田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

経営者・起業家のマッチングアプリを利用して仕事へつなげる

投稿日:

コロナ以前は、異業種交流会や経営者の交流会というものを通じて、経営者や起業家とのマッチングをするのが当たり前でしたが、最近ではマッチングアプリと言うものを使って、起業家や経営者とつながることが増えています。

これはコロナになってから人と会えないと言うことがあり、どうやったら人と会えるのかと言うことを考えた中で、1つの方法として経営者や起業家のマッチングアプリを利用して仕事につなげると言う方法があります。

僕自身経営者や起業家のマッチングアプリを利用しているのですが、毎日新しい人とつながることができて、その中でビジネスにつながっていくことも増えています。これまでにはなかった新しい出会いの場だと思いますので、起業家や経営者の人はぜひマッチングアプリを使ってビジネスを進めていただきたいと思います。

 

 

経営者・起業家のマッチングアプリとは?

 

経営者や起業家のマッチングアプリと言うのはどういったものかというと、多くの場合は自分のプロフィールや地域などを設定して、その中からアプリケーションの方が、自分と合いそうな経営者や起業家とマッチングをしてくれると言う内容になります。

起業家や経営者の人が多数登録をしているため、自分にマッチングしそうな人を選んでくれるので、自分自身アポイントメントを取りやすかったり、連絡を取りやすかったりします。

もちろん全ての人とマッチングができるわけでは無いですが、でも自分にとって自宅にいながら、もっと言うとスマートフォンを持ってどこにいても、自分がこれまで出会うことがなかった人たちと出会うことができ、その中でビジネスが発展していくと言うのはとても面白い環境になっている時代だと思っています。

まだまだ経営者や起業家のマッチングアプリと言うのは、知っている人は知っているけど知らない人は活用していないので、多くの人にマッチングアプリを通じて新しい出会いを求めていただきたいと思っています。

それが仕事になるかどうかと言うよりも、これからの時代はそういった時代になってくると言うことだと思うので、実際今から使っている人と後から使う人とでは、マッチングアプリの可能性と言うものをビジネス的に使いこなすことができるかどうかにもつながっていくと思います。

僕が使っている経営者や起業家のマッチングアプリは、この3つです。

 

Linker

https://lnkr.jp

 

COLABO

https://www.colabo-match.com

 

yenta

https://page.yenta-app.com/jp

 

それぞれ使いやすさや機能等は変わってきますが、毎日この3つのアプリを使って起業家や経営者とつながることができています。そのおかげもあって自分が知らない分野の話を情報交換することができたり、またそこから新しい出会いとなってビジネスで発展していくことにもつながっています。

 

 

今はリアルよりもzoomの時代

 

コロナになってから対面で会うと言うことが少なくなりました。そのおかげでコストパフォーマンスが良くなったビジネスもあるのですが、その1つがzoomを使ったビジネスになると思います。オンラインセミナーや商談と言うものも今はズームで行うことが増えています。

要はリアルよりもネットで何かを完結すると言う形のビジネスが増えていると言うことだと思います。実際僕自身もzoomを通じて毎週いろいろな人と話をし、商談をすることができています。僕自身田舎に住んでいるため、移動と言うコストがかからなくなって、また時間も生み出すことができるようになり、これからはリアルよりもネットの時代がより加速していくのだと思います。

実際経営者や起業家のマッチングアプリを通じて、Facebookでつながり、そこからズームをすることが多いです。多くの人は大阪や都心部に住まれている方が多いのですが、いきなり大阪や都心部のほうに行くと言う事は難しいので、zoomで話をしてからお互いのビジネスの状況を知り、情報交換をした上で、自分たちがどういったことでつながることができるのかと言うことを理解した上で仕事を進めていくことができるので、より効率的にビジネスができるようになっています。

これはものすごく凄いことだと思います。これまでは経営者や起業家と出会うときには、冒頭でもお伝えしたように異業種交流会等へ参加しなければ知り合う機会と言うものは少なかったです。それが今では異業種交流会に近い形で、オンライン上で経営者や起業家と知り合うことができると言うのはとんでもないメリットだと思います。

また場所を指定することもないので、そういった場所を選んだり事務所へ行くと言う時間を考えれば、費用対効果もどれだけすごく効率化できるのかと言う事は、少し考えればわかることだと思います。

リアルよりもzoomと言うものが、今では当たり前になってきているので、そのためにもネットを使いこなすことであり、zoomを使いこなす事をお勧めしますし、起業家や経営者と知り合う1つのきっかけとして、経営者と起業家のマッチングアプリを使うことをお勧めします。

 

 

場所を選ばずにビジネスマッチングができる

 

僕のような地方に住んでいる、しかも田舎に住んでいる起業家や経営者にとってみれば、場所を選ばずにビジネスマッチングができる、ビジネスマッチングアプリと言うのはとても素晴らしいツールになると思います。ただビジネスマッチングができると言っても、すぐに仕事につながるかというとそうではない場合がほとんどです。

