田舎で起業して14年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

失敗しないビジネスモデルの作り方【ビジネスで成功するビジネスモデル】

投稿日:

 

ビジネスで成功するという事は、多くの人がビジネスを成功モデルを探し、自分は絶対に成功するという強い気持ちでビジネスをスタートする方が多いと思います。実際ビジネスをやっていくときに、10個の事業をやった場合には、一つ成功すれば良いと言われます。

 

1つのビジネスモデルが成功すればいいというのが、ビジネスの業界ではよく言われることになりますので、成功する確率はとても低いと思いますし、ただ10個の中で1つでもビジネスが成功すれば、その分他の10個よりもその1つが大きな利益をもたらすビジネスモデルになることも多いです。

 

ビジネスで成功する確率が低いのは、僕自身それを見越してビジネスを進めるようにしていますが、それでも成功確率を上げることはできないですが、大きな失敗をすることがないビジネスモデルを作ることが大切です。

 

今回お伝えする内容は、失敗しないビジネスモデルの作り方についてお伝えしていこうと思いますので、ビジネスで成功したい、でも失敗もしたくないという方は最後までご覧いただけると、失敗しないビジネスモデルの作り方を知っていただくことになります。

 

 

ステップ1「見込み客を集める」

 

まず最初の失敗しないビジネスモデルの作り方としては、見込み客を集めるということを考え取り組むことが重要になります。見込み客を集めるという事は、自分自身の会社であったり、自分自身、または商品やサービスに興味関心を持ってくれる人を集めていくということです。

 

 

見込み客がどれぐらい集まるかによって、ビジネスがスケールするかどうかも決まってきますし、実際見込み客の数の分だけ、売り上げを伸ばすことにもつながってきますので、見込み客を集めることができるかどうかということが、ビジネスではとても重要であり、失敗しないビジネスモデルを作る上ではとても重要だということを前提にお伝えしていこうと思います。

 

まず見込み客を獲得しようと思ったときには、自分自身の存在や会社、商品やサービスなどの存在を認知してもらうことが重要です。認知してもらうからこそ興味関心を持ってもらい、見込み客に立っていくということです。

 

見込み客というのはその商品が欲しい、あなた自身に興味がある、会社に興味があるといった状態のことを指していますので、興味関心を持っていない方というのは、見込み客になっていないので、見込み客にするためにまず必要なことをやっていかなければいけないということを知っていただくことが重要です。

 

 

認知させる〈SNS編〉

 

見込み客を獲得していこうと思った時に、認知させることが重要だと言う事は先ほどお伝えした通りです。その上でどのように認知をさせるのかということを考えたときには、SNSというのはとても重要な役割を担ってきます。

 

SNSはTwitterであったり、Instagramであったり様々なSNSがありますが、自社にあったSNSを活用することによって、どのような認知をさせ、どのような形で興味関心を持ってもらうのかを考えなくてはいけません。SNSの中では、LINEを活用している人が圧倒的に多いです。

 

次にTwitterが多いと言われますし、Instagramも今アクティブユーザーが増えているような現状になっています。Twitterでは拡散力があるため、拡散をしていくための情報発信をしていくことが大事だと思います。

 

Instagramでは検索ユーザーが増えているということもあるので、何か役立つコンテンツをSNS上で発信していくことが必要になります。

 

このように自社に誘導したいお客様がどのようなお客様なのか、その上でどのような形でSNSを活用して認知をさせていくのかというスキームを作っていくことが大事になりますので、SNSは認知のためには使わなければいけないですし、この後出てくる見込み客の状態になり、お客様にしていくためには、コミュニケーションが必要となってくるのですが、そのコミュニケーションの一環としてもSNSが活用できるので、今ではSNSをやらなくてはいけない手段だということも理解してビジネスを進めていくことが重要です。

 

認知をさせる〈ブログ編〉

 

次に認知をさせる重要な方法と言うのは、ブログを活用して認知をしていくことになります。ブログというのはGoogleやYahoo!とかで検索したときに、自分自身がGoogleやYahoo!を使わない日はないというのは1度もないと思います。

