田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

ひとり起業のメリットとデメリット

投稿日:

今回ひとり起業のメリットとデメリットについてお伝えしていこうと思っています。ひとり起業の良いところと言うのは、色々とあるのですが、僕個人ひとりで起業して、今もひとりで起業をしていると言うスタイルになっています。ひとり起業になると、やることが多くなってくるので、その辺をどのように工夫して取り組んでいくかが重要になってきますが、ひとりの方が気が楽だったり、ビジネスがうまくいくような形になる場合があります。

多くの場合は人間関係で疲れてしまい、会社組織のような形でやるとメンタルがやられていく人もいますが、実際にひとりで起業する場合と、会社経営をし従業員を雇っていると言う形とは大きく起業のスタイルが変わってくると思います。自分自身ひとり起業と言うものが合っていると感じているのですが、僕が起業して13年ひとり起業している中で、メリットについてやデメリットについて感じることがあるのでそれをお伝えしていこうと思います。

 

 

ひとり起業のメリット

 

ひとり起業のメリットとしては、スタッフなどを雇わなくていいので給料を支払うと言うことがないと言うことです。売り上げの規模によって変わってくると思うのですが、スタッフの給料を払うと言う事は固定費がかかってくると言うことです。

もちろんそこにはメリットもあればデメリットもあると思うのですが、ひとりで起業し、自分ができないことはアウトソーシングをすると言う形にも今はできると思うので、ひとりで起業してもそれほど困ることがないと言うのも今の起業のスタイルだと思います。

またひとりで起業した場合は、場所などに依存しなくても良くなるように、自分の好きな場所で仕事ができると言うのもメリットだと思います。いつでもどんな時でも時間を気にせずに、自分の好きな場所で働けると言うのは、ひとり起業のメリットだと思います。

もちろん今会社経営の中でリモートワークであったり、在宅ワークと言う形で進めている会社もあると思うのですが、そこにはマネージメントと言うものが関わってくるため、ひとり起業よりも労力を注がなければいけないと思います。

ひとりで自分が好きな時間に好きなことだけやっていれば良いというのがひとり起業の特徴でもあると思うのですが、僕はあまりコミュニケーションが得意ではないので、コミュニケーションをなるべく少なくしようと思えば、ひとり起業と言うものが自分には合っているように感じます。

もちろんお客様であったりクライアントやビジネスパートナーなどとはコミュニケーションを取ったりするのですが、必要以上にコミュニケーションを取らなくて良いと言うのはストレスがたまらない方法の1つだと思います。コミュニケーションが苦手な方と言うのはひとり起業が未来に向いているような気がします。

 

 

ひとり起業のデメリット

 

逆にひとり起業のデメリットとしては、ひとりで起業すると言うことになるのでビジネスのスケールをさせることに限界が出てきます。僕自身は起業してひとりでやっていますが、プロジェクトによっては複数のメンバーで取り組んでいます。

複数のメンバーで取り組むことによって自分ができないことを任せたり、自分の強みだけで勝負が出来るようなのも良いのですが、ただひとりと言うことになるので、自分がほんとにやってほしいことをすぐにやってもらおうと思えばスタッフがいると言うほうが絶対にいいと思います。

また常駐するスタッフがいることによって、自分ができない部分を任せたり、自分がいなくても回る仕組みを作れると言うのも、会社系のようなスタッフがいるところでしかできないこともあるので、ひとり起業のデメリットとしては、ひとりの限界があると言うことだと思います。

もちろんやり方によってはひとり起業のやり方で複数のビジネスパートナーを作ることによってビジネスをスケールアップさせることができると思いますが、それをやろうと思えばよほど自分に引き寄せられる魅力的な部分がなければいけないと思いますし、アウトソーシングやビジネスパートナーが優秀な人材でなければならないと思います。

そういった優秀な人材を獲得しようと思えば、やはり自分の実績だけではなくバックボーンがかなり必要になってくると個人的には考えています。ひとりでの起業のデメリットは、一番はビジネスのスケールをさせることができないと言うことだと思います。

もちろん細々した部分はあると思うのですが、1番にビジネスのスケールができないと言う部分がひとり起業のデメリットだと僕は考えています。会社組織だからこそビジネスをスケールさせることができるというのがあると思うので、どんな起業スタイルであり、会社にしていきたいのかと言う思いを持って、どのような形でビジネススタイルを作っていくのかを考えていかなくてはならないと思います。

 

 

ビジネスパートナーを増やす

 

ひとり起業をする場合には、僕が重要になると考えている点はビジネスパートナーを増やすと言うことです。ひとり起業のデメリットでもお伝えしたのですが、ひとりではビジネスに限界があると言うことです。

