田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

コンサルタントで月10万円を稼ぐ3つの方法

投稿日:

コンサルタントになって12年目になりますが、コンサルタントをしていて結構多い相談が、コンサルタントになってどうやって稼げばいいのか?どうやってクライアントをつくれるのかといった相談があります。

コンサルタントをしているけど、コンサルタントとしての売り上げを上げていくための集客であったり、方法を教えて欲しいという悩みに対して、今回僕が取り組んできた方法を3つお伝えしようと思います。

 

ポイント

SOHOサイトの活用

 

僕が最初に取り組んでいた方法ですが、SOHOサイトを活用していました。最近ではあればクラウドワークスなんかも人気の仕事を受けられるサイトだと思います。仕事をいただくためには、自分という存在を知ってもらわなければいけません。

自分を知ってもらうためには、自分が仕事ができる案件に対してコミュニケーションをとっていくことですが、僕の場合は、レポートを作ったり、メルマガを作ったり、セールスレターを作ったりして仕事をいただいていました。

SOHOサイトを活用することで、仕事の案件がたくさん出ていますので、その中から自分にあった仕事の案件を受けています。もちろん、案件が出ているからといって必ず受けられるということはないですし、そこから取引相手に自分をPRしていかなければいけません。

 

だから仕事を受ける時には、

 

🔵自分が何をやっているかわかる実績

 

これを作っておく必要があります。実績があればあるほどいいですが、起業したての頃は実績がないので、やるべきことは「自分から情報発信をする」ということです。SNSやブログを通して自分という存在を明らかにしていくことが大事です。

自分ごととして考えれば、どんなことをやっているのか、何を考えているの、どんな実践があるのか知らない人よりも、そこが明確な人の方が仕事頼みやすいですよね。

仕事を受けるためには、相手が仕事をまかせやすいような安心感を持ってもらうことが必要です。その安心感というのが「考え・実績」という部分になります。

実績は、何もなければ作るしかないので、だからこそ情報発信をすることが大事になります。僕の場合も同じように、ブログを書いたりメルマガを書いたりしていたので、その実績をみていただき、自分お商品やサービスを作りセールスレターを書いてその実績をもとに仕事を受けていました。

仕事をまかせやすいようにするためには、実績を作っていくことも考えてみてください。

 

ポイント

営業メール

 

かなり地味ですが、企業のリストを検索をして、企業が求めていることを仕事としていただくメールを送っていました。1週間で100〜300の企業へメールを送っていたのですが、100社送ればいい時には4〜5社ぐらい返事が返ってきていました。

とにかく仕事が欲しかったので、メールを出して実際電話がかかって来た時には手が震えましたが、それでも数をこなしていけばなんとかなるもので、仕事って普通にいただけることがわかりました。

企業リストを作るだけでも時間がかなり取られていたのですが、それでも売り上げにつながるのであればと思って、当初は時間だけはありましたので、とにかくメールを1日20通は最低でも送るということを決めて、習慣化していました。

なんだかんだで「1日20通×30日=600通」送るわけですから、仕事がとれないということはなかったです。

かなり面倒ですが、企業が欲しいと思っている情報とサービスをくれば、そこはチャンスしかありません。

いまだにファックスDMなどがなくならないのも同じですよね。反応率は下がってきていますが、無料でお金もかけずに営業ができる方法です。

 

ポイント

iタウンページの活用

 

先ほどの営業メールと同じような感じで、iタウンページに載っている企業のホームページを見て、リストアップをしていき、メールで営業をしていました。

メールが来るとかなりうざいと思いますが、それでも断られること、無視されること、苦情があることを前提で当時は送っていました。

メンタルは相当鍛えられましたが、ただのメールではなく「担当者が見てメリットがある」内容もつけて送っていました。

企業によってメリットとなる情報を書き出していって、その情報を活用してもらえれば効果があるようなノウハウをメールと一緒にお送りしていたのですが、感謝されることもありましたし、機会があえばということで返事を頂くことはあっても、苦情のようなものはありませんでした。

自分だけのメリットだけを提示しても相手は時間も使って来れているわけだし、どこの誰かわからないわけなので、「メリット」を最低でも提供しなければいけないと思います。

 

まとめ

 

コンサルタントとして月10万円を稼ぐためには、本当に様々な方法があります。今はSNSが全盛期ですが、当時は地味なことを山のように取り組んでいました。地味だけど効果はあったのですが、面倒だし誰もやりたがらないです。ただ効果はあるので個人的には地味なことほどおすすめです。

仕事がないという人に限って、プライドが高く、地味なことや面倒なことをやっていない場合が多いです。仕事をとり、稼いでから、本当にやりたかったことをやるのも一つの方法だと思います。

 

地味で面倒なことほどチャンスはあり、仕事を受注できる。

数をこなせば仕事は獲得できるが、圧倒的な数が必要になる

人がやりたがらないことほどチャンスがあり、成長できる

 

以上の3つの視点を持ってビジネスを取り組んでいただき、コンサルタントだからといって当たり前のことをやるのではなく、誰もやりたがらないことをやって、泥臭く、そして自己成長をしていくことも大事だと思いますよ。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.