 

1日の中で何度も何度も利用するツールだと思いますので、そのツールの中に自分の情報があるかどうかということが、認知を知ってもらうためにはとても重要になるということです。

 

ブログを更新していくことによって、そのブログを見て自社に誘導することもできますし、ブログの中身によっては興味関心を持ってくれて、そのままお問い合わせにつながったり、商品やサービスなどの購入につながることも多いです。

 

 

ブログを毎日書くことであったり、月に複数回更新していくことを考えれば、その分認知度が広がっていくことにつながるので、僕自身はブログをやることによって、認知が拡大していくことができ、さらにお客様が自ら検索をし、自社の情報を受け取ってくれるといったツールを使わないと言う手段はないと思っています。

 

認知をさせる〈チラシ編〉

 

3つ目の認知をさせる方法としては、今はインターネットが主流になっていますが、インターネットだけではなくオフライン上での認知のさせ方というものもとても重要になってきます。

 

特に地方でビジネスを進めていく場合には、チラシやフリーペーパーといった方法を使って、認知をさせていくことによって、興味関心を持ってもらうことができます。例えばチラシというのは折り込みチラシでもいいと思いますし、新聞折り込みでもいいと思います。

 

新聞折り込みの場合は、どのエリアに新聞折り込みをしていくのかということも、新聞折り込みをやっている新聞社と連携をして進めていくこともできますし、反応が良かったエリアにはより多くの回数チラシをまいていくこともできますので、データマーケティングをしていく上でもチラシマーケティングと言うのはとても認知をさせていくときには重要な役割になってきます。

 

ポスティングをしていく中では、どのエリアの反応が良かったのかということも、ポスティングをしていくことによってデータをとっていくことができますので、新聞折り込みでも、ポスティングでも、チラシと言うツールを使って認知をさせることができ、そこから興味関心を持ってもらい見込み客につなげていくことができるので、インターネットだけではなく、インターネットを見ていない客層もいると言うことを理解した上で、取り組んでいくことが重要になってきます。

 

認知をさせる〈出会いの場編〉

 

4つ目の認知をさせる方法としては、自分自身を売っていくということをやるのも必要になります。自分自身を売るという事は、自分の考え方や存在を認知してもらうことになります。

 

自分の考え方や存在を認知してもらうためには、出会いの場に自分自身が行くということが重要になります。僕自身は1年間で1000人以上の人と出会うと言うことを決めて動いていました。

 

実際には1000人以上の方と出会うことによって、自分と言う存在を認知してもらうことができましたし、自分がやっているサービスを知ってもらう機会につながりました。

 

 

こうやって自分自身が動くことによって、自分自身に興味関心を持ってくれる人を、自分自身が動くことによって作ることができるので、インターネット上で何かブランディングをしていくよりも、チラシなどを使って認知をしてもらうことよりも、出会いの場に行くことによって信用も生まれますし、認知をしてもらうことも少なからずできるので、このような動きをやめずに続けていくことも大事だと考えています。

 

認知をさせるということを考えたときに、多くの場合がインターネット上にあるツールを利用して認知をさせていくことを考えるのですが、1番効果的なのが今回お伝えしているよつめの出会いの場に行く事が最も効率的であり、信用度も高い認知のさせ方をできる方法だと思いますので、ぜひリアルの間に自分自身を売り込むような状況を作るように考え取り組んでください。

 

 

ステップ2「ブランディングをする」 

 

ステップ1で見込み客を獲得していくことによって、次に大切になってくるのは、見込み客をお客様につなげていくことになります。お客様につなげるためにはブランディングをしていくことが重要になってきます。

 

ブランディングというのは様々な場所で、様々な定義で語られることが多いですが、実際ブランディングをすると言う事は、お客様に興味関心を持ってもらうためにどんな手段を考え取り組んでいけば良いのか、その上でブランディングをすることによってお客様につなげていくための取り組みになってきます。

 

