田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

俯瞰力はビジネスで重要なポイントになる

更新日:

俯瞰力というと仰々しい感じやイメージがあるかもしれませんが、ビジネスを進めていく中では俯瞰力がとても重要な力になることは間違いありません。全体のことを把握してビジネスができるかどうかというのは、とても大事なことになりますし、今目の前のことをやっていていも、この先どうなるのかが不安になってきます。

この不安要素を取り払うことができるのも俯瞰力があるおかげです。今目の前のことを全力で取り組めるのも俯瞰できる力がる人とそうでない人とでは、全力度が変わってきます。

先の見えないゴールに向けて走り続けることはできませんし、全力で走ってもいつたどり着くかわかならいゴールであれば、全力を出せないのも理解頂けると思います。俯瞰力というのは、今全力で走るべきなのか、今はマイペースに行くべきなのかも分かりますし、ゴールに向けた取り組みの順序などもわかるので、ビジネスをやるのであれば俯瞰力を身につけていくことが必要だと思います。

 

 

目の前のことを全力でやるばかりではダメ

 

俯瞰力がある人は、先ほどもお伝えしたようにどこで全力疾走すれば良いのかを理解しています。俯瞰力がない人は、目の前のことを全力でやるのですが、それがいつ終わるか分からないので、燃え尽き症候群のような形で、短期的にしか続かないような状態になっていることが多いです。

目の前のことを全力で取り組むということは大事なことですが、それが今全力を出すべきなのか、どこまで全力でやれば良いのか、いつまでやれば良いのかということを考えていれば、ペース配分もできると思います。

ペース配分ができるというのは、俯瞰力がある人だけがペース配分ができる思考になると思いますので、俯瞰力があるということは、とても大事なことになります。

俯瞰力というのは、全体を見渡せる力のことです。ビジネスでいうなら全体の流れを理解して、今どこまで進んでいるのか、何をやれば良いのかということを理解している力になります。

コンサルティングをする場合には、この俯瞰力がとても役立つのですが、クライアントでも俯瞰力がある人とそうでない人といますし、会社単位でもそれがあります。俯瞰ができている人や会社ほど、今の現状を理解していて、何をすべきなのかという点においては、話も早く問題解決に向けて取り組めるので、スピードを持って取り組むことができます。

俯瞰力がなければ、今何が問題がわからないので、やっていることに疑問を持つことなく、ただやるべきことを習慣でやっていることがあり、作業をしている状態ですが、仕事をしている状態ではない可能性も高いです。

仕事というのは、利益が出ることへつながることを指しますが、毎日仕事をしているのか、作業をしているのかという点では、俯瞰力があるかどうかも関わってくると感じています。

 

 

点を線で考える思考を持つ

 

俯瞰できる力が身につけば、仕事ができるようになります。目の前のことを取り組んでいるようでも、そのやっていることがどこへつながっているのか、どこへ繋げようとしているのかという意識もある中でやっているので、一つ一つの行動が身になっていきます。

俯瞰力がないときには、点ばかり考えてビジネスをしていました。点というのは、例えばブログをやるだけ、メルマガをやるだけ、Facebookをやるだけという状態です。この状態を続けても、短期的には良いのですが、それがどう発展していくのかということにはつながっていかないので、ビジネスの伸びとしても限りなく低い状態になります。

ブログをやるにしても、ブログをやることでどういったブランディングができるのかを考えることが大事になりますし、ブログをやる前には、ブログを書いたときにどこにシェアをさせていくのかも大事になります。

ブログだけではなく、SNS全般的にも、ただやるのではなくてどういった導線を考えているのかということが、点を線で考える思考になっていきますので、この思考の習慣を身につけていただきたいと思っています。

身につけられるかどうかで、ビジネスの進め方も変わってきますし、ブログやSNSの効果も変わってきますので、俯瞰力と同じぐらい大事なのが導線となりますので、点を線で考える習慣をつくって下さい。

どうやって習慣にしていくのかというと、最初の頃はいちいちブログをやればどこへつながるのか、ブログの記事を見た人がどういった行動をとるのかを考えて導線をイメージしていくことが大事です。

習慣になるとそれを考えることが当たり前になっているので、これから取り組むべきことに対して、導線をイメージした思考を手に入れることができると思います。

 

 

行動できなくなった時こそ俯瞰力必要

 

ビジネスを進めていく中で、モチベーションが下がったという話もよく出ます。モチベーションが下がって作業が進めないということも理解できないこともないのですが、そもそもとしてモチベーションって、やりたいことをやっている場合は下がることがないというのもありますが、その前提をなくせば行動ができないということは俯瞰ができていないということになると思います

