田舎で起業して13年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

1日一人のお客様を集める

投稿日:

ビジネスにおいて集客をする事はとても重要なことだと思います。店舗であれば当たり前のことかもしれないですが、インターネットでビジネスをしている人であれば当たり前でないと言うことがあります。それは何かと言うと1日1人でも2人でもお客様を集めると言うことです。

お客様を毎日集める事は当たり前だと思うのですが、売り上げが上がらない人ほどお客様を集めると言うことをやらない人が多いです。集客や売り上げに悩むと言う事は、1日1人のお客様を集めると言うことが難しいと言うことです。

本来ビジネスをやっていれば1日1人でも多くのお客様を集めると言うことをやらなければなりません。この当たり前のことを当たり前のこととしてできている人は少ないと思うので、今回改めて1日1人のお客様を集めることの重要性についてお伝えしようと思っています。

 

 

1日一人のお客様を集めるには?

 

1日1人のお客様を集めるためにはどのようにすれば良いのか、どういった方法があるのかを考えるのがビジネスだと思います。今1日1人のお客様も来てないと言うことであれば、そのお客様はどのように獲得していくかをまず考えていかなければなりません。

実際お客様が来ていないと言う現状があるのであれば、そこを改善していかなければ、将来的にビジネスをスケールさせることは難しいと思うので、今課題になっていることを愚直に取り組んでいくと言う考え方が重要になります。

起業して僕も同じような体験なのですが、1日1人のお客様を集めようと思えば、お客様が来る集客の仕組みを作らなければなりません。またお客様が来ると言う事は、何か商品やサービスが売れていくと言うことです。

逆に何も買っていない人はお客様ではなく見込み客でしかないと言うことですだからこそ考えなくてはいけない事と言うのは1日1人のお客様を集めると言うことです。

ここを真剣に考えている人と考えていない人では大きな差が生まれてきます例えば1人のお客様が3000円の商品なりサービスを買っていくのであれば、30日で90,000円の売り上げが保障されていきます。

でも実際一日1人のお客様が来なければ売り上げと言うものが予測しづらくなって来ますし、予測しづらいだけではなくてビジネス自体を続けていくと言うことが難しくなる可能性もあります。

この辺は起業する前に事業計画書を作ると言うことも考えられますし、今事業計画書を作っていないと言う起業家の方がいれば、事業計画書を作ると言うことも考えてみなければいけないと思います。

事業計画の中にはどのような形でお客様を集めていくかと言う政策を考えていると思うので、お客様が集まる仕組みを考え取り組んでいき、毎日お客様が集まる仕組みを作らなければならないと言うことだと思います。

 

 

そもそも一人も集まらない

 

ビジネスをやって思う事は、そもそも1人もお客様と言うものは集まらないと言うことです。集まらないと言うよりも1日1人のお客様を集めると言うことがとても難しいと言うことに気づきます。

起業してからわかったのは、自分がどれだけの信用があるのか、信用が生まれているのかと言うことがわかりました。これはどのようにわかったかと言うと起業して分かった事は僕は信用がないということがわかったのです。もちろん信用がなければ商品やサービスを販売しても売れる事はありません。

世の中にあるお店にお客様が来ていると言うのは、そのお店であったり、そのお店の人に信用があると言うことだと思います。1人も集まらないと言うことを前提にビジネスをするのであれば、どのようにやっていけば信用が集まるのかと言うことを考えていかなければなりません。

お客様と言うものは、毎日忙しくて、お金も損をしたくないと思っています。その中で自分がお金を使ってもらおうと思えばとても難しいと言うことを考えなければいけないと言うことです。

お金を使うと言う事は自分でわかったのですが、実はお金を使うときにはものすごく信用と言うものを重視していると言うことを知りました。お金が集まると言うのは信用が集まると言うことと一緒です。人にもお客様が集まらないと言う事は、1人に対しての信用を生むことができてないと言うことと一緒だと思います。

1人もお客様が集まらないと言う現状を打破しようと思えば、信用を積み上げていく取り組みをしなければ、いつまでたっても1日1人のお客様が来ないので1日1人のお客様を集めるための信用を生む仕組みと言うものを考え取り組んでいくことが重要になると思います。

 

 

集まりやすい環境をつくる

 

先ほどもお伝えしたように、集まりやすい環境を作っていくことが重要になります。お客様が集まる、または集まりやすいと言う環境がどのような状態なのかを考えなければいけません。これは自分のビジネスのジャンルで、どのような情報発信をしたり、どのようなお店にしていけば信用が生まれるのかと言うことを考えなくてはいけないと言うことになります。

