田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

いいねの時代はもうオワコン【SNSの新しい時代の幕開け】

投稿日:

2018年〜2019年はいいね!の時代になっていましたね。どれだけ、いいね!をもらえるかと言うことに力を入れて、その中でインスタ映えなどの言葉も流行りました。いいね!という第三者の反応に価値が出て、いいね!をもらうために四六時中考えに考え、投稿内容や映える写真を撮ったりとしていましたが、昨年からインスタグラムではいいね!がなくなり、第三者がいいねを確認できなくなりました。

それと同時にいいね!自体には価値がない本物のコンテンツを持った人が生き残る時代になったと思いますし、さらにこれから加速していいね!というよりはコンテンツ力があり、エンゲージメントの高い人が評価されていく時代になってくると思います。

 

ポイント

いいねを集めることに疲れた現代

 

僕の周りでもいいね!をしてくださいというメッセージが来たり、シェアをしてくださいというメッセージが来ていました。最近はそういったメッセージもなくなりましたが、2018年、2019年はどれだけいいね!をもらうか、拡散されるかということに拘っている方がものすごく多かったです。

いいねをもらうということは一つの第三者からの評価なので、その評価をもらうことで「インフルエンサー」と呼ばれる影響力がある人で簡単いいうとチヤホヤされる存在になれる時代でした。

いいね!をもらうための写真を撮ったりするだけでも、ものすごくお金をかけている人もいますし、実際友達やパーティーの様子などを撮るために、友達やパーティーのような雰囲気を扱ってくれるサービスを買って、本物ではない自分を表現してインスタグラムやfacebookなどへ投稿をして、「人気者だよ」という偽ブランディングをしている人も出てきました。

それだけ人気者になりたいという方やインフルエンサーという職業に憧れる人が出てきているということだと思います。最近ではユーチューバーがそういった存在になっていると思いますが、自己満足であれば良いと思いますが、ビジネスとして考えたときには、そもそもどこがゴールなのかは最初に決めなくてはいけません。

いいね!をもらうことがゴールではなく、その先にある売上や集客につなげることがビジネスであれば目的になると思いますので、目的を見失わずに取り組むことはものすごく重要です。

いいね!ばかりが注目を浴びて、そもそもなぜいいねを集めなければいけないのか、何のためにいいねをしてもらうのかという先を考えて取り組むことができていない時代だったからこそ、2020年からはいいねを集めるところからいいねを集めた先にあるものが求められていくと思います。

 

ポイント

信用(=ファン)を積み上げる時代へ

 

人へ頼んでいいね!をしてもらったり、いいね!などを購入して見せかけの数字だけを伸ばしても意味がない時代になってきています。インフルエンサーでもフォロワーを購入したり、数字だけでエンゲージメントが取れていないインフルエンサーはこれから淘汰されていくと思います。

インフルエンサーになるにしても、どのジャンルでどれだけの信用力があるのかということがこれからは重要になります。

フォロワーが1000人でも、この1000人はコアなファンであればものすごく価値があると思います。逆に1万人、10万人いても例えば何か投稿をしてもいいね!が100程しかつかないとなれば、コアなファンというのはいない見せかけだけの数字がいるアカウントになってしまいますので、ファンというのは信用と同じことだと思います。

ファンを集めるということは信用を積み上げていることと同じことなので、信用があればあなたが何か投稿をした時には圧倒的なエンゲージメントを獲得できると思いますので、信用を生み出すインフルエンサーになり、いいね!も数ではなく質を高めていくことが今後は重要になると思います。

信用を積み上げていくためには、自分がどんなことを発信しているのかを見直す必要があります。自己満足ではなく、ユーザー(=フォロワー)が求めている情報を発信することはもちろん、その中でエンターテイメントを提供していくことが重要になります。

そしてどこにでもあるものではなく、あなただからという価値を提供をしていくことも同時に必要になってきますので、「なぜ、あなたでなければいけないのか?」という理由がわかるとさらにファンがつきやすくなると思います。

ファンがつけば、フォロワーが増えますし、投稿のいいね!も質が高いものが生み出されていくと思いますので、必然的にコミュニケーションが図れていくと思います。

シンプルにお伝えすればいいね!やシェアというものを大事にするよりもエンゲージメントを大事にしてSNSの運用などをすれば、facebookがオワコンとかインスタグラムがオワコンなどの一過性で取り組んでいる人たちの影響を受けずに取り組めると思います。

 

まとめ

 

いいね!だけを集めて影響力がつくような時代はもう終焉を迎えようとしています。これからの時代はいいね!も数ではなく質も大事になってきますし、影響力があるというのも全般的な影響力というよりもジャンルに特化した、ある意味専門性を持ったインフルエンサーが活躍する時代になってくると思います。

本物だけが生き残る時代であり、コンテンツ力があるエンゲージメントの高い発信力がある人が、今後のSNSで信用を生み出すことができ、注目を集めていくと思いますので、誰でもできるようなものではなく、オリジナル性があるコモディティ化するためにも自分というものを知り、ビジネスをしていく時代になったと思います。

 

いいねを集めてもすでに影響力がなくなっているため、いいねではなくエンゲージメントを高めていくことに集中すべし。

本当の意味でのインフルエンサーは、ファンを作り信用を作り、ビジネスが安定している人のこと

これからの時代は、本物しか息の折れない時代になるからこそ、自分を高めていくことがより重要になってくる。

 

 

以上の3つのポイントを意識して、SNSの運用を心がけてみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.