田舎で起業して14年目になる起業家のホームページです。ビジネスで大事なのは「考え方」であり、その考え方について独自の視点で書き綴っていきます。

田舎で起業すること

News

広告運用を効果的に行う方法について

投稿日:

ビジネスをスケールしていこうと思ったときには、広告をしていくことも大切になります。広告を運用していく考え方や方法について今回お伝えしていこうと思います。

僕自身広告を運用する中では、7年以上の実績がある中で、成果を出してきた考え方になりますので、広告を運用していきたい、広告を自分自身で配信していきたいと思っている方は、参考になる部分もあると思いますので、最後までご覧いただけるとうれしいです。

 

広告を出す目的を決める

 

広告を出してビジネスをスケールしていこうと思ったときには、まず広告を出すといったことに対しては、広告を出す目的を決めなければいけません。

曖昧な目的で広告を出しても、結果的に広告というのはお金がかかってくるものなので、かけたお金に対して広告の費用対効果がどのような結果になるのかという事は、広告を出す前に目的を決めることが重要になります。

広告をやった方が良いといった話を聞いて、広告を実際にやってみるという方も多いのですが、広告を出したけど効果がなかったといった話を聞く中で感じる事は、広告を出すということをテスト的に行うだけであれば良いかもしれないです。

広告で成果を出そうと思ったときには、広告の目的を具体的に決めなければ、どのような広告を出せばいいのかもわからないですし、そもそも誰に対して広告を配信していくのかを考えていないケースが多いので効果が出ないといった事態に陥ることがあります。

広告で効果が出ないという問題に対しては、広告を出す目的を具体的に決めるということが必要になってくることをまずは知っていただきたいです。

 

目的に沿ったコンテンツを用意する

 

広告を出す目的を具体的に決めることによって、広告に必要なコンテンツを用意していくことができるようになります。

逆に言えばどんなコンテンツを用意すればいいのかといった事は、目的が決まらなければ具体的に進めていくことができません。

あくまでも目的を具体的に決めたということであれば、どのようなコンテンツを用意すればいいのかという事はおのずと決まってくると思います。

コンテンツというのは広告に必要な文章であったり、画像であったり、動画であったりします。また広告に出すホームページであったり、ランディングページというものが必要になってきます。

広告というのはあくまでも広告の中で完結するわけではなく、広告を使ってどこかに集客をしたいといった目的になると思うので、集客した先のコンテンツも用意ができているかどうか、広告を出したときに用意したコンテンツがどのような反応が得られるのかも具体的に目的と合わせて考えなければいけないことだと思います。

 

広告を配信して検証する

 

広告の目的を決めて、そしてコンテンツを決めることによって、後は広告を配信して検証していくことが必要です。

広告を出すときに必ず知っていただきたい事は、いちど広告を出したからといって成果が出るといったものではないということを知っていただきたいです。

僕もそうですが確実に1回の広告で成果が出るという事はありません。いちど配信をしてからテストマーケティングを行うことによって、どのような反応が出るのか、修正をする部分はどこなのかということを検証していくようにします。

僕のこれまでの経験の中では、テストを行っていくことを考えれば、1ヵ月から3ヶ月位の間はテスト期間だと思ってもらった方が良いので、その期間の間に目的と合わせたコンテンツを何度も変えていくことであったり、広告配信先にあるホームページやランディングページの改善をしていくような形になります。

広告を出したけど効果がないという人のほとんどは、検証期間が短かったり、検証する以前にコンテンツを変更したり、ホームページなどを変更するといったことを全くやっていないケースがほとんどなので、必ず広告を出せば一度でうまくいくといった考え方を捨てることも大切です。

 

成果が出たことを続ける

 

広告というのは、繰り返し検証していくことによって成果を出していくものであり、成果が出た後というのはメンテナンスだけで充分です。

最近の広告というのは、ターゲットに対して最適化をしてくれたり、機械学習をして自分たちが集客したいお客様に対して広告を配信してくれるようになるので、必然とCPAが良くなっていくことであったり、CTRが良くなっていくようになっています。

これらが改善できないという事は、そもそもの広告の目的を身の長でなければいけないですし、ターゲティング自体がうまくいっていない可能性が高いので、検証をやり続けて成果が出るまで繰り返し取り組んでいく覚悟を持ってやることが必要です。

ここまでの流れができれば、後は本当に成果が出たことをやり続けるだけなので、僕自身も1年以上放置している広告があるのですが、その広告から年間で一千万円以上の売り上げを出すことができています。

広告を取り組むと言うことが、どれだけ自分のビジネスを効率的にしてくれるのかを考えたときには、僕自身は広告はやらなければいけないものとして考えるようになっています。

また自社の問い合わせを増やすといった面でも、何度も広告を配信し続けて、毎月決まった件数が獲得できているのも、とてもありがたいことなので、とにかく成果が出たことをやり続け、やり続けた結果売り上げであったり、問い合わせを獲得できることにつながったりすると言うことです。

 

まとめ

 

広告運用を取り組むときの考え方について、そして方法についてお伝えしてきたのですが、実際広告を運用していくといったことを考えれば、自分の広告を運用していくことであったり、他社さんの広告を運用していくことどちらに対しても今回の考え方や方法というものは重要な内容になってきますので、広告運用といったスキルを身に付けることによって、今後のビジネスの広がりも見えてくると思いますので、ぜひ取り組むきっかけにつながっていくと嬉しいです。

 

広告運用をしていく事は、自社でも他社でも目的を具体的に決めることが必要である。

目的がない広告ほど費用対効果が悪くなる。

広告を出すときの目的を決め、ゴールを決め、それら全てを検証して成果が出るまでやり続けることが重要である。

 

 

以上の3つのポイントを含め、今回お伝えしてきた広告の運用に対して今後広告を運用していくときの参考になると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

MIRAIプログラミングの画像
全国の「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が仕事を受発注できるサービスです。仕事の種類はプログラミング、デザイン、動画編集などなど。自分が持っているスキルを活かして全国の人と繋がりましょう!
MIRAIプログラミングはこちら
特別無料コンサルティングの画像
本当に無料?と思われるかもしれませんが「本当に無料」です。無料ですが本気でコンサルティングをするので圧倒的価値を感じて頂き、コンサルを受けた後に結果が出てビジネスが楽しくなることを約束します!
無料コンサルティングはこちら
LINE@の画像
不定期配信になりますが、ビジネスのワンポイント情報からLINEでしかお伝えできない特別な情報をお届けしています。
LINE@登録者限定のプレゼントがあります。
LINE@の登録はこちら
メルマガの画像
毎日21時に配信しているビジネスメールマガジン。起業の考え方やビジネスで大事な集客のヒントなど満載の情報をお届けしています。
最大3万人が登録した中四国地方最大級のメールマガジンです。
メルマガ登録はこちら
Twitterの画像
不定期配信ですが、ほぼ毎日つぶやいています。
その時に感じたビジネスの考え方、アイデアから仕事の様子などを写真に撮ってお届けしています。
Twitterはこちら

Copyright© 田舎で起業すること , 2022 All Rights Reserved.