僕もブランディングをしていくということがとても重要であり、自分自身だ毎日やるべき事として取り組んでいます。具体的にどのようなブランディングをすればいいのか、ブランディングの考え方や方法についてお伝えしていこうと思いますので、ブランディングのやり方が具体的にわかると思いますので、この後お伝えしていく4つのポイントを押さえるように取り組んでください。

 

相手にメリットを与える

 

ブランディングをしていくときに重要なポイントの1つ目は、相手にメリットを与えるということを考えてブランディングができているかどうかが重要になります。

 

相手にメリットを与えると言うことが特に重要で、自分自身のメリットになることだけを考えてビジネスをやっていても、お客様はそのことに気づきます。気づくと言う事はお客様にならないですし、そもそもとして、興味関心を持ってもらえないです。

 

だからこそ相手にメリットを与えることを考えなくてはいけないのですが、自分自身の商品やサービスを販売していくときに、この商品を買うことによってお客様はどのような価値を得られるのか、サービスを受けることによってどのような人生が豊かになる状況になるのかということを考え伝えていくことが重要になると言うことです。

 

相手にとってメリットになることがあれば、そのメリットを感じたときには商品やサービスが売れていきます。逆に価値を感じられないという事はメリットを与えることができていないので、商品やサービスを購入しない状況になるということです。

 

具体的にどんなメリットを与えればいいのかということを考えなくてはいけないので、そのメリット=価値というものをどのような形で伝えていけば良いのか、どのような価値を作ればいいのかと言うことを、目の前にいるお客様に対して真剣に考えていくことによって、それがお客様に伝わり、ブランディングの効果として現れてくるということです。

 

情報の三原則を意識する

 

僕自身がブランディングをしていくときに大切にしているのが、先ほどメリットを与えると言うことにもつながってくるのですが、2つ目のポイントとしては情報の三原則を意識することになります。

 

情報の三原則と言うのは「役に立つ」「面白い」「感動する」といった内容を意識することになります。意識するだけではなく、この役立つ、面白い、感動する3つの要素を伝えていくことによって、お客様が具体的にメリットを感じてくれるようになります。

 

情報の三原則を意識してブランディングをしているかどうかによって、お客様の認知度も変わってきますし、興味関心を持ってくれる割合も変わってきます。

 

自分自身の独りよがりな情報を伝えて行っても、それ自体はお客様がメリットと感じてくれないため、ビジネスにつながらない、それはブランディングができていない状況になると言うことも理解して進めていくことが重要です。

 

実際どんなことを伝えればお客様の役にたつのか真剣に考えていれば、常にお客様のことを意識できて、その常にお客様のことを意識するからこそ、お客様を目の前にしたときに、自分自身が考えていることを伝えられると思うのです。

 

逆にお客様のことを考えていないのであれば、いざお客様が目の前にいても、お客様にメリットを与えることができないので、お客様が過ぎ去っていくような状況になるというのは、自分自身の普段の意識していることが、お客様の事よりも自分のことしか考えていない状況になるので気をつけなくてはいけないです。ブランディングはお客様のことを常に意識し、お客様のことだけを考えることが重要になるということです。

 

コミュニケーションをとる

 

3つ目のブランディングのポイントは、見込み客とコミュニケーションを取るということです。見込み客とコミニケーションを取るという事は、直接的な利益につながるわけではありませんが、将来的に利益につながることもありますし、今自分自身や会社の信用や信頼につながっていくことを考えれば、いかにこのコミニケーションを取れるかということが重要になってきます。

 

コミュニケーションを取るという事は会話をすることだけではなくて、SNSの中でコメントをしたり、イイネをしたり、メッセージをしたりして、コミニケーションをとっていくことになります。

 

 

またブログであってもコメントを残したり、メルマガであればメールでお客様のことを考え発信をしていき、何かアンケートであったり、ヒアリングができるような場を設けることも必要になってくると思います。

 

このような形でコミュニケーションを普段どれぐらいとっているかによって、そのコミュニケーションの量や質によって、お客様につながっていく数というものが多いのか少ないのか分かれてくるように思います。

 