俯瞰力があると行動力へ繋がっていきます。逆に行動力がある人は俯瞰力もありますし、行動力がない人は俯瞰する力が低い場合があります。

なぜ、俯瞰力がないと行動ができないのかとういうと、行動するためには今自分がどこにいるのかということを把握しなければいけません。今自分がどこにいるかがわかるから行動ができます。

例えば、知らない場所へ行くと行動ができなくなると思います。カーナビやGoogleマップを使うので行動ができると思いますが、行動ができるというのは目的地がわかっているからだし、そのナビやマップを使えば、指示に従えば到着するということが理解できているから行動ができるわけです。

例えば、ナビやマップが設定した場所ではないところへ誘導をしていけば、どのように感じるかということを想像して欲しいのですが、多分2回目には、「本当に目的地へ着くのか?」という疑問が生まれると思います。

人間は、疑問や不安がある中では行動ができません。行動ができるとしたら、そこが確実に到着ができるかどうかって重要です。ただ、ビジネスにおいてはどこがゴールなのかは、自分が設定するしかありません。

まだ、誰も通ったことがない道を切り開いていくことも必要です。同じ道ではないけど、ゴールにたどり着いている先駆者もいるので、そういった人へ到着するまでの話を聞くことで、自分も同じような壁にあたったときには対応ができる力を身につけておく必要があると思います。

でも、俯瞰力があると行動ができるというのは、自分が設定したゴールへ向けて走り続けられるための思いがあるかどうかが大切だと思います。思いがなければ継続することもできないですし、楽しむこともできませんからね。

 

 

俯瞰力はビジネスで重要なポイントになる

 

これまでお伝えをしてきたように俯瞰力はビジネスで重要なポイントになることは間違い無いです。重要なポイントになるということは、俯瞰力がなければビジネスでは致命的なものへつながることになる場合もあります。

ただ、誰でも俯瞰力を身につけることはできます。これまでにお伝えをしてきたように、習慣の中から俯瞰する癖をつけていけば良いだけですので、最初は意識的にやらなければいけませんすが、思考は習慣になれば無意識でもそういった考えになっていきますので、毎日やっているかどうかがポイントになります。

僕は起業した頃に俯瞰について学んだのですが、学んだ時から自分がやるべきことに対して、全て俯瞰できるように紙へ書いていきました。紙に書くことで、点を線でつなげて導線を作り上げていきました。

導線を作ることで、それに足したり引いたりして、もっと効率化ができるようになるためにはどうすれば良いのか、ここの部分が曖昧だからもっと具体的にしていこう、これをやっていけば、ここにつながるなということを書いていくことで、自分だけの俯瞰図を手に入れることができます。

俯瞰図があればビジネスがとてもスムーズに進めていけますし、やるべきことがわかっているので、今何をして明日は何をするのかということもわかるので、不安がなくなっていきました。

起業してビジネスをしていると、不安は絶対になくならないものです。不安を解消することはできないかもしれませんが、自分が進んでいくための道はわかっているので、その道を信じて進んでいくことはできます。

途中で挫折しそうな時もありますが、理念や思いを大事にして、そしてビジネスは一人だけでは進めることもできませんし、進めていっているつもりでも、多くの人に支えられていることも理解ができるようになったのも俯瞰力のおかげです。

俯瞰力を身につけると客観的に自分のことやビジネスに対しても見つめることができます。見つめることができれば、冷静な判断ができますし、感情的にビジネスをしたり、人と関わることをしなくて済むので、すごくビジネスがやりやすくなります。俯瞰力を身につけて頂きたいですね。

 

 

まとめ

 

俯瞰力は、毎日の思考によって身につけられるものです。ただ、毎日意識をしているかどうかというのはポイントになってきます。ポイントになるということは、毎日俯瞰するための習慣を身につけられるかどうかというのは、日々の取り組みの中から生まれてくるものですので、やるかやらないかが分かれ道になるということですね。

僕の場合は、俯瞰するためには毎日やっていることを点で考え、線で振り返り、それらを導線で考えていく中で、俯瞰ができる力を身につけていきました。これができるようになるとビジネスの全体像が把握できるので、ビジネスをしているだけではなく、人と話をしている中でも俯瞰することができるので、とても話もスムーズに進めることができるのもありがたい力になっています。

 

俯瞰力を身につけることで、ビジネスの現状や今後の取り組みが理解できるようになる。

俯瞰力は毎日の思考の中で、身につけることが可能。習慣の中から俯瞰ができるように取り組むことが大事。

俯瞰するためには、点を線で考え導線として考えられるかがポイントになってくる。

 

 

以上の3つのポイントを意識して、俯瞰力についてkんが取り組んで頂くことで、ビジネスが今以上に円滑に進んでいくと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.