田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

データを蓄積してビジネスを行う

投稿日:

ビジネスポイントになってくるのが、いかにデータを蓄積していくかということです。データを蓄積する量によって、どのようなビジネスを展開しているのかが変わってきますし、リサーチといった面でもデータ量というものがかなり重要になってきます。

また最近では広告配信なども谷データを食べていけるのかが重要になってきますし、そのデータを活用したマーケティングというものが行われている中では、自社でのデータを蓄積していくことが今後のビジネスを取り組むためには重要なポイントになると思います。

 

データを貯めることが重要

 

今後のビジネスのデータを貯めることが重要になってきます。データをいかに貯めることができるのかが重要になってくるので、データというものを貯めていかなければいけないのですが、データを貯めるという事はどのようなことかと言えば、例えばホームページ上のコンテンツデータを貯めていくと言うことも1つありますし、アクセスを集めていくと言うこともデータになります。

またそのデータを元にしてどのような人が来ているのか、どういった時間帯に来ているのか、何を求めてきているのかただもデータ解析をしていく中では、その解析のもとになるデータ量というものが重要になってきます。

今自分自身が持っているデータがどのようなデータがあるのかを把握する必要もあります。データ量が少ないということであれば、今からデータを貯めていくことを考えなくてはいけないです。

例えばアクセスを集めていくということであったり、顧客リストを増やしていくということであったり、SNSのフォロワーを集めていくと言うことも1つのデータになっていきます。

生きたデータを増やしていくことが重要になるので、そのために今自分自身に何ができるのかを考えていかなければいけないですし、データを貯めることができないということであれば、今後ビジネスをしていく中ではかなり苦労するような状態となってしまいます。だからこそデータを貯めることに力を注ぐようにしてみてください。

 

データをもとにしたマーケティング

 

データを貯めることによって、今後そのデータをもとにしたマーケティングを行うことができます。逆にデータを貯めることができなければ、マーケティングすることもかなり難しくなってきますし、マーケティングをする中では失敗する可能性も高くなってきます。

今自分自身がマーケティングを行っている中では、特に広告を発信していくことを考えたときには、自分自身のブログやホームページのデータがどれぐらい貯まっているのかということをポイントにしています。

たまったデータを活用して、広告配信をしていくことによって、自社への集客というものがより正確にできるようになっていきます。

広告配信の中では最適化という言葉であったり、機械学習と言う言葉で使ったりします。最適化と言うのはデータをもとにして、そのデータを使って広告を配信していくと言う流れを作ることができるので、データ量があればあるほど、最適化をしてくれて、最適化をすることによって自社に誘導したい顧客に対して広告をリーチしていくことができるというのはとてもメリットだと思います。

逆に言えばデータがない状態で広告を配信しても、成果を出していく事はできないですし、自分自身が誘導したいと思っている顧客に対してリーチすることができなくなってくると思います。

データマーケティングという言葉も最近ではよく聞くようになってきたのですが、データマーケティングと言うのは、データがあるから行えることであり、そのデータを蓄積していくことを考えなくては、今後の時代のマーケティングの中では、マーケティングがやりにくい環境になっていくので、データを蓄積していくと言うことをまず確認してみてください。

 

量と質を高める

 

データを蓄積しているために必要なのは、データの量という事はこれまでお伝えした通りなのですが、データの質と言うものも重要になってきます。

例えばホームページやブログなどのアクセスを集めようと思ったときには、アクセス数もとても重要になってきますが、アクセスの質というものが重要になってくるということです。

広告を配信しようと思ったときには、このホームページのブログのアクセスのデータというものを使って行きます。

最適化しようと思った時にどうでもいいようなアクセスの最適化をしても意味がありませんので、これはSEO対策であったり、自分自身がSNSを使ったときのフォロワーのアクセスの状態と言う事も考えていかなければいけないです。

データ量を集めていくという事は大事になりますが、それと同時に質も高めていかなければいけないということで、今後自社に合った集客をしようと思ったときには、なんだかんだデータの量と質と言うものを重要視していく必要があります。

データの量を考え質を高めようと思ったときには、考えてビジネスを取り組んでいくと言うことが大前提として大事になります。

なんとなくビジネスをやっている人は今後どんどん淘汰されていく可能性も高くなるので考えてビジネスをやっていくようにしてみてください。

そして考えてビジネスをするからこそ、データの質と言うものも高まりますし、その上でデータの量も貯まってくれば、自社で行っていくマーケティングと言うものがより良くなっていく状態となると思います

 

成功確率のアップ

 

データの量と質を食べることによって、ビジネスの成功確率が高まっていきます。成功確率をビジネスであげようと思ったときには、今後の流れとしてはどれだけのデータ量と質を高めていくかがポイントになってくると言うことです。

逆に成功確率を下げる形になるのもデータと言うことになります。今回データを蓄積していくことがいかに重要かについてお伝えしているのですが、これはビジネスで成果を出していく、成功していくと言うことを考えたときには、自分自身がこれまでやってきたデータの蓄積と言うものが重要になってきて、その蓄積されたデータを使っていくことが、今後のビジネスの成功確率をアップさせる肝になってくると言うことです。

実際僕自身もデータマーケティングと言うものを重要視するようになって、広告を配信していたのですがこのデータを蓄積していなければ、自社でのビジネスの成果というものは今以上に出なかったと思います。

でも逆にデータを蓄積することができたからこそ、成果を少しでも上げることができるようになったと感じています。

この差と言うものは大きなものになってくると思いますし、今後もデータを蓄積していくということを考えれば、その蓄積されたデータを活用してビジネスを進めていく事は、より良くなってくる事は考えられますし、そのために今時間を使って取り組んでいるので、短期のビジネスだけではなく、長期の視野を入れたビジネス展開と言うものを考えていく必要があると思います。

 

まとめ

 

今後のビジネスやマーケティングでは、いかに自社でデータを蓄積していくかが重要になってきます。今ビジネスがうまくいっていても、特にインターネット上のビジネスと言うのは、どれだけのデータが蓄積されているのかがポイントになってくるため、今インターネット上でのデータ蓄積をしていないという状態であれば、これからの2年後、3年後を考えたときにはかなり厳しい状態となっていくのではないかと考えています。

だからこそ今と言う時間を使ってデータを蓄積していくための仕組みづくりと言うものを考え取り組んでいくことをお勧めします。

 

データの蓄積が、今後のビジネスの成功を左右するものになっていく。

今データマーケティングを行うことができれば、今後よりデータマーケティングを行う中で成果を出していきやすい状況を作れる。

データを蓄積していない状況であれば、今すぐにデータを蓄積することができるビジネスを展開していくことが必要。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えをしてきたデータマーケティングについてのデータ蓄積を考えていただき、今後のビジネスに取り入れていただけるきっかけにつながると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.