田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

3つの壁を越えることが売り上げを上げるために必要

更新日:

僕は起業家でコンサルティングやプロモーション業をやっている傍に「コピーライター」としても活動をしています。執筆活動は結構好きなんですが、コピーライターでも特にセールスライターとして活動をするときには、どうやって商品やサービスを販売していくかを考えています。

ブランディングをしつつセールをしていくためのライティングはとても重要になってきます。その中で大事にしていることが今回お伝えをする「3つの壁」なんです。

 

ポイント

読まない壁を越える

 

まずは最初に「読まない壁を越える」ことが大事です。コピーの最初の壁になるのですが、いくらいいコンテンツを提供をしていても「読まない・見ない・聞かない」という壁を越える必要があります。

ものすごくいい商品やサービスを持っていても、そもそも信用をしていないので話を聞いてくれないし、いい記事を書いても読んでくれないです。だから考えることは、

 

🔵読まないこと前提で記事を書く

🔵聞かないこと前提に話す

🔵見ないこと前提にコピーや画像を用意する

 

この最初の「読まない壁」を越えるためには、前提を読まない、見ない、聞かないということを考えて情報発信をしていくことが重要になってきます。

今回いい記事が書けたから絶対商品を買ってくれるであろうというのは、自分勝手な考えになっていますし、自分が思っていることなので、それは読み手には関係ないことなんですね。

よくfacebookやブログなどを書いている方から「いいこと書いてあるんだけどアクセスが伸びないんだよね~」って言われることがあるんですが、そもそも読んでないですから・・・とは言えないです(苦笑)

情報発信をする、営業をするというときには、前提を間違えないようにしてください。対策としては、

 

キャッチコピーを考える

件名、タイトルを考える

画像にインパクトをもたす

 

などの工夫をしてみてください。

 

ポイント

信じない壁を越える

 

読まない壁を越えることで次の壁になるのが「信じていない壁」です。そもそもあなたのことを信用をしていないということを知っておくことが必要です。

情報発信をしていて、いいことが書いてあってもどこを信用をしていいのかわかりません。その情報が正しいのか、正しくないのかもわかりません。だから、信用をしてもらうことが必要です。

読ませることができれば、「信用残高」は増えていきます。1回、2回、3回と読んでいくほど信用残高は貯まるんですが、その壁を越えることは並大抵ではないですね。

あなたも信用するってどこの誰かわからない人を信用できるかと言えば、信用できないのではないでしょうか?

信用してもらうためには、「証拠」となるものを見せていく必要があります。その証拠とはまずは嘘をつかないことはもちろんですが、

 

🔵実績

🔵権威の紹介文、推薦の声

🔵お客様の声

🔵統計データ、歴史的なデータ

🔵リアルな店舗、事務所

🔵プロフィール(顔出し、物語)

 

などを出していく必要があります。自分自身がどういった人物なのかを出していくことで、信用してもらうことができます。いきなりは難しくても信用する証拠にはなっていきますので、先ほどの項目をチェックしてみてください。

一番の信用は「リアルで会う」ことだと思います。情報発信をしていてどんな人物なのかは会うとわかりますので、会うことは今のネット社会だからこそ信用をつくる武器になると思います。

 

ポイント

行動しない壁を越える

 

次に3つの目の壁になるのですが、一つ目が「読まない壁」二つ目が「信じない壁」を超えていき、最後には行動しない壁を乗り越えていくことになります。

行動しない壁は、最終的な行動になるので「申込」となります。申込というのは、

 

🔵メルマガへの登録

🔵商品やサービスの購入

🔵LINE@の登録

🔵問い合わせ

🔵電話

 

などの、行動になってきます。ビジネスをやっていると情報発信をして何らかのアクションをユーザーから起こしてもらうことが必要になってくると思いますが、その行動こそが「申込」になると思います。

行動してもらうには最終的には「背中を押す」という役目になってきます。背中を押すためには、行動しやすい状況を作ってあげることが必要です。行動しやすい状況というのは、どうやって作るのかというと、普段あなたが体験していることになりますので、改めて抑えておいて欲しいです。

 

特典(特典に価値がある)

限定性(数量、人数など)

口コミ

 

などのポイントが大事になってきます。特典は最近では雑誌でも特典(=付録)の方が欲しくて雑誌を買うお客様がいたり、限定性もAKB48の握手券なんかもそうですよね。口コミは第三者の声があるということで、これらのポイントがあると背中を押されて最終的な行動をとってくれやすくなります。

欲しいけど自分なんかが買ってもいいのか、、、ということを感じてるので、「許可」を与えることも大事です。許可というのは買ってもいいんだよ、申し込んでもいいんだよということをいってあげる「追伸」というのがあるといいと思います。

 

まとめ

 

商品やサービスを販売するときには、読まない壁、信じない壁、行動しない壁を超えていくことで、売り上げを上げていくことができるので、ぜひこの3つの壁を意識してセールをして欲しいです。

 

読まないこと前提に考えて情報発信をしていくことで壁を越えることができる

信じていないこと前提で信じてもらうための要素を取り入れて情報発信をすること

行動できないこと前提で行動できな壁を取り払い、お客様へつなげていく

 

以上の3つのポイントを意識してセールスに活かして下さい。最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.