田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

誰に向けた発信なのかを理解する【目的を明確にする】

投稿日:

情報発信をするときには、誰に向けた発信になるかを理解することが重要です。誰に発信をしているかによって伝えたいことが変わってきたり、発信する内容と言うものが変わるからです。

発信するためには目的を明確にする必要があり、何のために発信をしているのかと言う自分自身の目的であり、発信した内容を受け取った相手がどのような行動を起こして欲しいのかと言う目的を考えていかなければなりません。誰に向けた発信なのかがわからない発信と言うものがあります。

僕も自分自身が発信する中で、これは誰に向けた発信なのか分からなくなることがあります。そういった時は決まって読まれない記事になったり、発信力の影響を悪い方に受けることがあります。誰に向けた発信なのかを理解するための内容について今回お伝えしていこうと思いますので、発信することが苦手な方や不安に思っている方にぜひ読んでいただきたい内容となります。

 

 

発信するのは誰に向けたものか?

 

当たり前の事ですが、誰に向けた発信なのかと言うことを考えて、情報発信をしなければブランディングをすることはできません。ブランディングができなければビジネスへつながると言う事は難しいので、必ず誰に向けて発信をしているのかと言うことを明確にする必要があります。

僕が発信するときにやっている事は、多くの場合自分自身に向けて発信していることが多いです。自分自身に発信することによって、自分が普段どのようなことを考え、どのようなことを悩み、どのようなことを取り組めば良いのかと言う事をわかっているからです。

もっと具体的に言うと僕と同じような悩みを抱えている人に読んでいただき、僕が悩んできた悩みを解消していただきたいと言うのが目的になっています。こうすることによってアクセスを大量に集めることができないですが、自分の考え方に共感してくれる人が集まってくるため、ビジネスとしてもとてもやりやすくなります。

ただビジネスとしてはやりやすいのですが、ビジネスがスケールしないと言うことが問題になるため、自分自身に向けた発信だけではなく、多くのお客様が悩んでいることであり、深い悩みを解決していける発信と言うものをしていかなければ、大量にアクセスを集めるなどのビジネスをスケールさせる事は難しいと思います。

これも自分自身がどれぐらいの規模でビジネスをやりたいのかと言うことも考えながら発信していくことが重要になりますし、発信力を身に付ければ多くの人に影響与えることになり、ビジネスがスケールしやすいと言うのも理解していただけるのではないでしょうか。ただ最初は誰に向けた発信にすれば良いのか悩むと思いますので、自分と言う存在に対して発信することが、発信する壁を取り除く1つの方法だと思います。

 

 

感情的に発信しないこと!

 

発信するときに気をつけなければいけない事は、感情的に発信しないことです。僕自身最初の頃発信するときに、嫌なことがあったり、自分にとってネガティブなことがあった場合に、感情に任せて発信することがありました。感情的に発信をしても共感を生むことがありません。

共感を生むとしたら同じように感情的になっている人たちに共感されるため、そういった感情的に動く人たちをお客様に抱えたい場合はいいと思いますが、僕は感情的に動く人をお客様にしている時があったのですが、結構トラブルが多いのでやめたほうがいいと思います。

感情的になると発信だけではなく、自分自身の信用と言うものがなくなっていく恐れが高いです。感情をコントロールする事はとても難しいことですが、発信するときには1回冷静になって、自分がなぜこの発信をしたいのかと言うことを考えて、感情的に発信しないようにすることをお勧めします。

自分が感情的な人と付き合うことを考えているのであれば問題ないと思いますが、多くの人は感情的になる人と付き合うと言う事は避けたいと思うはずです。感情的になればなるほど、自分の信用を失うだけではなく、発信力が同時になくなっていくので、感情的に発信することだけは避けるべきだと僕は考えています。

 

 

誰に何を伝えたいのかが重要

 

誰に何を伝えたいのかが発信するときには重要です。僕は最初にお伝えしたように自分自身に向けて発信することが多いです。自分自身が発信することによって、自分の発信力をつけていくことと同時に、発信力をつけた先の影響力を誰に向けてつけたいのかと言うことも同時に考えていかなければなりません。

誰と言うことがわからなければ、その発信する内容が中途半端なものになってしまうため、情報発信をしても結局その内容が伝わらなければ、時間をかけて発信しているのに共感を生まないと言うのはすごくもったいないことだと思います。

