田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

お客様が来なくなる理由とは【新規客よりも大切】

投稿日:

今回お客様が来なくなる理由についてお伝えしていこうと思います。集客をしていく中では新規集客に力を入れているビジネスもあったり、新規集客頼りのビジネスといったものもあると思うのですが、一番集客で悩まない方法と言うのは、新規客よりも、既に来てくれているお客様、買ってくれているお客様に再度訪問してもらったり、リピートしてもらうことだと思います。

お客様が来なく理由を知れば、これまで買ってくれたり、訪問していたお客様がリピートをしてくれる流れを作ることができるので、今回集客で悩んでいる人はもちろんですが、新規客ばかりに力を入れている方やお客様が来なくなって売り上げが伸び悩んでいるといった方には知っていただきたい内容となります。

今回お伝えする内容を既存のビジネスに取り入れてもらうだけで、売り上げを伸ばすことができたり、集客が今よりも楽になると思うので、ぜひ今回は奈良を最後までご覧いただき、自社のビジネスに活かしていただきたいです。

 

 

集客に悩むのがビジネス

 

ビジネスの多くの悩みと言うのは、集客に悩むのがビジネスの中では最も多い悩みと言われています。

集客に悩むことがなくなれば、どれだけビジネスが楽になるかと言うのは、ビジネスをやっている人であればいちどは考えたことがあるのではないでしょうか。

集客を楽にすることであったり、集客の正しい方法と言うものを身に付けることによって、集客に悩むことがなくなるのが、ビジネスの面白いところだと思います。

実際に僕自身は集客と言うことをビジネスにしているので、ビジネスを進めている中では集客に悩まないような状態を作っていくといったことをやっています。

もちろん集客が簡単になると言うことではなく、集客が楽になっていく仕組みづくりと言うものがありますし、集客に悩まなくなるといった事は、この仕組みが出来上がってからになると思います。

だからといって集客をやめたら、新しいお客様に対してアプローチしていくことも大事なことになるので、新規集客からファンへ育てていくための仕組み作りと言うものがビジネスの中では特に重要になると考えています。

集客に悩まなくても良い状態を作るために、今回お伝えする既存のお客様に対してのアプローチであったり、なぜお客様が来なくなるのかといった理由がわかれば、今すぐに実践していただければ即効性もあると思いますし、効果もてきめんな内容になると思うので、実践するといったことを覚悟して読んでください。

 

 

リピートして欲しいけど・・・

 

お客様にはリピートしてほしいけど、リピートしてもらえないと言った方に対しても、今回の内容は刺さると思います。リピートしてほしいと思っていても、お客様はリピートしてくれません。

リピートしてくれるための仕組みと言うものを作っていかなければならないと思いますし、そもそもリピートしないと言うのは、自社の商品やサービスが悪いからといったわけではありません。

もちろん商品やサービスが悪いと言うことであれば、リピート以前の問題になってきますし、お客様が再びやってくるといった事はないと思います。

よく自己満足で商品やサービスを作っている方もいるのですが、こういった自己満で終わるようなものは、いつまでたってもリピートしないので、きちんとお客様が満足してくれる商品やサービスを構築していくことをまず最初に考えなければならないです。

大前提としてお客様が満足し、次にまた来たい・買いたいと思ってもらえるような商品とサービスにしていくことを大事にしてください。

こういった前提をもとに、リピートしてほしいけどなかなかリピートされないと言うのは、商品やサービスが悪いわけではないと思います。

でもお客様が来ないと言うのは、商品やサービスに問題があるわけではなく、たった1つのことをやっていないからです。

このたった1つのことをやっていないことによって、お客様がリピートをしないといった状態になっていることがほとんどです。

たった1つのことができるかどうかと言うことを、次にお伝えしていこうと思いますので、自社のサービスや商品に当てはめて考えながら読んでいただけるとうれしいです。

 

 

お客様が来なく理由とは?

