になって何を聞きたいのか」ということをフォーカスして構成を考えていきます。

これはセールスライティングをするときの考え方に似ているのですが、それに加えてストーリーを考えていきますので、映画を作るような感覚かもしれませんね。

プレゼンテーションでは、相手がワクワクする未来を見せて、その根拠を説明をして、さらにいますぐにやりたいと思ってもらえるような内容を考える必要が出てくるのですが、構成について具体的にお伝えすると次のような流れで構成を考えます。

 

ステップ1:結果を見せる

 

ステップ2:結果の根拠を伝える

 

ステップ3:事例を伝える

 

ステップ4:比較を伝える(例えば他のサービスとの違い)

 

ステップ5:未来を見せる

 

ステップ6:パッションを伝える

 

という6つのステップで構成を考えていきます。もちろん細かな部分を考え当てはめていかなければいけませんが、大きな枠としての構成は6つのステップで考えてプレゼンテーションの構成を考えていくと、相手が興味を持ってくれる流れを作ることができます。

 

ポイント

プレゼンテーションのコツ

 

プレゼンテーションのコツとは、プレゼンテーションを成功させるためのコツになりますので、重要になるのが「パブリックスピーキング」と「資料作成」の2つの要素が重要になってきます。

プレゼンテーションを成功させるコツは、パブリックスピーキングが特に重要になるので、大事なポイントになるのがプレゼンテーションの内容、それに関わる付随する情報をどれだけ知っているかということが大事になります。

資料作成はもちろん大事なのですが、資料を読み上げていくだけでは相手に熱意も伝わらないですし、何をどう言いたいのかも伝わらないです。だからこそ資料にはない細かな情報や質問をされたときに答えられる知識を身につけておく必要があります。

僕は、プレゼンテーションをするときには徹底的にリサーチをします。時代性はもちろんですが、これまでの既存の商品やサービスについて、プレゼンテーションをする相手の会社の情報も全てリサーチをしていき、そこからがスタートになるので、その上で資料作成をしていきます。

失敗するプレゼンテーションの方法は、自分の思いだけで相手の立場になって考えていない。相手の会社の理念に沿わないことを提案したって何も響かないどころか、悪意を感じることもあるかもしれません。

プレゼンテーションのコツは、何よりも重要になるリサーチを徹底的にできるかどうかにかかってくると思いますし、リサーチをすることで会社や市場のこと未来のことが理解できているかが分かってくるので、基礎ベースを身につけるためにはリサーチが一番早いし、絶対にやらなければいけないことなんだと思います。

どんなビジネスでもリサーチは当たり前のことなので、リサーチすらしない人がプレゼンテーションで相手に響くことを伝えられるわけがないと思います。

 

まとめ

 

プレゼンテーションのコツは、相手のことやこれからのことを徹底的にリサーチをすることが重要であり、その上でパブリックスピーキングや資料作成のスキルが重要になってきます。資料作成では、6つのステップを大枠の構成として考え、足りない部分を付け足してプレゼンテーション用の資料を作ることでプレゼンテーションが成功できる流れが出来上がると思います。

 

プレゼンテーションの構成は6つのステップに分かれていて、その6つのステップをもとにストーリーを考え資料を作成していく。

プレゼンテーションのコツは、成功するための準備をすることが大事で、その前提としてリサーチをして市場分析、会社、時代性などを見極めていく土台を作ることも重要。

プレゼンテーションのコツは、成功するための準備をすることが大事で、その前提としてリサーチをして市場分析、会社、時代性などを見極めていく土台を作ることも重要。

 

以上の3つのポイントを意識してプレゼンテーションのコツとして考えてみてください。それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.