田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

人生で関わってはいけない人の特徴

投稿日:

今回人生で関わってはいけない人の特徴についてお伝えしていこうと思います。人生で関わっていけない人の特徴と言うのは、自分が関わることによって、例えば時間が奪われていくことであったり、自分自身がネガティブな感情になってしまったり、自分にとってデメリットになるような存在のことを指しています。

人間には時間があるようでないのが現実です。毎日やらなければいけないことがあったり、達成していかなければいけない事というのが日々増えていくものですが、そういった中でどういった人と関わるかで人生の豊かさというものも変わってくるように思います。

人生で関わってはいけない人の特徴について知っているだけで、相手との距離感というものを保つことが出来るのもメリットだと思うので、仕事をやる上で自分の時間を大事にしたい人ほど、仕事で成果を出していきたい人は最後までご覧いただけるとうれしいです。

 

愚痴ばかりを言う人

 

周りに愚痴ばかり言う人がいるのであれば、そういった人とはすぐに離れることをおすすめします。愚痴を言う人は、自分自身で愚痴を言っていることに気づいていないことも多いです。

愚痴を言うことによって時間を奪われているといった事は考えていない人も多いです。愚痴を言うというのは、ときには必要な時もあるかもしれないですが、実際にはその時間というものはほとんど意味がないものになっていると思います。

実際に愚痴を言うことによって何か変わるかといえば、何も変わらないというのがリアルだと思います。僕も周りに愚痴を言う人がいたのですが、実際愚痴を聞いている時と言うのは、何も生み出さないような時間となり、時間がどんどん奪われていくといった感覚になってしまい、その人と距離を取るような状態を作ってしまいます。

リアルに愚痴を言うことによって何か生み出すものがあるのであれば良いのですが、結局どんどんマイナスなことを聞かされている状態になるので、自分自身のビジネスのモチベーションであったり、やる気であったり、そういったものが奪われていくような形になってしまいます。

本人は悪気がなくても、それを周りに対して悪い影響を与えてしまっているという事は、無意識でもやってはいけないことだと思います。

周りに愚痴を言う人がいるのであれば今すぐに距離を取るとかお勧めしますし、自分自身が愚痴を言ってしまっているのであれば、ときには吐き出す場も必要かもしれないです。

それが日常的に吐き出すような状況になっているのは、とても危険だと思います。少なくとも僕は愚痴を言う人と一緒にビジネスをやりたいとはあまり思わないです。

 

感情的になる人

 

僕の周りにも感情的になる人がいるのですが、感情的になることによって、その場はものすごく収まってるように思うかもしれないですが、実際に感情をぶつけられた相手と言うのは、その人に対してネガティブな感情を生み出してしまう要因になってしまいます。

感情を吐き出すことが大事だとも言われますが、それは自分にとっては良いかもしれないですが、相手にとってみれば感情のはけ口になっていると言うのは、とても苦痛な状況になっていると言うことを知らなければいけないと思います。

もちろん理不尽なことに対して感情を表していく事は大事になると思うのですが、ただ感情的になることによって、人としての器と言うものは問われてくると思いますし、ビジネス面で言えば感情的になる人ほど損をしていることの方が多いと思います。

私は感情のコントロールと言うものが、とても苦手で、誰よりも短気だと思っています。だからこそ自分の感情をコントロールすることを考えていますし、感情をあらわにして相手に伝えることと言うのは自分自身がされて嫌なことなのでやらないようにしています。

人と言うのは自分が1番かわいいからこそ、自分を守ろうとしてしまいます。自分を守るためには感情的になって相手を罵倒することであったり、相手に対して嫌なことを伝えていくような人もいるのです。

実際にそんなことをやっても何も伝わらないと言うことの方がほとんどで、だからこそ感情的にならないようにしたほうがいいと思いますし、感情的になる人とは距離を置くといったことを考えた方がいいと思います。

感情というのはあくまでも自分の主観であり、相手に対してあまり関係がないということです。時と場合にもよると思うのですが、それでも感情を出すというメリットはほとんどないような気がします。

 

できない理由ばかり言う人

 

