田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

コロナ時代だからこそチャンスを見つける【新型コロナから時代を予測する】

投稿日:

今回の記事は、2020年3月から4月にクライアント向けに発信してきた内容をまとめたものになります。語り口調の形での内容となるので読みにくい部分もありますが、コロナになって時代がどうなっていくのかについて書いてきました。

この記事を書いているのが2020年9月です。経済的な面もそうですが、新しいビジネスチャンスが次々に生まれてきていますし、日本経済は下降し、これから大変な時期へ突入していく流れになっていくと思います。読み物としてぜひ一読してほしい内容となっていますので、当時3月ごろを思い出しながら読んで頂くと面白いのではないかと思います。

 

 

昔ながらの日本を考える

 

新型コロナウイルスによって日本経済がどんどん悪くなり、飲食、イベント系の方々はどうにもならず、いつ潰そうかを考えているという話を聞きます。それぐらい人が動かない、そもそも自粛して人との接触を避け、密室にはいかないようにということ言われると、景気が下降するなんてわかり切ったことですが、日本政府が保証をどう考え、経済のことを支援しないと日本はさらに悪くなっていくと思います。

こんなこと僕個人が言っても何も変わらないし、どうすることもできないと思いますが、こんな時こそ考えることは、昔ながらの日本が求められているそんな時代になると思います。どんな時代になるのか?というと、一つ考えられるのは、アナログとテクノロジーの良いところ取りをしたビジネスが伸びていくと思います。

アナログというのが、昔ながらの日本ですね。昔は、今ほどコミュニティ化しておらず、利便性もありませんでした。でも人と人とのつながりは深かったですし、食事も粗食で、体も動かし、生活習慣病もなく、免疫力もあるそんな時代でした。

昔の日本人がどんな生活をしてきたのか?こう言ったことを考え、さらに今あるテクノロジーを組みわせてビジネスを考えると新しい発見があると思います。

 

 

発見ができるかどうか?

 

これから不景気になって日本全体が落ち込み、それでもビジネスチャンスを掴んでビジネスを発展させていく会社や起業家が出てくると思います。チャンスを発見できるかということがポイントになってくると思いますが、発見をするためにも、昔の日本人がやってきた生活を見直したり、良き日本文化をリサーチし、今、日本や世界にあるテクノロジーを組み合わせていけば、面白いことができます。

 

チャンス=発見

 

発見するためには、リサーチをして、組みわせることが一番簡単な発見です。ぜひ、日本文化を調べて、今の時代に必要なことを組みわせて考えてみてください!

 

 

チャンスをつくっていく

 

オンライン化を進めるという動きが増えてきていますね。新型コロナウイルスによっての影響で、外出を控える動きがありますので仕方がないことだと思います。こう言った時代が大きく動く時にはピンチもありますがチャンスもその分増えていることになります。

その一つが「オンライン化」だと思います。今よく見かけるのは、

 

・オンライン飲み会

・オンライン会議

 

というものが多いですが、ビジネスとして考えていけばどこにキャッシュポイントを作りマネタイズをしていくのかが重要になります。オンライン化を進める前に、なぜオンラインでなければいけないのかということも長期的にみて取り組むことは重要ですね。とは言っても今の今も大事ですから、外には出られないけど、自宅には人がいるので、いつも以上に時間もあるし、何をしていいのかということがわからない方もいると思いますので、その辺りを導線で考えてビジネスを行えばチャンスは多いと思います。

例えば、オンラインということで学校でも「宿題代行」とか流行っていますよね。夏休みの宿題を代行するなどニュースにもなっていましたが、代行はしないけど「オンラインで宿題をサポート」というサービスもあっても良いと思います。

そんなオンライン学習などあるじゃんって、思うかもしれませんが、そう言った固定概念で判断するとビジネスチャンスを失います。ネットは検索している人へ、どう言った情報を届けるかが重要なのです。