結局人と人とがつながり、その中でお互いが信用できるかどうかと言う見極めも必要になってくるので、すぐに仕事につながるかというとそうではないと意識していただきたいですし、まずは会ったことも無いのに信用ができるかと言うと、なかなかそういう信用はできない状態だと思うので、Facebookを通じて信用を作り上げていくと言う流れは必要になってくると思います。

ただそのきっかけがマッチングアプリだということを認識して使っていくことが特に必要になると思います。これはなぜそのようにお伝えするかと言うと、マッチングアプリなのでそこには人が使っていると言うことです。

結局自分のための利益を得ようと思ってビジネスマッチングアプリを使うと、信用と言うものは生み出すことができないですし逆にこの人は自分のことしか考えていない人と言う位置づけになるため、一度ビジネスマッチングをしても次へつながる事は少ないと思います。

場所を選ばずにできるビジネスマッチングアプリと言うのはとても素晴らしいですが、使い方が使う人が自分のために使っているのであれば、多分既にブラックリスト入りして、そのアプリケーションを使うことができなくなると思います。

これはよくあるパターンなので気をつけていただきたいのですが、知り合ったらすぐに自分の商品やサービスを売り込みするというのはやめたほうがいいと思います。もちろん商品やサービスを売り込むことによってその時に欲しいと言う今すぐ客を捕まえることができることもあると思いますが、多くの場合は必要がないと思っています。

そもそもビジネスマッチングをする人の中では、自分を売り込みたいと言う人が圧倒的に多いからです。自分を売り込むと言うのはまずは自分を知ってもらう流れを作り、そこから心を作っていくということが本来のあり方だと思うので、いきなり売り込みと言うものをしないようにしていただきたいです。

 

 

出会いの定義が変わっている

 

これまでにもお伝えしたように、経営者や起業家のビジネスマッチングアプリと言うものが誕生し、これまでリアルに会った異業種交流会などの出会いの場だけではなく、ネットやアプリといった場で経営者や起業家と出会うことができると言うような流れになっています。

また異業種交流会に行っても自分が出会いたい人と出会うことができるかというと多くの場合はそうではありません。でもビジネスマッチングアプリを使うことによって、自分のプロフィールや趣味関心などを多く入れることによって、ビジネスマッチングアプリがAIを導入していることがほとんどなので、AIによって自分とあいそうな人をマッチングしてくれると言うのは、とても心強い形になっていると思います。

自分が合わない人とマッチングをしても意味がないと思うので、そういった意味ではAIが導入されることによって、自分に興味がありそうな人や、自分が興味のある人とつながることができるのもビジネスマッチングアプリの良いところだと思います。

そういった意味では出会いの定義と言うものはこれまでと違って、より最適化しやすい環境が整ってきているのだと思います。もちろんアナログにはアナログの良い部分があると思いますし、アナログの良いところは伸ばしていくことが必要だと思うのです。

ビジネスをより効率的に行うためには、最適化と言うものは必須になってきますし、最適化をするためには効率化を求めだければいけないです。効率化を求めることも、最適化をしていくこともビジネスマッチングアプリを使うことによって、より加速してビジネスを進めることができるのだと思います。

最近では婚活や彼氏彼女を作ると言うのも出会いのマッチングアプリで知り合い、彼氏彼女を作ったり、結婚すると言うことも増えているみたいです。これはビジネスも同じような状態が増えてくると思うので、今からビジネスマッチングアプリを使って、今の時代についていくと言うこともやっていただきたいです。

 

 

まとめ

 

起業家や経営者と出会う場と言うのは、オフラインのような異業種交流会だけではなく、これからはビジネスマッチングアプリを使って、これまでに出会うことがなかった人と出会い、新しいビジネスの形を進めていくことも重要な形だと思いますし、これらかの時代は、ビジネスマッチングアプリでビジネスが進んでいくと言う流れになっていくと思います。

僕は毎日ビジネスマッチングアプリを通じて新しい出会いが増えています。このビジネスマッチングアプリを通じて、場所も関係なくつながることができ、ズームを使って話すことができるおかげで、場所も関係なくビジネスをすることができるというのは、これからの新しいビジネスのスタイルなんだと思います。いち早く慣れることも重要になってくると思うので、起業家や経営者の方はいちどビジネスマッチングアプリを使ってみてください。

 

 

これからの新しいビジネスの出会いの場として、ビジネスマッチングアプリを使っていくことが重要になる。

異業種交流会よりもビジネスマッチングアプリの方が、AIが自分に興味がありそうな人、自分が興味ある人とマッチングしてくれるので、より最適化したマッチングをすることができる。

新しい時代には、ビジネスマッチングアプリのような形でビジネスを進めていく人が増えてくると思うので、今から活用し慣れておくことも必要。

 

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えをしてきたビジネスマッチングアプリを通じて新しい出会いがあることを願っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2021 All Rights Reserved.