実際コミュニケーションを取るということが、少なければ当然それが売り上げの結果として現れてくるので、今自分自身が思っているよりも少ない売り上げであれば、ビジネスを進めていく中での、コミニケーションを考え、そこからブランディングを改めて見直していく必要があると思います。

 

ブランディングと言うのは自動化するものではなく、見込み客とコミュニケーションをしっかりとって、見込み客の満足度を上げていくことが重要になります。

 

事例や実績を紹介する

 

ブランディングで重要になってくる4つ目のポイントは、自分自身や会社の事例や実績を紹介していくことが大切です。実際ブランディングをしていくという事は、僕自身の中では信用をしてもらうための信用残高を上げていくことが大切になると思っています。

 

信用残高を上げていくときにはこれまでもお伝えしてきたようにメリットを与えていくのも重要ですが、それ以上に本当に信用ができるかどうかということを事例や実績を紹介することによって、信用度を積み上げていくことも大切になると言うことです。

 

事例と言うのは、自分や自社の取り組みについて、お客様がどのような価値を得られたのか、またこれまでの実績というものがどのような形で現れているのかということを伝えることによって、見込み客の信用獲得につながっていきます。

 

信用を獲得できるかどうかという事は、見込み客がお客様につながっていくかどうかという事に変わってきますので、このポイントが抑えられているかどうかによって、ビジネスのスケール具合も変わってきます。

 

今ブランディングがうまくいっていないということであれば、多くの場合がこの事例や実績を紹介する数が少ないというのがあります。お客様はどれだけの事例を持っているのか、どれだけの実績を持っているのかという事はとても重要視していますし、自分自身が商品やサービスを購入するときの価値判断をする1番のポイントになっていると言っても良いかもしれません。

 

それは自分自身がその商品やサービスを購入したときに、どのような未来になるのかということを考えているからです。ブランディングを進めていくときに重要なポイントになる事例や実績と言うものをできるだけたくさん伝えるようにするだけで、ブランディングがうまくいく可能性もあります。

 

 

ステップ3「販売して売上をつくる」

 

見込み客を作り、ブランディングをして、次のステップになるのが販売をして売り上げを作っていくことになります。ビジネスをやる以上は、売り上げを作っていかなければいけません。きれい事だけではなく、売り上げがなければビジネスを続けていくことができないからです。

 

逆に見込み客を作ってブランディングを正しくやっていれば、このステップ3というのはそれほど力を入れなくてもうまくいくように思います。逆に8割の力を見込み客を作りブランディングをしていくことにさせる位の気持ちを持ってもいいほどです。

 

販売をして売り上げを作ると言う事は、見込み客がどれだけいるのか、さらにブランディがどれだけ正しくできているのかが重要になるので、販売がうまくいかず売り上げが伸びないと言う場合は、見込み客の数であったり、ブランディングが正しくできているかどうかと言うことを見直すことが重要なので、販売して売り上げを作るまでの流れを含めて、トータルでビジネスを考えていくことが失敗しないビジネスモデルを作ることにつながります。

 

①未来を見せる事

 

販売をしていくときに重要なポイントになるのが、見込み客に対してお客様になってもらうための未来を見せることです。お客様になっていただくと言う事は、価値を提供し対価としてお金を得ることになります。

 

お客様がなぜお金を払うのかということを考えたときに、そこに価値があるからお金を払うと言う事は当然なのですが、その商品やサービスを購入することによって、自分自身がどのような未来を手に入れられるのか考えていると言うことです。

 

これは実際に考えているということを無意識に感じていることになります。人間というのはすべて意識的に動いているかと言えば、無意識に行動をしていることの方が多いと言われています。

 

例えば水を飲むときにこの水を飲んで自分の喉をうるおし、気分爽快になろうと思って水を飲んでいる人はいないと思います。単純に喉が渇いたので水を飲むということを意識しているだけで、無意識に自分自身の欲求を顕在化している事はないということです。

 

