田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

自動集客をするためには広告を活用する

更新日:

起業したばかりのころは、どうやって集客をしていけばいいのかわかりませんでした。集客ってなんだ?ブログを書いていたら集客ってできるのではないか、メルマガって読者は自然に集まるんじゃないかということを思っていました。

地元で新聞折込を3000枚以上入れて、100人が入る会場を借り、セミナーの参加費も無料。どれぐらい人が来るのかワクワクしていたら、開始5分前になっても一人も参加者が来ず、時間になっても参加者が現れない。自分の思い込みで参加者がたくさん来ると予想していたけど、集客人数は「0人」でした。この時に集客の大切さを痛感しました。

集客は一番重要

 

起業したばかりの頃は、失敗ばかりで何をやってもうまくいかなかったです。集客もうまくいかないので、ビジネスは下降するばかり。これ以上下降することがないぐらいどん底に落ちたこともあります。

起業家や会社をやっている人の悩みは「集客」が一番多いです。僕自身も最初の頃は集客に悩んでいました。セミナーの集客が0人ということから学びを得て、集客ができる方法について学んでいったのですが、やればやるほど集客の方法は無限にあることを学び、

 

ブログ集客

メルマガ集客

SEO対策

SNS集客

広告集客

 

失敗をしてからは、これらを全部取り組んでいきました。全盛期ではブログを1日200個更新していたり、ホームページも1ヶ月で2つ立ち上げたり、ブログの記事を100個1日げ投稿したりと「根性論」でやっていたのですが、これはこれで面白い結果が出ました。1日に100記事をアップした時には、存在を知らない僕のブログに20000人以上の人がきてくれて、月のアクセセスも60万を超えたこともありました。

メルマガを力を入れてやっていた時には、1週間で3000人以上の人が読者登録をしてくれたこともあります。集客に悩んでいたからこそ集客ができる方法を毎日毎日取り組み続けていって、集客ができるようになってきました。

集客ができるとブランディングができる

 

集客ができてくると、全国からお問い合わせやサービスの申し込み、セミナーの参加者が集まるようになってきました。3000枚のチラシ(新聞折込)を巻いた時には一人も来なかったのに、ブランディングができる岡山の会場に北海道から、東京から、大阪から、京都から、香川から、九州からと全国から参加者が集まってくれました。

あの時の感動は今でも忘れません。セミナー集客ってブランディングができないと相当難しいです。ここ数年ブランディングをサボっていたので、集客が以前に比べて下降しているので、現在は性根を入れ替えてブランディングに力を入れているのはここだけの話です(笑)

コンサルティングも同じで、蒜山という小さな田舎町に全国から受けにきてくれる方も増えました。集客に悩んでいたのに、集客に困ることがなくなったのは本当に嬉しい結果です。

集客は誰にでもできる

 

集客は誰にでもできます。ただ、集客に困っているけど、集客を本気で取り組んでいる人はほとんどいません。集客ってものすごく泥臭いし、やることが多いから最近ではSNSを使った集客から一攫千金のような、魔法のような方法で集客ができると思われていますが、そんなことって全くないですから(苦笑)

 

毎日記事を更新する

毎日写真をアップする

毎日動画をアップする

 

といった当たり前のことを人一倍やっている人が、なんだかんだ結果を出しています。起業家で結果を出していないなら泥臭くやるべきだと僕は思います。こんなことを言っている「そんな当たり前のことを聞きたいのではなく、もっとテクニカルな話が聞きたい」と言われることもありますが、そんなことを言っているから結果が出ないんですよと伝えたいです。リアルはそんなに甘くありません。

集客に悩むのであれば、本気で泥臭く誰にも負けない量をこなして、集客に悩むなくなってから「楽に集客ができる方法を学ぶ」ことをお勧めします。

とはいっても集客も楽にしたい

 

集客は基本泥臭く、根性論で取り組むべきだと思います。ただ、集客をある程度自動化することもできます。それが広告で集客する手法です。広告は結果をいち早く出してくれます。結果というのは「売れる・売れない」という結果です。広告の種類も

 

グーグル広告

ヤフー広告

facebook広告

ツイッター広告

ライン広告

アマゾン広告

 

など、他にもたくさんの広告があります。メルマガ媒体で広告を個人で出されていたりお、ブログにバナー広告を募集している方もいますので、どんな広告があるのかは「●●(業界のキーワード)+広告募集」などので検索してみるといいと思います。

広告は結果が出るのが早く、最初は広告費で赤字になっても3ヶ月ほど検証をしていけば、ある程度反応がわかってくるので、うまくいく広告を伸ばしていけば、自動で集客が可能になってきます。

僕の場合は、グーグル広告、YouTube広告、facebook広告、ツイッター広告を利用して集客を行なっています。最初は赤字続きでしたが今では利益を生んでくれる集客ができています。

 

自動集客+既存の集客

 

これから組み合わせて取り組んでいくことをお勧めしますが、最初から集客ができるのではなく「PDCAサイクル」で検証をして修正をして繰り返して、結果的に自動集客が可能になってくるので、最初は大変だということを理解して取り組んでみてください。

まとめ

 

自動集客をするには、広告をPDCAサイクルで回していくことと、集客は楽ではなく大変だということです。誰もが悩むけど、誰もが本気で取り組んでいないからこそチャンスがあると思います。

泥臭く誰よりも量をこなした集客方法を取り組む

集客ができればブランディングができて売り上げが伸びる

自動集客は広告をPDCAサイクルで回すこと


以上の3つを集客するときのポイントにして取り組んでいただけると嬉しいです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.