仕事を進めていく中では、わからないことやできないことというものは、新しくチャレンジをするときには生まれてくると思います。

これは仕方がないことだと思うのですが、実際何か新しいことをやろうと思ったときには、それを乗り超えられるようなエネルギーが必要になってきます。

中にはできる理由を考えるよりも、できない理由ばかり言う人がいます。ほとんどの人ができない理由を考えてしまうと思うのですが、新しいことをやろうと思った時に、今の自分を変えていかなければ成長がありません。

成長がないと言う事は現状維持ではなく、そこから退化が始まっていくような状態になると言うことです。どんなことでも最初はできないことの方が多いと思うので、できないことをどうやったらできるようになるかを考えるのが大切だと思います。

多くの人は初めてやることと言うのは、できない理由を考えてしまいがちですが、できない理由をいちいち考えていても何も成長ないと言うことです。

これからやろうとすることに対して、どうやったらできるのかを本気で考えていかなければ成長がありません。だからこそできない理由を言う人とは距離を取らなければいけないと言うことです。

自分自身の成長の妨げになってくるばかりではなく、ビジネスがどんどんと後退していくような形になってしまう事もあるからです。

ビジネスをやっている人であれば、成長を考え取り組んでいる人がほとんどだと思うのですが、中には現状維持をしたくて、また自分自身が変化したくないといった考え方を持ってやっている人もいるので、それは無意識かもしれないですが相手に対してマイナスのエネルギーを与えてしまっていることになるため、自分自身も気をつけなければならないですが、できないという言葉はなるべく使わないようにして、できないと言う言葉を口癖にしている人とは離れてしまったほうがいいと思います。

 

相手の時間を奪う人

 

相手の時間を無意識に奪う人とは、距離を取るようにしたほうがいいと思います。時間というのは有限であり、とても大切なものであるからこそ、自分の時間を大事にするだけではなく、自分の関わる人たちの時間と言うものも大切にしていかなければいけません。

自分がこれまでも関わる中では、相手の時間をとにかく奪う人もたくさんいました。僕自身が仕事を進めていく中では、時間がない中でいろいろなことをやっています。

もちろんこれは僕だけではなくて仕事をしている人であったり、起業している人であったり、会社に勤めている人であったり、主婦の方もそうだと思います。

多くの人は時間がない中で1日やるべきことをやっているような状態になるからこそ、相手の時間を奪うと言う事は絶対にやってはいけないと言うことです。

それは1分でもそうだと思いますし、もっと言えば1秒でも奪う事は絶対に避けなければならないと思います。必要な時間を使ってもらう事は大事だと思うのですが、相手の時間を平気で奪う人と言うのは、自分主義の人が圧倒的に多いです。

要は自分の利益のためで動いているので、その流れの中で相手の時間を奪っていくようなことを平気でやってしまっているような状態になっていると思います。

利益のためにと言うことで話を進めることもあるのですが、実際にその利益になるような形になるまでの時間を使っていかなければならないため、そこには大きなコミュニケーションをとっていかなければ物事が進んでいかないと思います。

こういった利益重視の人と関わることによって、結局形になることも少ないことがわかっているので、自分主義や利益主義の人と仕事をしていくと言うのは、個人的にはあまり合わないように思っています。

ただこういったケースだけではなく、自分主導で話をしてくる人も同じようなことだと思うので、自分の時間だけではなく相手の時間を大切にできる人と関わり、相手の時間を平気で奪っていく人とは関わらないようにすることをおすすめします。

 

まとめ

 

人生で関わってはいけない人の特徴についてお伝えしてきたのですが、ビジネスを進めていると今回お伝えしている4つのポイントに当てはまるような人と関わる機会というのは、経験があるように思います。

この経験と言うものを活かしていくためにも、自分自身の中で教訓としビジネスを進めていくことが大事になると思いますし、何よりも自分が本当に関わらなければいけない人に対してどれだけ時間を使っていけるかが大事になると思います。

相手のことを考え、自分のことを最大限力が発揮できるような環境を作っていくことが大事になると思うので、ぜひ今回の内容を参考にしていただき、これからのビジネスを進めていく中で大切にしていただきたいと思っています。

 

関わっている人と関わらない人の見極める目を持つことも必要。

最初はどんな人と関わっていいかわからないからこそ、一つ一つの経験を大事にしていく。

どこにエネルギーを使うのか、どこに時間を使うのかがビジネスにおいても、人生においても大事なポイントになる。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えしてきた内容を今後のビジネスや人生のヒントにしていただけるとうれしいです。

 

最後に読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.