人が無意識にやっていることを、意識できるように伝えてあげることによって、自分自身の欲求が満たされ、それが自分の未来につながる、またはワクワクにつながる、喜びにつながるといったことを「見える化」してあげる事が重要になるということです。

 

どれだけ未来を正しく見せられるか、それが価値となってお客様が商品やサービスを購入するかどうかの分かれ道になってくることです。

 

②今だけの魅力的なオファーや特典を考える

 

お客様が何か商品やサービスを購入するときに、今すぐに申し込まなければいけない理由がなければ、いつか買おう、今度にしようといった形で、購入をしないような状況になってしまいます。

 

だからこそ魅力的なオファーや特典をつけて、今すぐに買わなければいけないといった状態にすることが重要です。いつか買おうと思っている人というのは、他にも魅力的な商品が出てきたときには、これまで買おうと思っていた商品やサービスの存在を忘れ、今目の前にある魅力的なお肌の商品やサービスを購入をする状態になるということです。

 

また人と言うのは何か理由がなければ行動ができないので、その理由を自分自身が自ら作っていくことが重要になってきます。今商品やサービスを売っていて、売れ行きが悪いという場合は、その商品やサービスの限定的なオファーであったり、今すぐ買わなければいけない理由を明確にしてあげることが重要です。

 

今すぐに買わないと、この次は購入できないということを考えると、人は今すぐに行動をします。この今すぐに行動をさせるという流れを作れるかどうかが、ビジネスをスケールしていく時にも重要になりますし、ビジネスで失敗しないビジネスモデルを作っていくときの状況を生み出すことにもつながります。

 

売れないビジネスというのは、売り上げが作れないので失敗してしまいますが、売れるビジネスになってくれば、売れる理由がそこにあると言うことなので、その理由を具体的に作り、お客様が行動しやすい状況を生み出していくことが重要になるので、今回がそのための1つのポイントになっています。

 

③背中を押す

 

最後のポイントとして重要になってくるのは、お客様は何か商品やサービスを購入しようと思ったときには、自分自身が今購入してもいいのかと言うことに潜在的に悩んでいます。

 

自分が今購入すべきかどうかということを考えているので、その背中を押してあげるということが重要です。背中を押してあげることによって、悩んでいたこともスッキリし行動をしてくれるようになるので、どれだけ背中を押してあげられるかが重要になります。

 

逆にこの背中を押すという事は、これまでお伝えしてきたようなお客様のことを理解し、お客様のことを考えて、お客様に対してどのような価値を与えていくことができるのかということを自分自身が理解しているからこそ、背中を押して、その背中を押されることによってお客様が行動をしてくれるということです。

 

逆にお客様が背中を押しても行動してくれないという事は、お客様のことをまだまだ理解していない自分がいるということであり、そのことを深く受け止めて、お客様のことをもっと理解しようとする努力が必要になってきます。

 

背中を押すことがポイントにはなりますが、背中を押すための材料を自分自身がどれだけ持っているかが重要になり、その材料次第よってこの背中を押すと言うポイントの効果が出るのか、でないのかが分かれ道になってきます。

 

 

まとめ

 

失敗しないビジネスモデルの作り方についてお伝えしてきましたが、ステップ1からステップ3までの流れを作ることによって、ここまでできれば特別大きな成功をする事は無いかもしれないですが、少なくとも失敗をしないビジネスモデルを作ることができます。

 

僕自身がビジネスを進めていくときには、まずはスモールビジネスを考えて取り組んでいきます。いきなり大きなビジネスをしようと思っても失敗をしたときには取り返しのつかない状態になることも多いので、失敗をしてもリスクが少ない状況を作ることが大事であり、失敗のリスク回避をすることができれば、また次にもチャレンジをすることができる状況を作ることができます。

 

成功するビジネスモデルの作り方というのはとても難しいのですが、失敗しないビジネスモデルの作り方というのは、誰でも再現性が高く、失敗をしないビジネスモデルを作ることができるので、大きな成功を目指すのも良いですが、最初はリスクを回避することを考え、失敗しないビジネスモデルを作ることを考えてみることをお勧めします。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2022 All Rights Reserved.