他にも「ゲーム対戦コミュニティ」これはオンラインでゲームをする、例えばzoomで画面共有をしてオセロをしてもいいし、将棋をしても良いですね。今は知らない人とオンラインゲームでやるというのではなく、知っている人たちとつながるオンラインコミュニティを作るというのも面白いと思います。

またこういった時期なので、ピザの宅配が儲かっています。また、出張料理人というサービスも今人気です。「出張+サービス名」という形でビジネスをしていくのも今後はチャンスですね。昔ありましたが、例えば出張カラオケサービスとかもストレス発散にもなるので需要はありそうです。

また、自宅で過ごすことが多くなる今年の1年は、ライフスタイルに合わせたビジネスを提案型で提供をしていくのも面白いと思います。例えば、動画やサービスとして「お風呂の過ごし方、癒し方。またはグッズサービス(入浴剤系は売れますね)」というのもいいと思います。自宅で過ごすとストレスがたまります。

コロナ離婚なども流行っていますが、基本メンタルがやられるからですよね。そうではない癒しの提供が必要になります。高齢者の方は出歩けないというニュアンスがとれる状況なので、高齢者専門のzoomコミュニティサービス(出張サービスあり)という形で折り込みチラシで展開していくとビジネスの発展も面白いと思います。

それに伴い「健康系アプリ」「健康グッズ」は流行ってくると思いますし、チャンスはかなり多くなると思います。ということで、僕自身これらのビジネスを取り組んでいるわけではないですが、リサーチをしてもチャンスが多いと思いますし、オンライン化ということでは、健康関連で運動やストレッチ、ヨガ関係でビジネスを進めてチャンスを掴んでいくプロジェクトもあります。

どんな時でもチャンスはあるし、そのために頭をフル回転させてチャンスをつくっていくことが重要になりますので、たくさんの情報を受け取り、リサーチをして、ビジネスチャンスを見つけていくようにしましょう!

どんな業種でも「オンライン化」ということやこれまでやってこなかったビジネスを、スピードを持って取り組むことで圧倒的なチャンスをつくっていくことができますよ!

 

 

時代を制すための取り組み方

 

毎日新型コロナのニュースで身も心もやられていきますね。当然ですが、経済もどんどん

悪くなっています。今年は良くなることは、まず考えられないというのがわかると思いますが、それでも全ての業種が悪いかというとそうではありません。

全てはどうやってビジネスをしていくかという本質を考えてできる人だけが勝ち残っていくと思います。これからはオンラインとオフラインの価値が分かれてきます。例えば最近ではzoomを活用したオンライン飲み会やオンライン会議が流行っています。

コロナの状況があるので、在宅での勤務ということになれば仕方がないことだと思います。ただ、これっていつまでも続くと思いますか?僕の答えはNoだと思います。そして、今だんだんと在宅ワークや自粛でのストレスやフラストレーションが溜まって、もうはちきれそうな人たちが山のようにいます。

我慢して、我慢して、我慢して、過ごしているわけですよね。こんな生活がいつまでも続けられるわけがないんです。ということはですね。やるべきことは、コロナが解禁された

その時に対して何ができるかってことなんですね。

今多くの人が求めているのは、コミュニケーションです。かなり広い定義でお伝えをしていますが、zoomってものすごく気を使って、何を話すか、誰が話したかということをいちいち気にしなければいけません。ということは結構ストレスです(笑)

リアルであれば、飲んでいたり話をしても、スマホを突いたり、リアクションもボディーランゲージでいけたり、触れ合うことができるのがコミュニケーションの一つの価値だと感じています。こういったことってzoomではできないですよね。

今こういったコミュニケーションを求めている人は多いです。潜在的に感じているので、

それを声に出して言っているかというとまだそこまででもないですが、気づかないニーズというのがこれから起こってきます。

 

オンラインの価値

   vs

オフライン価値

 

ここに対してどうやって考えてビジネスをしていくかがこれからの時代勝ち残れるかが決まってくると思います。今から準備をして、爆破する時期に合わせてビジネスを超加速して、ライバルと差をつけていきましょう!チャンスだらけですよ!

