田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

ブランドをつくるためのブランディングとは?

更新日:

ブランドをつくるためには、どうすればいいのか?漠然としていて、大事なことだとわかっているけど、なんとなくしか解らない事ってあると思います。ブランドってヴィトンやプラダなど自分がそんな大きなことをやろうと思っていない、でもブランドって必要だ。

この中で自分が何をやればいいのか?どうしていけばいいのか解らなくなる事ってあると思います。そんときに今回の「ブランドとは」「ブランディングとは」を参考にしていただけると嬉しいです。

ブランドってなんだろう?

 

そもそもブランドとはなんでしょうか?高級なもの?認知度が高いもの?それぞれイメージする事って違うと思います。ブランドってものすごく抽象的だけど、多くの人が必要なものであり、会社や商品名などもブランドかされているかどうかって大事です。

例えば、財布を購入するときでも「ヴィトン」の財布であれば10万円です。と言われてもそれぐらいするよなと思い、そこに価値を感じて購入する人も多数いると思います。一方で「NAGATSUNA」というブランドの財布があってもここって一体どこ?となるので、財布に10万円も出せないという方が多いと思います。

財布の機能は全く一緒でも、財布の素材が一緒でも、「ブランド」が違うだけで影響力って違ってきます。

ブランドとは認知の大きさなのか?

 

ブランドは認知の大きさによっても変わってきます。例えば、服を購入するときには「ユニクロ」など圧倒的に有名であり、認知度の高いと購入するのも違和感なく買えると思います。同じように「NAGATSUNA」という聞いたことがない服は、多分買わないでしょう(笑)

認知度ってブランド価値を高くする一つの要素になることは、間違い無いです。結局は、ブランドというのは、僕が定義していることは、

 

ブランド=信用力

 

信用力の大きさによって、ブランドの影響力って変わると思っています。影響力っていうとなんでしょうか?認知されている、安心できる、有名、などの要素があると思います。一度、自分にとってブランドってどんなイメージなんだろう?と考えてみてください。

ブランドは、信用力の大きさによって価値が変わってきます。有名人や著名人が使っている商品って売れますよね。なんででしょうか?有名人や著名人を使うのは、「信用を買っている」「認知(影響力)を買っている」のだと思います。

大企業は、有名人を起用して商品やサービスの認知を上げていきます。信用力や影響力も同時につけているのです。そこにどんな物語があるのかも大事ですね。

これまでにある商品やサービスなどをブランドに置き換えると、

 

ブランド=信用力

ブランド=理念

ブランド=ファン

 

それぞれの大きさによってブランドの価値が変わってくると思います。

ブランドをつくるためのブランディングとは?

 

ブランドは信用であり、理念であり、ファンのことである。ではブランディングって一体なんでしょうか?ブランディングはブランドをつくるための仕組みのことです。仕組みをどうつくっていくかが重要になります。

なぜSNSで情報発信をするのかといえば、ブランディングをしてブランドをつくるためです。情報発信することがブランディングになるということです。

情報発信をして、なぜブランディングができるのか?を考えていかなければいけません。僕がいつもお伝えしていることは、例えば、

---------------------------------

ブログを書く

   ↓

検索でブログを見る

   ↓

ブログを見て読者になる

   ↓

興味を持ってもらう

---------------------------------

というように流れていくので、情報発信したときに「どこに繋がるのか」を考えて発信することが大事になってきます。発信して終わり、、、というパターンが一番勿体無いですね。

情報発信をするには、とんでもなくエネルギーを使うことになります。そのエネルギーが無駄にならないためにもブランディングをする。ブランディングするためにはどこに向かっているのかを知る必要があるということですね。

まとめ

 

ブランドとブランディングについてですが、ブランドは信用力が大きいことになりますが、ブランディングは信用力を付けるまでの仕組みづくりとなります。ブランディングができなければ、ブランドは小さいままになり、小さままということは影響力がないことになります。

ブランドを考えたブランディング(=情報発信)をすることが、これからは重要になります。誰でも同じようなことではなく、自分ができる最大限の価値を提供していくことが大事になってくるということですね。ブランディングがうまくいくと認知度が上がってきているので、認知がされているということは、集客も安定してくることにつながります。

 

ブランドは信用力であり、影響力である

ブランディングは、信用を積み上げていく仕組み

ブランドをつくるためのブランディングを考えること

 

以上の3つのポイントを意識してブランドについて考えてみていただけると嬉しいです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.