田舎で起業して12年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

LINE@の登録者を増やす方法

投稿日:

今やLINEを利用している月間のアクティブユーザーは6000万人を超えています。日本人の二人に一人は使っていることになります。そんなLINEを使ってビジネスをしたいと考えている起業家は多いと思います。

以前はメルマガが主流でしたが、メルマガの不達問題やLINEの文化が根付いてきたのでメールを読むという習慣も以前に比べて無くなってきています。でもLINEは開封率も高く到達率も高いツールになっていますので、企業・起業家中心に情報発信ツールとして活用している人も多いはずです。

そんなLINEでビジネスができる「LINE@」を使ってビジネスを始めるけど、LINE@は登録をしてくれた方へLINEを発信できるツールになります。起業家で使っている人も多いですが、悩みは「登録者を増やす」ことです。LINE@の登録者を増やす方法についてお伝えしようと思います。

 

ポイント

王道のブログから増やす

 

もはや王道のブログから登録者を増やす方法です。アメーバブログを活用して登録者を増やすケースが多いですが、王道中の王道ですね。

僕のクライアントもブログを使ってLINE@の登録者を増やしています。ブログのアクセスが増えることも大事ですが、「ブログには書いていない情報」「有益な情報」を届けることもポイントになってきます。

LINE@キャンペーンではありませんが、登録すると特典がある、お得な情報が届けられるというのもメリットになると思います。

ブログのアクセスが集まれば自動的に登録者が増えていきます。もちろん大事になるのは、登録を促すページが必要です。

ブログとは違いますが、導線を作っていく場合には「落とし所」が必要です。その落とし所がLP(ランディングページ)です。

単純に登録をしてくださいねと言ってもよくわからないものには登録する時間も奪われるし、そもそもメリットがないので登録をしないです。

そのためにもLPを使って登録するメリットを伝えるものが必要になってきます。このLPを作るだけで登録率が変わってきますので、LINE@を始めているけど登録者が少ないという方はすぐに作った方がいいと思います!

 

ポイント

SNSから増やす

 

ブログと同じぐらい大事になるのが、SNSです。Twitter、facebook、Instagramといったメディアを使ってLINE@の登録者を増やしていく方法です。

SNSのフォロワーが増えてきたり、登録して役に立ったということになればシェアやリツイートをしてくれますので、まだSNSを活用していない人は必ずやった方がいいと思います。

僕が取り組んでいる方法は、

 

Blog→SNSで拡散→LINE@へ登録→情報発信をしてコミュニケーションをとる

 

上記のような流れを作って取り組んでいます。今は1日に1~2件登録があります。SNSで拡散していく場合には、「キャンペーン」を作って拡散することお勧めします。

キャンペーン企画で、期間限定の登録キャンペーンであったり、何かお得な情報やプレゼントがあるようなキャンペーンになると、拡散力もアップするのと同時に登録者が一気に増えていきます。

地味ですが、交流会などへ行ったときに名刺にLINE@の情報を載せて、名刺交換をした人だけのお得なプレゼントや特典があることを書いていると、その場で登録してく流こともあるので、地味ですがかなり効果的になるのでお勧めです。

 

ポイント

広告から増やす

 

僕はここに力を入れてやっていました。FacebookやTwitterの広告からLINE@の登録へ促していたのですが、通常一人登録してもらうのにかかるコストが2000円前後と言われていますが、僕の場合は広告運用が得意なこともあり、一人500円かからないぐらいで登録をしてくれています。

広告を出す場合には、登録してもらうまでの「コンテンツ」「クリエイティブ」がかなり重要になってきますが、それ以上と同じぐらい大事なのが広告の設定です。オーディエンスを設定をして登録して欲しい人(ニーズがある人)へ届けることが大事なので、ペルソナを使ってきちんとターゲティングをして広告を配信していくことが大事です。

オーディエンスが悪ければいくら広告費をかけても登録されないので気をつけてくださいね。最近は、広告に対して広告のサポートもしてくれます。FacebookやGoogle広告は広告費用にもよりますが担当がついて広告の運用についても教えてくれますよ。

 

まとめ

 

LINE@の登録方法については、ブログやSNS、広告活用と「王道」の方法をお伝えをしてきましたが、LINE@の登録が伸びないことは、どこかが悪いです。

ネットの中では、以前もお伝えしたことがあるのですが「PV×CTR×CV」で成り立っていますので、PVはアクセスのこと、CTRはクリック率のこと、CV はコンバージョン(成約率)のことです。LINE@の登録率が悪ければ、どこから悪いということです。まとめていくと、

 

PVは、ブログやSNS、広告を使って拡散をしてアクセスを集めていくこと

CTRは、クリック率が悪いので、アクセスが集まっても「文章」「誘導」がうまく行っていない可能性があります。クリック率を上げるために文章と誘導の仕方を変えてみること

CVは、コンバージョンですから成約率が悪いということです。ブログの所でお伝えをした「LP」を用意すること、LPの見直しをしていくことが重要です。

 

「PV×CTR×CV」この3つの見直しをしていくことで、LINE@の登録者が増えるかどうかがポイントになってきますので、アクセスが足りない場合はブログやSNS、広告を見直しアクセスが集まるようにすることです。

王道中の王道方法についてお伝えをしましたが、かなり重要な内容になりますので、あなたのビジネスに落とし込んで頂きたいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Copyright© 田舎で起業すること , 2020 All Rights Reserved.