田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

田舎で起業するメリット【田舎暮らし必見】

投稿日:

田舎で起業をして12年目になります。田舎で起業することは、ものすごいデメリットもありますが、メリットもあります。今回はそのメリットについてもお伝えができればと思いますが、最後までご覧いただけるとかなりお得な情報もありますので楽しみにしてください。

田舎で起業することで、本当によかったことは多々あるのですが、今回はその中でも3つのについてお伝えをしようと思います。

 

ポイント

田舎ぐらいの1番のメリット

 

田舎暮らしの一番のメリットと言えば「生活コストが安い」です。西野コンサルのテレビ番組の中でもホリエモンこと堀江さんも言っていましたが、田舎は生活コストが安くていいと思います。

生活コストが安いということは、家賃だと街に行けば10〜20万円って普通だと思います。田舎だと一軒家を借りても3〜5万円ほどで済みます。北海道の地方では家と庭付きでほぼ無料に近い形で提供されています。

田舎に行けば生活コストが安くて済むので都会のような荒んだ生活を送らなくてもいいと思いますし、庭で野菜を作ったり、花を作ったりすることも可のです。

田舎って虫も多いし、何か急に物が欲しくなっても買いにいけません。刺激が少ないと思いますが、それでもアマゾンや楽天などで商品が買えるので、意外に気にならないような時代にもなってきました。

田舎にいることで、生活が安定をして、競争社会ではなく、ネットでビジネスができるのであれば、結構田舎ってこれからは流行ってくると個人的には思っています。

最近ではベンチャー企業も田舎に本店を置いて、ビジネスをする方もかなり増えてきているので、今後は田舎を中心にしたビジネスが主流になってくると思います。

とにかく言いたいことは、一番は生活コストの半分を占める「家賃」がかなり安くなることを知っておいてください。場所によっては無料で住める場所もありますので、田舎で起業することもお勧めです。

 

ポイント

食事は最高にうまい

 

都会に行くとなんでもありますが、正直「高くてうまい」お店はあるのですが、「安くてうまい」お店は少ないです。それも安いと言っても町の値段ではなく、本当に安い感じで食事ができるところって少ないですね。

田舎のいいところの二つ目は、何と言っても野菜や魚、肉が安くてうまいところです。都会で食べる値段であれば、数十倍の量を安くて美味しく食べれます。例えば、僕の住んでいる場所では、青空市場という物があります。要は無人で野菜が置いてあってお金を箱に入れて持って買えるという昔ながらのシステムです。

とれたての野菜が、五十円とかで売っています。大根も一本大きい物が50〜100円で変えます。僕の場合は、自宅で野菜を作っているので、購入することはありませんし、野菜類はなんでも無料で手に入ります。なんでかというと近所で野菜を交換したりするからですw

また、魚も川に釣りに行ったりするので、鮎など街で食べると高級料亭で出てくるような天然鮎ですが、毎年いやというほど食べています。冷凍もしているのですが、クライアントなどへプレゼントするととても喜ばれます。

松茸や高茸なども山に入ったり、ワラビやゼンマイなども毎年食べ切れないぐらい採ってくるのですが、田舎って街で買うと高級な物がほぼ無料で手に入ります。

(※気をつけて欲しいのが、田舎に住んでいると観光客など、人の山や畑に入って山菜をとったりする方がいます。それは違法なのでやめましょうね!)

田舎にいるだけで美味しいものを安く、そして生活コストを下げて、都会にいる時よりも生活水準が上がると思います。

 

ポイント

3つ目のメリット

 

これはどんなビジネスをするかによって変わってきますが、遠方にいることで交流会やビジネスマッチング、商談なども「こんな遠方から」ということで、印象が残りやすくなります。

これは印象力を上げて覚えてもらうことができるので、これは田舎にいるメリットだと思いました(笑)

 

 

田舎にいることで3つのメリットがあることについてお伝えをしましたが、メリットというよりも人間らしい暮らしができると思います。最近はテクノロジーが進んでいるので、田舎でもビジネスをするのに困らないぐらいです。

実際僕は田舎に住んでいますし、田舎にいることで生活水準は上がっていると思います。自然に囲まれて、人のストレスもなくて、仕事ができていることに毎日感謝ばかりです。

 

田舎にいることで生活コストがやすく衣食住が楽しめる

人間関係のストレスがなくて、ビジネスに集中ができる

テクノロジーが進むことで田舎暮らしのニーズ高まる

以上3つのポイントを意識して取り組んでみてください。田舎暮らしも遠投してみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでくれた方におすすめの情報です。今「地域おこし協力隊」という物があります。行政からお金をもらいながら起業準備ができますので、田舎暮らしを検討されている方は、地域おこし協力隊の検討をしてもいいかもしれませんよ!詳しくは「地域おこし協力隊」で検索してくださいね。

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.