自分がいつまでも労働的なことをやっていても、ビジネスがスケールする事はないので、いかにビジネスパートナーやアウトソーシングをすることによってビジネスがスケールできるかと言うことを考えなくてはいけないです。そのためにはビジネスパートナーを増やしていくということが必須になってきます。

僕はまだまだビジネスパートナーの数というのは少ないです。というのは自分自身がまだそこまでマネージメントができる能力がないと思っているからなのですが、僕は自分自身成長していかなければならないと思っている点です。

自分がビジネスのスケールをどれぐらいまでさせるのかと言うことを考えていくと、今僕がビジネスパートナーとして一緒にやっている人は約10人ほどです。

これを多いと捉えるのか、少ないと考えるのかは人それぞれだと思うのですが、自分自身は今の状況が限界値だと思っています。ただこの10人のビジネスパートナーがより良くなってくれると言うことを考えれば、自分自身がまだまだできることがあると思っています。

できる部分で言うとどれだけ仕事を確保するのか、ビジネスを伸ばすためのアイディアであったり、仕組みをどのように考えるかなど、日々考え取り組む事は山のようにあります。ただ今いる、ビジネスパートナーであったり、アウトソーシングをしている所に仕事を任せようと思えば、自分自身が仕事を受注すると言う事は必須になってきます。

その受注する仕事の内容を考えていかなければならないことと、自社のサービスを構築していくことを考えてやっていかなければ、ビジネスは淘汰されていくと思うのでビジネスパートナーを増やすとともに自分のビジネスの成長を考え取り組んでいくことが同時に必要になってくると思っています。

 

 

規模感を間違えないようにする

 

ひとり起業をする場合は、僕はデメリットの所でもお伝えしたようにビジネスをスケールさせる事は、なかなか難しいと思っています。だからこそ考えていただきたい事は、規模感を間違えないようにすると言うことです。

ひとり起業がいいと言う場合は、ひとり起業をしていく規模感と言うものを考えていかなければなりません。これは僕自身間違ったことをやっていた経験があるのですが、ひとりの限界値と言うものを知らないため、仕事をとってきても仕事をこなすと言うことができませんでした。

仕事はあるのに仕事ができないと言う状況を作り出すことによって、クライアントに迷惑をかけると言うことも実際にありました。だからこそ自分ができる限界と言うものを考えなくてはいけないですし、自分が限界と言うことを知っているからこそ、先ほどもお伝えしたようなビジネスパートナーを増やしていくということが重要になってくるのだと思っています。

規模感を間違えることによって信用をしない、自分の信用失うことによってビジネスが停滞していくと言うこともありますので気をつけなければいけません。

今自分が起業しているのであれば、その起業のスタイルがどのような状態を目指しているのか、またその起業の規模と言うものをどこまで目指しているのか考えてビジネスをやらなければ、間違った方向へ行ってしまいます。

売り上げを伸ばしたいと言うことも考えていると思いますが、売り上げを伸ばすためにはビジネスをスケールさせていかなければなりません。そのビジネスをスケールさせるときには自分がどのような状態なのかと言うことも同時に考える必要があると思います。

自分ひとりでは無理だということが事前に分かるのであれば、ビジネスパートナーを増やすと言うことも同時にやっていかなければならないことだと思います。自分がどのようなビジネスにしていくのかと言うことを棚卸しするような形で書き出していくことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

ひとり起業のメリットやデメリットについてお伝えしてきましたが、起業をすると言うときには自分がどのような状態になりたいのか、またビジネスをどのような形でスケールさせていきたいのかを考えるということが重要になります。

ビジネススタイルと言うものが数多く存在しますし、ひとり起業と言うものは、ひとりだからこそのメリットがあると思いますし、同時にデメリットもあると思います。

だからこそひとり起業をすると言うことを考えている人は、ひとりで起業すると言う事だけではなく、ビジネスを長期的にどのような形で進めていきたいかも考えている方が、今どこに集中すべきで、これからどのような形で進めていけば良いのかと言うことも明確になってくると思います。

ただビジネスが思ったように進まないと言う事はあるので、そういった場合は臨機応変に対応が出来るような自分でなければならないと思います。どんなことにも対応ができるためには、自分がどれだけ先の事を考え、ビジネスをやる上でどれぐらいの余裕があるのかと言うことも重要になってくるので忘れないようにしてください。

 

 

ひとり起業のメリットとデメリットをよく理解し、起業と言うものを考えなければならない。

ひとり起業の限界と言うものがある限り、優秀なビジネスパートナーを作っていくことも考えていかなければならない。

ひとり起業の場合は自分を知ると言うことが重要になります。自分のことを知るためにもいちど自分の棚卸しをすることをお勧めします。

 

 

以上の3つのポイントを含め今回お伝えをしてきたひとり起業で考えなければいけないことについて、これから起業を考えている人のヒントになると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.