 

 

不況でも売上を保つ方法

 

新型コロナウイルスによって時代が大きく変わろうとしています。

 

・社会全体

・働き方

・お金の価値

・モノやコトの価値

・体験という価値

 

ありとあらゆるものが大きく変わっていくと思いますので、まさに新時代がそこまでやってきていると感じています。というよりは感じて欲しいです!これからくる時代の波をどう生きるか、これまでにはない自分を変革し、ビジネスをアップデートしていくことが「超」重要になってきます。

いちばんに大事なことは、これまでにお伝えをしてきている「オンラインの価値とオフラインの価値」が大きく変わっていきます。今では会議はテレワークで行うということがありますよね。

これからの流れも同じだと思います。今日クライアントと話をしていましたが、このzoomを使った広告ビジネスが一つ誕生をしました。またこれまで出会いの場というのは、交流会でしたが、交流会へいけば名刺交換をしてきましたが、zoomなどオンライン上では名刺交換ってしないですよね?

名刺に変わる価値って何でしょうか?そこからビジネスへ発展するための肝になるのは何でしょうか?今メディアでもこっそりですが、新しいビジネスが生まれていることを報道をされていますが、残念ながらそこには注目がされていません。

どちらかと言えば、コロナに感染しない命を守ることやそういった煽りの情報が圧倒的に多いと思いますので、新しいビジネスも埋もれている段階です。ちなみに観光ビジネスでもこれからくるべき時代に備えて、準備をしている会社はありますし、ベンチャーもチャンスを掴む動きに今コツコツと進めています。

来るべき時代に備えて!これは本当にチャンスです。チャンスしかない時代になるので、本気でビジネスを会社を起業をアップデートしていくことをお勧めします。これは知り合いの情報ですが、飲食店ってすごく大変という状況はニュースなどでも出ているので知っていると思います。

でも、こういった中で今うまく行っているお店があることは知っていますか?簡単にいううと新規客ばかり集めていたお店はかなり大変な状況です。これはニュースでもある情報と同じです。でも、SNSをやっていたり、フォロワーとの交流ができていたり、

ファンがついているお店などは売り上げが下がっていますが、それほど苦しくないというのが現状としてあります。

売り上げ減は変わらないですが、持ち堪えることができて、そこからファンとの絆を改めてつくることができて感謝できるビジネスが継続してできているという現状もあることを知ってください。情報というのは、マクロで捉えるのか、ミクロで捉えるかで変わってきます。

世界がどうかというのも知る必要があり、日本がどうというのも知る必要があります。その中で、日本全体がどうかという現状、地域がどうかという現状。飲食店と言っても形態も違うので、上手くいっていないところもあれば、上手くいっているところもあるので、

そう言った全体を知ることからこれから何をしていくかを導き出し、ベストではないけどベターな選択をして、今よりもビジネスをアップデートしていくことが何よりも重要だと思います。

個人的には、これからくるべき時代がとても楽しくもあり、チャンスも多いと思っているので、自分もクライアントも関わる人が今よりもビジネスがアップデートしていく流れをつくっていくことが大事だと思います。

 

 

まとめ

 

今回の記事は改めてお伝えしますが、2020年3月から4月にクライアントさん向けに書いてきた内容となります。時代がどう変化していくのか、社会がどう変わるのか、ライフスタイルがどう変わっていくのかなどを予測しつつ書いてきた内容となります。

今もクライアントさん向けには、来年のことも含めお伝えをしていっているのですが、今を一生懸命生きていくことや仕事をすることはもちろん大事ですが、コレからどうなるのかのための準備も必要なことだと思います!

 

時代が大きく変わるときには、チャンスが生まれやすい。

現状をどうみて、コレからどう判断するのかが問われる時代へ。

時代を読みつつビジネスをしていくことが重要になる。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えをしてきた内容をもとに、自分なりの時代予測などを考えてみると面白いと思いますし、ヒントが出てきてビジネスチャンスも増えると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.