誰に何を伝えたいのかが重要になると言う事は、多くの人が理解していることであると同時に、誰と言うものが抽象的になってしまうことがほとんどです。重要だとは思っているけど具体的に誰に向けて発信するのかと言うことが難しいというのが、今の情報発信をしている人たちの現状だと思います。

僕も最初の頃そうだったのですが、誰と言うことがイメージができずに、イメージができなければ誰に何を伝えたいのかが、抽象的になってしまうため、自分が伝えたかったことが伝わらないと言うことが起こっていました。この伝わらないということが、ビジネスに直結すると言うこともわかりました。

ビジネスに直結すると言う事はどういったことかと言うと、簡単に言うと集客ができないと言うことです。ビジネスは集客をしなければ売り上げを上げることができません。集客をするためには、自分自身が何をやっているのか、どういったことを考えて取り組んでいるのかと言うことを発信しなければなりません。

発信媒体はSNSやブログなどがあると思いますし、最近ではYouTubeや音声コンテンツ、電子書籍といった媒体を使って発信することもあると思います。ただこれらの媒体を使って発信をしても、誰に向けた発信なのかがわからなければ、結局はビジネスがうまくいかないと言う現状が起こってくると思います。

そうならないためにも誰に向けた発信なのかを具体化する必要があると思いますし、具体化するためには自分の商品やサービスを誰に向けて販売するのか、この商品やサービスを活用することによってお客様がどのような状態になるのかと言うことも同時に考えていかなければならないと思います。

 

 

重要なことは一言で伝える

 

次に大事な事は、重要な事は一言で伝えると言うことです。重要な事と言うのはこの発信で何を伝えるのか、何を伝えたいのかと言うことがわかると言うことです。

難しい文章を書いても意味がなく、見ている人にとって分かりやすいというのが伝わりやすい文章であり、伝わる力と言うものは一言で伝わるのが理想的な形です。多くのことを説明してわかってもらうよりも、シンプルに一言でわかってもらえる方が、ブランディングがやりやすいと思います。

ブランディングがやりやすいと言うのは、信用を生み出していくことができると言うことにつながります。逆にわかりにくいと言う事は、次にこのブログを読んだり、SNSを見たりするかというと多分そうならないと思います。

自分自身そうなのですが、わかりやすいブログの記事を見たり、SNSの発信を見るとシェアをしたくなります。自分自身が役に立ったので多くの人にも役に立つだろうと思って、その発信自体を拡散していく流れを作ることができます。

これまでの多くの発信を見る中で、自分が拡散する時にどのような情報を拡散しているのかと言うと、簡単にわかりやすい発信本を拡散していると言うことがわかりました。納得したり、理解することが出来るような発信と言うものは、多くの人に求められることだと思います。

だからこそ多くの人は、情報に埋もれた自分が欲しい情報を探すのに必死になっていますし、なかなかその情報にたどり着くことがありません。僕がその中で考える事は、重要な事は一言でわかるようにすることだと思います。例えばブログの場合はタイトルを読めば何を学べるかがわかると言うことが重要です。

妄想や想像をさせるだけではなく、具体的にどのような結果を得られるかと言うことがタイトルでわかれば、そのブログの記事を読むと言うことがあると思います。読んでもらえることを前提ではなく読まないこと前提で考えていくことが何よりも発信では重要になると思うからです。

 

 

まとめ

 

発信しないよりは発信したほうがいいと思いますが、ビジネスを継続的にさらに長期的に取り組んでいくためには、発信をするときには誰に向けた発信なのかを考えなくてはいけないと思います。何を発信するかと言うことがこれまでお伝えしてきた内容を意識していただくだけで、これまでの発信の仕方が大きく変わってくると思います。

発信の内容が変われば、自分のブランディング力と言うものが変わってきます。言い方を変えれば発信力がついてくると言うことです。発信力をつけることによって社会やお客様に影響を与える存在になることにつながるので、発信力を持った自分になっていくことで、多くの人を助けることにもつながるので、ぜひ誰に向けた発信なのかと言うことを具体化し、自分の商品やサービスを販売するため、集客つなげるための導線として発信のことを深く考えていただけるともっとビジネスが楽しくなると思います。

 

 

誰に向けた発信なのかを明確にすることによって、自分が何を伝えたいか、何を売りたいかが具体的になる。

自分に向けた発信も1つ。ただやってはいけない事は感情的に発信することだ。

誰に向けた発信なのかを具体化していくことによって、集客が変わってくる。集客力があると言う事は、誰に向けた発信なのかが明確になっていることである。

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えしてきた内容を考えていただき発信の役に立ったり、ヒントになると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.