田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

コンサルタント集客に悩む時代

更新日:

起業家として12年目になりますが、コンサルタントとしては10年になります。コンサルタントとして活動をしてきて、これまでにたくさんの業種の方と関わってきました。サラリーマン時代には関わることがなかった人たちと関わり、様々な業種の話を聞く中で自分自身が一番成長できていると感じています。

知らない業種の話は、本当に面白くて勉強になります。同業種のコンサルをお願いされることもありますが、コンサルタントとして活動している人は、僕がコンサル業を始めた時と比べてものすごく増えています。

そんなコンサルタントの裏事情というか、なかなか聞くことができない現状についてお伝えしようと思います。

コンサルタントのイメージは?

 

コンサルタントのイメージってどうでしょうか?僕が始めた10年前はそれほど多くの人はいなかったですし、特に資格があるわけでもなく、誰でもなれるようなものでした。特に多かったのが、経営コンサルタント、ITコンサルタントです。

コンサルタントとして活動をしていく中で、よく聞かれることは「コンサルタントって何をしてくれる人なんですか?」という質問をよくされました。確かに、何をしてくれる人なんだろう?と考えたこともあります。

僕の場合は10年前から変わらず「ブランディングする」ことを目的としたコンサルティングを行います。会社や商品、個人であったりをブランディングをしていくことになります。ただ、コンサルのイメージって何をするのかよくわからないというのが、昔のイメージだったかなと思います。

コンサルタント=怪しい」というイメージもありました。それは今でも変わらないと思います。最近では、ネットコンサル、副業コンサルなど、様々なコンサルが増えていますが、結構若い方もコンサル業をされています。

インターネットが出てきたこともあり、若い人が活躍できる場が増えたのはとても良いことだと思います。ただ、コンサルタントとして活動していく中で、クライアントから以前コンサルタントに頼んでひどい目にあったことも話を聞いています。特に詐欺的なことをやっている方も増えているので本当にやめてほしいです。

コンサルタントは魔法使いではない

 

コンサルタントにお願いをすれば、どんなことも願いが叶うようなイメージを持っている方もいます。正直、そんなわけがないです。100%うまくいきますよというコンサルタントには気をつけてください(笑)

ビジネスをやるなら知っておいてほしいことは、今やっていることが必ずうまくいくとは限らないということです。もちろん結果論で言えばうまくいくまでやっていくのですが、一つの取り組みをすればそれがうまくいくのではなく、何度も一緒に取り組みをしていくことで、うまくいくということです。

全てやることが当たるようなものって正直ないと思います。PDCAサイクルを行ってゴールへ最後まで走り続けることが重要なんです。

以前話にあったのが、コンサルの費用を60万円払うので3000万円の事業を全部やってくださいというようなとんでもない話や20万円をお支払いするので、月100万円が入ってくるように全部事業をやってもらえませんかという話をいただきました。

 

「・・・・・・・」

 

もう言葉が出ませんよね(苦笑)そんなことやってくれる人いたら、僕もお願いしたいです。そんな人がビジネスをしようと思っていることが、本当に起業を舐めているなと思いました。

他にも、ブログを書いても集客ができません。という1ヶ月も更新をしていない方から話を聞きました。「それは当たり前だよ」と言いたかったですが、そこは大人なので、丁寧にお伝えさせていただきました(笑)

コンサルタントは、パートナーであり、魔法使いではありません。良いように使うのではなく、一緒に事業を進めていくパートナーです。主軸となるのは自分自身であり、コンサルタントではないということです。

コンサルタントの現状

 

これまでコンサルタントのイメージ的な話をお伝えしてきましたが、ただコンサルタントにも問題があります。コンサルタントって経営に強くて、集客にも強いイメージがあると思います。もちろんそうあるべきだと思います。

コンサルタントが集客に悩むのってちょっと違うんじゃないかなと思いますが、コンサルタントの方からも集客については相談をされることが多いです。コンサルを受けているクライアントの集客やコンサルタントの集客を一緒に取り組んでいくこともあるのですが、これってどうなんでしょうか(笑)

コンサル業を大きくしていくのであれば良いと思いますが、そうではなく目の前のクライアントの獲得のための集客に悩んでいます。

コンサルタントであれば、誰よりも行動し、勉強をし、集客もブランディングも時代の最先端でいるべきかなと個人的には思います(知らないジャンルであればお断りをすれば良いだけです)。

資格もなく誰でもできるからこそ、信用を積み上げていくことが大事ですし、そこの実力をつけていくことは必須だと思います。

ここでお伝えしたいことは、コンサルタントもたくさんいるので、コンサルタント自身が集客もブランディングもうまくできている人へお願いをするべきだということをお伝えしたいです。

まとめ

 

コンサルタントが増えている時代だからこそ、コンサルタントをお願いするときには見極めが必要だと思います。事業を大きくしていくためにも、コンサルタントがどんなことをしているのか知っておいていただければ、リスク回避もできると思います。あと気をつけて欲しいことは、昔の実績をいまだに使っているコンサルタントは怪しいです(笑)過去の栄光ではなく最近の実績なども確認しておく必要があると思います。

コンサルタントは魔法使いではなくパートナーだということ

コンサルタントも色々な人がいるので誰に頼むのかを具体化すること

コンサルタントも集客に悩み、ブランディングに悩んでいるので、実績や考え方などよくヒアリングしてお寝顔売ることが必要


以上の3つのポイントは覚えておいて損はないと思います。本当に気をつけてください(笑)最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.