田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

ビジネスをするだけで無料でお金がもらえる方法

更新日:

今回のタイトルはものすごく刺激的で、興味がある人も多いと思いますが、少し大げさかもしれませんが、王道の方法ですのでぜひ実践してみてください。ただし、王道ですから王道のビジネスをする方以外は難しいです。

これから本気で起業を考えているなら、今起業をしているなら活用はできます。ただ怪しいビジネスは難しいです。情報商材の販売、人には言えない商売のようなものはNGです。

人に言える、自分が誇れるビジネスをすることが大事です。だからと言って情報商材などを否定しているわけではりませんので。

 

なぜ、王道のビジネスをする必要があるのか?

 

お金がもらえる方法ですが、簡単に言うと、国や県、市、企業からお金がもらえる方法です。お金がもらえるからといって怪しいと思われるかもしれませんが、これは国が中心となって起業家やビジネスをする会社を補助するものです。

 

補助金

助成金

 

この二つですが、リアルビジネスをしている人はよく話を聞くと思います。銀行や商工会など様々な認定機関が受け付けています。

実際僕のクライアントさんも助成金や補助金を使ってビジネスを進めています。例えば、ホームページの作成、コンサルティング、チラシの作成、カンバの作成、名刺の作成など宣伝広告費などにも活用ができるものです。

起業をこれからすると言う場合には「起業補助金」があり、最大200万円まで補助してくれます。本気でビジネスをしようと思っている人は、こういった方法も知っていると活用ができるので、知識として身につけて欲しいです。

最近はクラウドファンディングなども活用する方がいますが、クラウドファンディングもいいですが、国や行政が支援してくれるサービスも活用することをお勧めします。

 

ここ数年よく利用されている補助金の一つに

 


概要:
本事業は、小規模事業者が自らの経営を見つめ直し、事業の持続的な発展に向けて経営計画を作成して販路開拓等に取り組む際の経費の一部を補助するものです。なお、本公募は、商工会議所地区の事務局である日本商工会議所によるものです。商工会地区で事業を営んでいる小規模事業者については、事務局が確定後に別途公募手続きを開始します。

 

公募期間:平成31年4月25日(木)~令和元年6月12日(水)

 

対象者及び補助率等:
・対象者:商工会議所地区で事業を営む小規模事業者
・補助率;補助対象経費の3分の2以内
・補助上限:原則50万円

詳しくは中小企業庁のホームページへ

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2019/190425jizoku.htm

-----------------------------

 

この補助金は、上限50万円まで補助してくれます。以前はホームページやチラシの作成をしたいといった相談を受けて補助金を使って頂き作成をしました。

クライアントさんにとっても事業を進めていくにあたりとてもありがたい支援になりました。

知っているか知らないかで得したり損したり

 

情報ってしって入れば得することもありますが、知らないと損をします。補助金や助成金は毎年変わっていますが、その情報を早く入手して申請を出されるのもいいと思いますし、各事業の方と信頼関係を築いておくことも必要です。

結局情報って自分で探すか、人から聞くかの入り口がもっとも多いと思いますので、知らない情報こそ人から聞く、またはアンテナを張って情報を入手することが重要です。

補助金や助成金を知っていれば、起業したときにもっと加速的に取り組めたりもしたはずです。

僕は起業した時にはこういった情報を知らなかったので、補助金や助成金なしに起業しました。当時知っていたら、、、と思うことがあったので、これから起業する人には損をして欲しくないです。

お金で諦めているのであれば、ぜひ補助金や助成金を活用して欲しいです。窓口になっている商工会や指定の金融機関に相談へ行って、起業することや事業計画なども含めて話をしてみることもお勧めします。

無料でもらえるからといって何もしなければいいと言うことではなく、書類を作ったり、事業の明確性、汎用性、将来性などあらゆる面で見られますので、話せることはとても大事です。

話した内容を紙に書き起こしていくのも起業家にとって、とても大切なことだと思います。

まとめ

 

お金がもらえるのであれば、それをビジネスに活かす手はないです。最初にもお伝えしましたが「王道のビジネス」を行う必要があります。それはなぜか?簡単に言うと誰が見てもわかりやすいからです(笑)でも、わかりやすいって大事なんですね。説明がたくさんいるものほど補助金や助成金の申請を通すのは難しいのではないかなと個人的には思っています。

ただ間違えないで欲しいのが、補助金や助成金をもらうためにビジネスをすることはお勧めしません。あくまでも起業していくビジネスを加速するためのツールの一つとして考えて欲しいのです。もっと言えば補助金や助成金がなくてもそのビジネスは必ずやるということです。補助金や助成金がもらえないなら起業しないというのは間違った企業の方法だと思いますので考え方を間違えないようにしてください。

 

今回のまとめは、

情報は知っているかどうかで差が出る

補助金や助成金を活用してビジネスを軌道に乗せる

専門家や関係機関へ相談をして進めること

※今回、無料でお金がもらえると言う過激な表現をしていますが、補助金や助成金は必ずもらえるものではありません。審査があり、書類を作って提出するなど時間がかかります。資料作成、サポートは認定機関や資格がある方でないとサポートできませんので、きちんとした機関などへ相談へ行かれることをお勧めします。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.