逆に今お客様が集まっている場所を知ることも重要です。なぜお客様がそこに集まっているのかを考えることによって、お客様が集まっている理由と言うものを分析することができると思います。

お客様が集まっている理由と言うものを分析していくことによって、その分析した自分の考えた内容を、自分のビジネスに活かしていくことによって、お客様がどのように集まってくるのかと言うことを知ることができると思います。

何もわからない中で何かをやると言う事は難しいと思うのですが、実際に今人が集まっている、お客様が集まっている場所やインターネット上のコミュニティーと言うものもあると思うので、そこで人が集まっている理由を分析し、その分析した材料と言うものを生かしていくだけで、これまでお客様が来なかったと言う状態を改善することにもつながっていくと思います。

これはマーケティングの中で言うとリサーチの部分に当てはまると思うのですが、結局ビジネスをやっていると自分のことで精一杯になっていきやすいです。

自分のことも大事ですが、成功している事例や今うまくいっている、今旬なものと言うものはお客様が集まりやすいので、その成功事例から分析をし、自社のビジネスに活かしていくと言うことの方が、集客をする上では楽になる場合があります。0から1にする事は難しいですが、1あるものを2や3にしていく事はそれほど難しくないと言うことです。

 

 

集客ができる方法を常に意識する

 

ビジネスで重要な事は、タイトルにもお伝えしたように1日1人でもお客様が集まると言う状態を作ることです。1日1人2人とお客様が来ることによって売り上げが上がっていきます。

売り上げが上がると言う事は売り上げを使うことによってビジネスをさらに良くしていくことで、顧客満足度を上げていくと言うこともできます。そのためには集客ができる方法を常に意識しなければなりません。

僕は集客と言うものは普遍的なものではなく陳腐化していくものだと思っています。これは今ある集客と言うものはずっと続くと言うことではないと言うことです。だからこそ、常に集客と言うことを考えなくてはいけないですし、集客のやり方も時代とともに変えていかないといけないと思っています。

集客ができればビジネスに悩む必要がないと言うこともよく言われることなのですが、集客をできる状態にしようと思えば、毎日何らかのことをやっていなければいけないですし、常に考え、常に時代を見ていく必要があると思います。

集客と言うのはマーケティング的に言うと感情的に購入しようと思っている人たちを集めることを集客といいます。お客様と言うものは常に感情で動いていると言うことです。またこの感情と言うものは変化するものであり、この変化も人が成長していったり、時代が進化することによって感情と言うものが変わってきます。

実際に人を観察していくということが、ビジネスでは重要になってくるのかもしれません。人の動きを見ていくことによって、さらに人がどのような感情を持っているのかを知ることによって、ビジネスがどのように変わっていくのかも同時に考え、自分のビジネスを進めていくということが、これからのビジネスでは重要になってくると思います。

 

 

まとめ

 

1日1人のお客様を集めると言う事は、ビジネスでは当たり前のことであり、この当たり前のことが当たり前のこととしてできていないことがないかもしれない。ただお客様を集めようと思ったときには、お客様のその時の感情と言うものがあり、時代とともにお客様と言うものは進化していくものだからこそ、お客様の感情や時代に合わせた動きと言うものを知り、それをビジネスに活かしていくことが重要になってくる。

お客様を知ることによって、お客様がどんな悩みを抱えていて、どんな問題を解決しようとしているのかを知ることによって、お客様が集まる場と言うものを提供することができ、そこに来ればお客様の悩みや問題を解決することができることを知ってもらえば、1日1人のお客様を集めると言うことができ、そこに生まれた信用と言うものは、多くの人に伝わっていく流れになっていくと思います。

ビジネスで重要な事は、お客様の悩みを解決すると言うことが、ビジネスの本質であり、常に意識しなければならないことだと思います。1日1人お客様を集めると言う事は、1日1人お客様の悩みを解決すると言うことにつながりますので、これはビジネスをやるのであればやらなければならないと言うことも考え取り組んでいただけると、これまでのビジネスのあり方と言うものも変わってくると思います。

 

 

1日1人のお客様を集めるためには、信用を生み出しお客様の悩みを解決していくことを大事にすることである。

お客様は感情の生き物であり、その感情を知るためにはお客様のことを知る必要がある。

お客様を集めようと思えば、信用を生み出す装置を作らなければならない。その信用を生み出す装置をビジネスの仕組みに入れていくことが必要。

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えをしてきた1日1人お客様を集めるための考え方について、これからのビジネスのヒントになると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.