 

お客様が来なくなった理由とは、あなたの売っている商品やサービスのことを忘れている状態というのが問題になります。

お客様があなたの商品やサービスに満足しなかったからではなく、嫌だったからではなく、ただあなたの商品やサービスの存在を忘れているからリピートしないと言うことです。

お客様が来なくなる理由と言うのは、多くの場合が存在を忘れているといった状態になっていると言うデータがあります。

だからこそやらなければいけない事と言うのは、お客様に対して自社の商品やサービスの存在を忘れられないようにするといったことが超重要になります。

例えばいちど買ってくれたお客様に対して、どのようなアプローチをしているかを考えてみてください。

例えばフォローするようなメールが届いたり、LINEを届かせたりといったことをやっているかどうかと言うのも重要になります。

お客様が最近来なくなったなと言う情報があるのであれば、リピートしてもらうための情報を届けるといった事は大事になると思いますし、情報を届けられるような仕組みを作っているかどうかと言うことも重要になってきます。

このように新規客ばかりに目を奪われていると、一度買ってくれたお客様に対してアプローチをしないといった状態にしてしまっている方がいます。

これはせっかく買ってくれたお客様に対して、自分の商品やサービスの存在を忘れていく仕組みになっていることに気づかなければなりません。

一度買ってくれたお客様に対しては、存在を忘れられないようにアプローチをしていくための手段と言うものを考えることが重要です。

オンライン上で完結するものでも良いと思いますし、オフライン上でチラシや手紙などを送るといった形でもいいと思います。

どのような形でもいいのでお客様とコミュニケーションが取れるような状態を作っていくと言うことを、今のビジネスの中で作ることをおすすめします。

そうなればお客様が忘れるといった状態になりにくく、いざ何かあったときには再びお客様が戻ってくる状態になります。

 

 

存在を知らせることが何よりも重要

 

お客様が来なくなる理由というのは、あなたの商品やサービスの存在を忘れているということが問題になります。

先ほどお伝えしたように存在を知らせる仕組みと言うものを作っていくことが重要になります。

僕はお客様とのコミュニケーションツールとしては、LINEで配信をしていくといったことやメルマガでコミュニケーションをとっていくといった手段を取ることをおすすめします。

最近ではSNSの中にコミュニティーを作って、コミュニティー上でコミュニケーションをとっていくといったことも1つの方法になると思いますので、何らかのアプローチを使って存在を知らせ続けるといったことを取り組むことで、売り上げを伸ばすこともできたり、集客に悩むことが少なくなってくると思います。

新しいことを始めれば、新しいことに時間を取られたり、コストをかけることになりますが、今来ているお客様のフォローをするといった事は、そこまで時間やコストを取られることではないと思います。

そして何よりも重要なのは、いちど自分の商品やサービスの信用をしてくれたお客様に対して、そのまま放置すると言うのは、ものすごくもったいないことだと気づかないといけないと思います。

人はこれまで買った商品やサービスと言うものの存在を忘れて行きます。今情報過多の時代の中では、次々に新しい情報が出てきますし、新しい商品やサービスが生まれてきます。

その中で自分の商品やサービスまたは自分自身のことや会社のことを忘れられないようにすると言う事は、情報発信をしていくと言うことをやっていかなければ、自分の事はどんどん忘れ去られていくような流れになっていくと思います。

僕も経験があるのですが、今までたくさんの本を買ったり、ホテルにとまったりしているのですが、アプローチがない本であったりホテルなどは、既に存在を忘れてしまっています。

何かあったときにあの方の続きを顔、あのホテルへ行ってみようといった行動になる事は少ないです。これは飲食店などでも一緒だと思いますし、どんな業種でも同じことが言えると思います。

 

 

まとめ

 

今回とても重要なことをお伝えしてきました。お客様がお店であったり商品を買わなくなったり暗くなったりする理由と言うのは、存在を忘れるからと言うことです。

存在を忘れられないためにも情報発信をしていく事は重要になると思いますし、忘れられないための仕組みづくりと言うものを考えていかなければならないと言うことです。

僕がコンサルティングをする場合には、売り上げを伸ばしていくための手段として、まず最初に考える事は、今あるリソースをどのように活用するかと言うことです。

この今あるリソースを活用すれば、コストをかけずに、時間もかけずに売り上げを伸ばすことができるからです。

ただリソースがなければ、売り上げを伸ばす事は難しくなるので、新しい取り組みを考えたり、企画を作ったりしていく中で売り上げを伸ばしていくことになります。

最も重要なのが、顧客とのコミュニケーションをどのような手段でとっているかと言うことを考えなければいけないですし、今仕組みがないのであれば、今既に顧客とのコミニケーションが取れる仕組みづくりと言うものを考えてみてください。

 

お客様が来なくなる理由と言うのは、存在を忘れているからであり、商品やサービスが悪いわけではない。

存在を忘れられないための仕組み作りと言うものが最も重要になる。

認知からファンへ育てるためのビジネスの仕組みと言うものを考えて、ビジネスモデルを構築していくことが必要。

 

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えしてきた内容を自社のビジネスに取り入れていただくことによって、今よりも集客や売り上げに悩むことが少なくなると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.